« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

さつまいもご飯

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、台風24号はまだかなり西なのですが、どんどん速度が上がっていて、夜中の日付が変わるあたりで関東地方の北の方を通って東北へと抜けていく様です。雨は朝から降っていて、しかし昼頃はその雨は一旦上がり、お日様さえ差して明るくなる時間帯もありましたが、午後から夕方になるとまた時折激しい雨が降る様になりました。

 昨日スーパーで買ってしまい、甘煮にしてみたさつまいも。未だ半分残っています。何せ食べるのが一人なので、一本の芋でも中々消化するのは大変なのです。
 週明けになって会社が始まると、これはやはり夕食の支度も面倒になって簡単なことしかやらなくなりますから、今日のうちに何とか芋を始末せねば、と思い、今日はさつまいものご飯にしてみました。
 さつまいもの皮を剥き、1.5cm角くらいに切って、あとはお酒やみりん、塩、醤油などを入れたご飯に入れて普通に炊くだけ。まあ簡単です。

 こちらは特に失敗することもなく、出来上がりました。しかし、昨日のサツマイモの甘煮もまだ残っていて、そこにサツマイモご飯だ。さすがにちょっと飽きてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落し蓋

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、秋晴れは一日しかなく、今日は朝から曇り空で、台風24号に刺激され活発になっている秋雨前線のためか、午前中から雨が降り、この雨は結局終日続きました。

 予報で午後遅くなるほどお天気は悪くなるということでしたので、午前中に諸々の用事を片付けてしまおうと思って外に出たのですが、もう既に雨で傘は必須でした。
 イトーヨーカ堂で食料品の買い物と、昼食に茹でるうどんに載せる天ぷらなど買ったのですが、野菜売り場でやけに目立っていたのがサツマイモ。サツマイモは今がシーズンの様で、結構存在感を示していましたよ。
 で、小生は本来はあまり食べないのではありますが、つい1本買ってきてしまいました。

 で、夕食にまずは甘く煮てやるか、と半分ほどを切って、顆粒のダシとお砂糖、僅かのお醤油で味付けして煮てみました。
 芋が柔らかくなったので、もうこんなもんか、と思って器に移して、夕食に食べたのですが、イメージしていた奴より煮汁が少ない。以前カミさんがサツマイモを煮てくれたのですが、もっと煮汁が多かった。うーん、どうしてだろう?と思ってカミさんに聞いてみたら「落し蓋をした?」と聞かれました。蓋はしたけれども、落し蓋はしなかった。落し蓋をした方が、短時間で仕上がるので煮汁が残るのだそうです。

 さすがにプロ(うちのカミさんは調理師の免許を持っています)は違うなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風24号

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、久しぶりに朝からすっきりと晴れ渡り、俳句の秋の季語「秋高し」というのはこういうお天気を言うのだろうなあ、と思いました。
 とは言え、残念ながらこの爽やかなお天気は本日限りで、土曜日、日曜日は西からやってくる台風24号の影響を受けて、関東地方もおそらく大荒れの天気になりそうです。月曜日の朝の出勤時はどうなるかが、もっとも気掛かりではありますが。

 この日曜日は、全国的にも注目されている沖縄知事選挙の投票日なのですが、台風24号がどのように影響しますかねえ。

 選挙の結果次第では、海兵隊の普天間基地の返還と辺野古への移設がどうなるかわかりませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマータイム断念らしい

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日もこの季節としては寒かったですが、今日も引き続き、何やら寒い一日でした。
 毎週木曜日は、小生が会社でやっている水泳部の活動日でございまして、会社を終わった後、北区のプールに寄って一と泳ぎして帰るだけなんですけれども(公式には「各自の課題に対応した練習」をしていることになっている)、ついこの間までは西の空が明るかったのに、何時の間にやら真っ暗になったのは、さすがに「秋の日の釣瓶落としとは良く言ったものだ」と思った次第です。

 これからは、時々夏日は復活という日もあるではありましょうが、もう全体としては完全に秋であって、今年の猛暑は過去の話となるでしょうね。という頃になって、東京オリンピックの時の猛暑対策の一環として「サマータイム導入」を検討していた自民党が、どうやら「導入断念」に舵をきったらしいです。
 それはそうで、もしサマータイムを導入した場合には、社会生活全部が時計を進めないといけないわけでしょう。この影響は計り知れない。オリンピックの競技への影響であるなら、競技の開始時間だけを早めればいいので、それなら社会全体への影響は最小で済む。それが妥当な結論でしょう。~もっとも小生は現在でも東京オリンピック開催には批判的で、今からでもできるものなら開催権を返上してしまえ、と思っていますが~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気温変動

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日の夜あたりから東京も気温が下がって、昨夜退社して会社の外に出たら寒いのに驚きました。
 以前より折りに触れて書いておりますとおり、小生は夏が好きで寒がりな人間なものですから、昨晩の様に急な寒さに遭遇すると泡を食ってしまいます。
 それでも帰宅して、ついいつもの癖で窓を2箇所開けて風を通したのですが、何やら寒い風が通るので、開け幅を小さくしてしまいましたけれども。

 寝る際も、これまでは綿毛布を一枚掛けるだけですましていたのですが、昨晩は夏掛け布団を掛けました。
 寝る時にはそれでも少し寒いかな、と感じた位だったのですが、今朝になるとあんな薄い掛け布団でも暑いと感じるのですから、薄くても断熱性能はあるのですねえ。あるいは人間の体温というのはバカにならない。

 で、水曜日も気温の低い一日でした。こうなると小生は極めて不活発というか、調子が悪くなるのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みどりの・・・

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝のうちは未だ曇り空で持っておりましたが、昼前から雨が降り出し、午後には音を立てて降ってくるかなり激しい雨の降っている時間帯もありました。

 ところで、小生が早い時間の電車で出勤する様になり、会社の近くにある小学校の子供たちが登校する時間と重なるようなのですね。あとちょっとで会社、というあたりで、集団登校する子供たちの列とすれ違う。
 で、国道122号の歩道に出るところで、いつも黄色い旗を持って子供たちの安全を見守っている方がおられます。

 小生が小学生であった遥か昔には、確か「みどりのおばさん」と言っていた人がいたように、おぼろげに記憶しています。
 果たして、あの「みどりのおばさん」は小学校においてはどのような立場の人だったのだろうか?単なるボランティア?それとも区と何らかの契約をしていた期間職員?よくわかりません。

 小生が毎朝お会いする黄色い旗を持った方は、全員初老~の男性なのですが、皆さん感じが良く、「おはようございます」の挨拶を交わしてすれ違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うな次郎

 こんばんは、チェスです。

 秋分の日の振替休日、世間的には3連休の最終日ということになりますが、小生の勤務先の会社は出勤日に指定されておりまして、年間何日か存在する「祝日の出勤日」です。
 昨夜から今朝にかけて、それなりに雨が降ったようで、地面は濡れていましたが、出勤時は止んでおりました。ところが会社にあと少しで到着するというタイミングで、またパラパラと雨が落ちてきて、折り畳み傘を出すのが面倒で、少し濡れました。

 もう3週間位前の話なんですが、小生がいつも行く床屋で髪を切ってもらいながら、そこのおばさんと世間話をしていると、おばさんが面白いことを言ってきた。「うな次郎」というのを知っているか?と。

 「うな次郎」というのは、一正蒲鉾という会社が製造販売している、魚のすり身を原料とした鰻もどき食品です。
 おばさんの話では、お客さんに教えてもらったが、すごく鰻に似ていると。350円位のお値段で、安いとは言い難いが、しかし本物の鰻は350円では絶対食べられないから、そう思えば面白い、と。

 で、イトーヨカドーで探してみたら、一つだけありましたよ、「うな次郎」。
 一昨日、食べてみました。タレと山椒の粉も入っていて、これらをかけると中々の風味です。
 おばさんの評価は、まあ妥当かな、と思いました。小生は正直、鰻はそれほど好物というほどでもないので、これでも充分美味しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISSへ配送中

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、お彼岸の中日で、本来は小生の父親の命日なのですが、昨日墓参りに行ってきましたので、今日は家で手を合わせて勘弁してもらいます。お天気はまずお出かけ日和と言って良く、終日薄雲がある位の好天でした。

 一昨日の記事に書きました、リュウグウへ降下したはやぶさ2から放出されたMINERVA-Ⅱ1、無事に着地に成功した模様で、JAXAから、MINERVA-Ⅱ1が撮影した写真が公開されております。13年前、先代のはやぶさがイトカワで失敗してしまった観測小型ローバが、今度は2台ともに小惑星リュウグウの表面に降り立った。本当に目出度いです。

 目出度いと言えば、今回は種子島のお天気だけではなくて、H2Bロケットの方にも不具合が見つかって、何度も打ち上げの予定が延期になった「こうのとり7号」ですが、本日早朝、というか未だ夜中ですが、無事に打ち上げに成功し、所定の軌道への投入に成功しました。

 これで、H2Bロケットによるこうのとりシリーズの打ち上げは成功率100%、後はISSにきちんと接近し、あちらでがっちりと捕まえてドッキングしてもらえば、大切な荷物は届きます。現在只今は宇宙空間をこうのとり7号が配送中、ISSの皆さま、あと少しお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハマ寿司の改装

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝のうちは未だ曇り空だったのですが、9時40分頃に出かけると、ポツポツと雨が落ちてきて、11時頃までこの雨が降り続きました。ですがお昼頃には上がって雲が切れ始め、午後には晴れ間さえ出てきて、夕方には久しぶりにすっきり晴れて何やら蒸し暑くなりました。

 本来は9月23日の明日が父親の命日なのですが、明日は日曜日に加えてお彼岸の中日なので、おそらくお寺は混むだろうと考えて、一日早く本日墓参りをしてきました。

 何回か書いておりますが、小生の実家の寺は、杉並区の高円寺という所にございます。お寺で落ち合うということにして、小生は西日暮里から山手線の内回り電車で新宿へ出て、中央線各停で高円寺。お寺に着くと丁度弟のクルマがお寺の駐車場に着いた所でした。

 上手い具合に雨が止み、墓参りも無事に済んで、弟のクルマで環七外回りで綾瀬方面へ。途中で回転寿司屋のハマ寿司で昼食にする予定が、店舗改装工事中でお休み。止むを得ず、加平まで行って綾瀬近くのハマ寿司に入りました。
 以前、山形のハマ寿司に入った時には、お寿司が回っているレーンが無くなり、注文したお寿司のみが配送されてくるレーンのみに変わっていました。おそらく、改装工事中のお店もその工事をやっているのではないかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MINERVAⅡ1放出

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝から雨模様で、気温が低い一日でした。会社ではどうやら風邪を引いたかのようなマスク姿の人がちらほら。急に気温が下がりましたからねえ。

 明日の22日(土)早朝、というか夜中に延期されていた「こうのとり7号」の打ち上げは、種子島が天候が悪くなりそうだということで、23日(日)早朝、というか夜中に更に延期になりました。

 さて、小惑星「リュウグウ」で観測任務についているはやぶさ2は、本日リュウグウに高度60mほどまで接近降下して、小型ローバ「MINERVA-Ⅱ1」を放出するという任務についておりました。MINERVA-Ⅱ1というのははやぶさ2に搭載されている正十六角柱の形をしているロボットで、リュウグウの表面にて撮影や温度測定など行うそうです。
 実は、先代のはやぶさにも同様のローバMINERVAが積まれていて、イトカワにおいて放出をされたのですが、タイミングが悪くはやぶさがイトカワから上昇中に放出してしまい、MINERVAはイトカワの表面に着地することができなかったということです。
 JAXAのサイトのはやぶさ2のページでは、本日昼頃からリュウグウに接近するはやぶさ2からの画像をリアルタイムで公開していました。最接近していた時の画像には、はやぶさ2自身の影がリュウグウに落ちているのが鮮やかに写っておりました。

 MINERVA-Ⅱ1は無事に放出されたということですが、きちんとカメラや温度測定などが機能するかどうかは、今後の発表を待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交番勤務

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昼過ぎまでは曇り空だったのですが、午後3時頃から雨が落ちてきました。
 今日は自民党の総裁選挙の日で、まあ、現職の安倍総理が大方の予想通りに勝ったわけで、特に驚きもありません。

 それよりは、昨日の19日、仙台市の交番で勤務中の警察官が襲われ、刃物で刺されて殉職したというニュースの方が衝撃的ですねえ。犯人も他の警察官に射殺されていますので、動機はわからないのですが、このように交番に勤務する警察官が襲われて殉職するという事件は度々発生しています。最近では富山市で起きていて、この時には拳銃を奪われ、その拳銃で民間の警備員が撃たれて亡くなっています。

 交番(昔は派出所と言いましたね)というのは、自治体警察の組織の中でも一番地域住民に近い存在です。我々地域住民からみても、警察署といえばちょっと敷居は高いけれども、交番だったら行きやすい。頼りになる存在です。
 警察官は必要に応じて凶悪な犯人の逮捕に向かわなければなりませんから、その職務上も拳銃で武装しているわけです。となると、それを奪ってなにやらやらかしてやろうと考える人間が、今回の如き事件を起こすと考えるのが普通ですね。警察官が襲われて拳銃を奪われるようなことがあれば、更なる犯罪に使われる可能性があるわけですから、それはなんとしても阻止してもらわねばならない。夜中とかであっても、交番には必ず2名が勤務していればいいのでしょうが、止むを得ず1名毎の交代勤務であったらどうするか。拳銃を狙う人間は、まあ刃物を使うでしょうから、刃物への対策が最低限必須ですよね。包丁やナイフ如きは通さない防護服はあるでしょうが、必ず着用しているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県民歌のこと

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、火曜日の夜はゲリラ豪雨の隙間を縫って何とか豪雨はかわして帰宅いたしましたが、今日はその心配もなくすっきりと晴れて穏やかな一日でした。

 15日の打ち上げが中止され、延期されていた「こうのとり7号」の打ち上げですが、本日JAXAからプレスリリースがありまして、新しい打ち上げ日は9月22日(土)の3時となった模様です。3時は真夜中ですから、今度はさすがに中継を見るわけにはいかないですな。H2Bロケットは大型のブースターを4本使って、第1段のメインエンジンも2つ付けていますから、打ち上げの時の迫力は凄いのですが、まあ後で録画を見るとしましょう。

 さて、最近小生の中でブームになっている、各地方公共団体の歌、いわゆる「県民歌」について、更に書きたいと思います。
 東京都歌については、以前に書いた通り、作られた時期が時期なので、歌詞もメロディーも、現在にはそぐわず、ダメダメだろうみたいに酷評したのですが、どうも色々と調べてみると、これは別に東京都歌に限った話ではなくて、むしろそんな「県民歌」の方が多数なんですね。
 太平洋戦争の敗戦後まもなく、とにかく日本を復興させねばならぬ、となれば、そういった歌詞にならざるをえないし、曲調はいきおい行進曲風、となると、似たような曲がぞろぞろとある。でもって、これらはもう一括りにして「戦後作成の行進曲風」と分類されてしまうわけです。その殆どは、今はあまり歌われず、従って知名度は殆どありません。

 シンプルで格調高い山形県民の歌「最上川」なんてのはもう例外中の例外なんだとわかりました。この他、秋田県民歌は最初に制定された県民歌として、やはり歴史があり、メロディーも単なる行進曲風ではなくて朗々と歌い上げるものです。更に長野県民歌「信濃の国」はこれまた有名で、長野県民ならみんな歌えると言われていますが、中々歌詞は長いです。以上が、三大県民歌と言われているらしいです。

 これらの対極にあるのが、比較的最近に作られた曲ですね。例えば青森県は「青い森のメッセージ」という歌なんですが、存在感がある様に思います。即ち「メッセージ型」とでもいうべきで、これは今後探していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018自民党総裁選

 こんばんは、チェスです。

 連休明けの火曜日、朝のうちは薄雲が広がるくらいで、やがてその雲も取れて晴れたのですが、午後遅い時間になるとまるで昨日の繰り返しの様に西から黒い雲が湧き出てきて、雨がパラパラみたいなお天気になりました。
 どうも連日の不安定なお天気ですね。

 一応マスコミの扱いもそれなりに大きいのですが、事実上の次の日本国の総理大臣を決める選挙と言える、自由民主党の総裁選挙、こいつが大詰めを迎えていますが、イマイチ盛り上がりに欠ける。どうしてかというと、理由は簡単で、その総裁選挙への投票権をもっているのは自由民主党の所属議員と、各地方の党員・党友だけであって、国民大多数は見ているだけだからでしょうね。
 言うまでもなく、日本は議院内閣制を取っていますので、総理大臣は議会~国の最高立法府は国会ですから国会で、選ばれるわけです。ということは、国会での最多数を選挙で得た第一党が内閣総理大臣を出せるというわけで、ということは目下のところ衆参両院で第一党の自民党の総裁が、まあ、ほぼ自動的に内閣総理大臣になるというわけです。

 我々国民は、従って総理大臣が気に入らないと言って、どうにもならない。まあ、マスコミが実施する内閣支持率の調査であまりにも低い数字が出る様ですと、総理大臣は衆議院を解散して国民に信を問う、ということは過去ありますけれどもね。

 国会議員票の大勢を固めていると言われる現職の安倍総理が、おそらく総裁選挙を制するのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラン見直し

 こんばんは、チェスです。

 敬老の日の月曜日、東京は午前中は良く晴れて、残暑厳しいと思われたのですが、午後遅くになってから何やら雲行きが怪しくなり、綾瀬では4時頃からポツポツと雨が落ちてきました。

 ウチのカミさんは、午前中は小生のために日持ちするおかずを料理してくれ、大変感謝いたします。昼前に家を出て、早めのランチを綾瀬のカレー屋さんで食べて、上野を13時過ぎのつばさ号に乗って山形に戻っていきました。

 で、数年前にカミさんと2人で揃ってガラケーからスマホに変えた際に、カミさんのスマホの代金が自分の銀行口座から引き落とされる様になり、現在のカミさんの状況ではこれは非常に辛い、という話を聞いていて、それならauショップで引き落とし口座を変更ができるかどうか訊いてみよう、と上野からの帰り道にauショップに立ち寄り、これこれだと訊いてみると、「家族割り」に入っているならそれは可能ですよという話でありました。ただ小生の身分証明書が必要だと言われ、運転免許証は持っていなかったので、一旦家に帰って出直すことにしました。

 で、雲行きが怪しくなっていたので傘を持って家を出ると、果たして雨が落ちてきた。その上auショップは大変混んでいて、90分待ちだという。どうされますか?と訊かれましたが、折角来たのだから、番号札だけ貰って90分後に又来る、とお店を出て、ブックオフで立ち読み、イトーヨーカドーで買い物などして時間を潰し、90分後に又auショップへ参上。

 カミさんのスマホ代の口座変更はすんなり終わりましたが、担当氏によれば、現状の小生のスマホの使い方だと、現状のプランは料金を払い過ぎていてもったいないと。少し注意は必要だか、月額を1800円程安くするプランに変更してはどうか、と懇切丁寧に説明をしてくださったので、その新プランに変更をお願いしました。
 どうやら、90分待った甲斐はあったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼肉食べ放題

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、曇り空ではあったものの、雨は落ちてこなかったのでまずまずの一日と言って良いでしょう。3連休の中日ということもあり、お出かけの人が多いのか小生が住んでいる集合住宅も静かでした。

 「こうのとり7号」の打ち上げ再々延期の後の新しい打ち上げ予定日は未だ発表されませんので、不具合の特定と対策に時間がかかっているのかもしれません。ま、ここのところは時間をかけてもしっかり対策を打たないといけませんから、仕方ありませんね。

 ところで昨日の夜は、小生の弟が行きたいと言っていた焼肉食べ放題の店に、カミさんとうちの母親との4人で行ってきました。
 本来は肉を食べない小生はあまり歓迎しかねるチョイスなのですが、まあたまのことですから仕方ありません。それに肉以外のメニューもそれなりに豊富でしたので、食べるものが無い、という悲惨なことにはなりませんでした。

 そうは言っても、同じお金を出すならば別の種類の料理の食べ放題に行きたいですけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち上げ再々延期

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝から結構な雨模様で、昼過ぎまで降りました。午後にはどうやら雨が上がって、夕方近くには空も少し明るくなりました。

 午前中は、例のキッチンの混合水栓の器具取替のため、業者さんが9時20分頃に現れ、約1時間程で作業は無事に終わりました。パッキンの交換で済む筈でしたが、結局器具の交換ということになり、この水道設備の業者さんは都合3回も小生の家に来ることになって大変でした。が、まあ今後はジワジワと水漏れがあったのが、ピカピカの新しい水栓になってそれも無くなるということでキッチンの水回りもこの際だからと掃除をして気持ち良く皿洗いができそうです。

 昼過ぎに上野に着く「つばさ」で山形からカミさんがやってきました。本日の午後はカミさんに付き合って原宿~表参道を歩きました。

 ところで、今朝の6時に打ち上げの予定だった宇宙ステーション補給機「こうのとり7号」は、今度はロケットの推進系に点検を必要とする事象が発生したとのことで、今朝の打ち上げは中止、またしても延期です。今までは気象条件が悪かったのが延期の理由でしたが、今回はロケットの方に不都合が見つかったためですから、これはひょっとすると次の打ち上げ予定が立つまで時間がかかるかもしれません。打ち上げの予定日時は、まだJAXAの方からリリースされていませんから、難しい問題なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち上げ再延期

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、昨晩からの雨が朝から降っておりました。小生の場合、出勤時に雨が降っていると、その雨の酷さに関係なく長い傘を持って家を出ます。折り畳み傘を持つのは、朝出勤時に降っていない時ですね。ヨーカドーで購入した長い傘は、カバーしてくれる面積がかなり広く、「濡れない割合」が圧倒的に高いです。折り畳み傘とは比較になりません。ですので折り畳み傘はあくまでもお守りというか、予想に反して降られた時の緊急対処用です。

 今日の朝に予定されていた宇宙ステーション補給機「こうのとり7号」の打ち上げは、種子島宇宙センターの天気の悪化が理由で15日(土)に再延期となりました。監視局のあるグアム島からは台風22号は遠ざかったものの、今度は種子島のお天気が悪くなってしまった。ま、何しろISSに届ける荷物は大事なものですから、打ち上げ日は慎重に判断しているのでしょう。
 明日の種子島地方の天気予報は晴れですから、日本の誇る大型ロケットH2Bの打ち上げが見られるでしょう。朝6時の打ち上げ予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6000系健在!

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝のうちは晴れ間も覗いた曇り空でしたが、次第に雲が厚くなり、夕方には一雨落ちてきてもおかしくない空模様になっておりました。

 さて、下名が8月末あたりから通勤の「愛車」にしていた、7時20分綾瀬始発の、各駅停車相模大野行きですが、学校が始まってからこっち、この電車もあまり快適とは言えなくなり、それでは更に早い電車はどうだ?と考えて、数分早く家を出たところ、この電車の数分前に(たぶん7時16分発だと思います)代々木上原行きの始発電車が発車していることが判明し、現在はこちらに乗っています。この電車の直後に成城学園行きがあり、その後が例の相模大野行きですから、綾瀬駅で2分間隔で電車を出しているのですね。信号システムとかの問題もあるのでしょうが、おそらくこれはギリギリですよね。

 で、相模大野行きは小田急の電車が使われていましたが、代々木上原行きは東京メトロの電車です。で、かなりの頻度で、もう引退してしまったのかという古強者の6000系電車がやってきます。どうも、未だ2編成は残っているらしい。
 もうすぐ千代田線から姿を消してしまうのでしょうが、今の所は未だ6000系電車は頑張ってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴の踵

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、曇り空で、昨日に続いて涼しい朝でした。昨日は上着を着て出社したのですが、歩くと未だ暑いと感じたので今日は再びワイシャツのみで出社です。

 小生は駅では基本的にはエスカレータには乗らずに階段を上り下りするようにしていますが、スーパーのイトーヨーカドーに買い物に行きますと、ここは階段がまるで非常階段の如き扱いで、お客さんが使うことはまずあるまい、という場所にひっそりとあるので、毎度エスカレータに乗らざるを得ません。
 上りのエスカレータに乗ると、直前の2段程前に乗った人の、靴の踵が目の前に見えてしまいます。
 今日、会社帰りに食品フロアの地下で買い物をして、帰り、1階へと昇るエスカレータに乗ると、前の人の靴、たぶんスニーカーかなとおもうのですが、この方の踵の外側が著しく減っている。大抵の方は、靴の踵が均等に減るということは少なくて、外側から減っていくと思いますが、この方のはまた極端に外側の減り具合が激しい。おせっかいにも、そろそろその靴は買い替えた方がいいのでは、と眺めながら思ってしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうのとり7号機は金曜日に打ち上げ延期

 こんばんは、チェスです。

 昨日の月曜日~火曜日にかけて夜中にかなり雨が降り、そのせいかもしれませんが火曜日の東京、朝はぐっと気温が下がってこれははっきり秋の訪れという感じでございました。夏のスーツを着て出社しましたが、未だ上着は要らなかったかな。

 本日は、種子島宇宙センターからH2Bロケットで宇宙ステーション補給機「こうのとり7号機」が打ち上げの予定でしたが、JAXAからの発表で、金曜日の朝に延期となりました。種子島の天候は特に悪いということはなさそうでしたが、どうして?と思いましたら、グアム島の追跡局が台風22号の接近により状況が悪いと。なるほど、種子島から打ち上げられたロケットは、小笠原、次いでグアム島にある追跡局がロケットを追跡しますが、台風の強風で大きなアンテナがきちんとロケットの方向を指向できない可能性もあるのでしょうね。

 今回のこうのとり7号機では、「サラリーマンが人口衛星を上げる」という、研究機関でも大学でもない、フツーのサラリーマンがクラウドファンディングで実施の資金を集めて、人工衛星を作って、これを国際宇宙ステーションの「きぼう」の放出装置から打ち出して、お安く人工衛星を実現しようという計画の、その人工衛星が積荷に入っているそうです。こうのとり7号機の打ち上げ、ISSの到着までは、気が気ではないでしょうね。週末金曜日の無事の打ち上げを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都歌のこと

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、昼間は何とか曇り空で持ち堪えていたのですが、夕方になってとうとう雨が落ちてきてしまいました。
 どうもこの雨は明日にかけて酷くなるらしいです。

 ところで、昨日の記事の続きです。「題名のない音楽会」でさかなにされたという「東京都歌」ですが、題名のない音楽会がどんな風にさかなにしたのか、というと、初代司会者の黛敏郎さんらしいといいますか、番組の冒頭でこの東京都歌を歌無しでオーケストラに演奏させて、会場(当時は渋谷公会堂)の聴衆に「さて、この曲は何というか、ご存知の方?」と手を上げさせた。で、会場はシーンとして、誰もわからない。暫くしてやっと一人の女性が答えたので、黛さんが「良かった、東京都民が一人いらっしゃいました」と言ったと。

 昨日ご紹介した「最上川」が大変に歴史のある、しかも格調高い曲であるのに対して、東京都歌の方は戦後間も無くの昭和22年に作られたものです。作詞作曲は共に公募で、小生が思うにそれがよろしくなかったのではと思いますが、そうした時代を反映してか、詩の内容も曲調も、なにやら労働組合が景気づけに歌うような感じなんです。
 勿論当時は、戦後の日本は、我々、首都東京が先頭にたって復興していかなければ、という意気込みがあって、それはそれで良かったのでしょうが、やはり今となってはどうもこれは演奏されないし、歌われないでしょうな、と思わざるを得ない。

 県民歌などは概ね故郷の誇るべき山河を織り込んでいる内容が多く、それなら普遍性があって少々のことでは古びませんが、現行の東京都歌は、演奏機会が全く無いという状況で、どうして新しい歌を作ろうという機運が出て来ないか?
 昨日の記事に書いた「台東区の歌」は、小生の場合、小学校の時に校歌と共に歌わされましたから、今でも歌詞もメロディーも出てきますし、実際良い曲だと思います。それに反して東京都歌はあまりにも情けない。元号は変わるし、東京でオリンピックを開催するので、次回は公募は止めて、これぞという東京の作詞家、作曲家に委嘱してはどうでしょうか。是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形県民歌「最上川」

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昼間は昨日の続きで風が強く、洗濯物が飛ばされそうになりました。日差しは強く、残暑は厳しいと思いましたが、朝晩は確実に秋の気配がありますね。

 ところで、大抵の地方公共団体には「歌」がありまして、東京23区も(おそらく)全ての区に「〇〇区の歌」があると思います。慣れ親しんだのは勿論台東区の歌で、歌詞は中々格調が高く、メロディーの方は元気の良い~親しみやすいと言えばいいのか~ものになっています。小生はこの台東区の歌が結構好きで、カラオケがあったら歌いたいと思っている程です。(さすがにカラオケは無いと思う)

 山形県の県民歌も、極めて有名な「最上川」という歌が制定されておりまして、こちらはyoutubeで聴くことができます。
 昭和天皇が皇太子の時に作られた歌「広き野をながれゆけども最上川うみに入るまでにごらざりけり」が元になっていて、この歌に東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の教授をしていた島崎赤太郎が曲をつけています。
 曲にするにあたって、メロディーを乗せないといけませんから、「最上川」と「にごらざりけり」はリフレインして全体の調子を整えています。

 しかし、色々調べてみると、この「最上川」は随分と紆余曲折があって、今の県民歌になっているんですね。

 曲ができたのは随分古く、ですから歴史があるのですが、太平洋戦争の敗戦とともにGHQが「演奏してはダメ」みたいな命令をだしてきた歌があったことから、山形県は今はやりの「忖度」をしたのか、この曲の演奏を自粛してしまった。で、それでは県民歌が無いというのはまずい、ということで新しい県民歌を作ったのですが、どうもこれがあまり県民にはなじまなかった。

 そうこうしているうちに、「最上川」を自粛する必要もなくなった時代になり、昭和57年に目出度く正式に「最上川」は県民歌としての地位を取り戻したのだそうです。何しろ作詞は昭和天皇ですから、格調高いも低いも無い。ケチの付けようがありません。新しい県民歌を作った方にはお気の毒でしたが、小生はこの曲が返り咲いて良かったと思います。

 ちなみに、都民の公募で作られた東京都歌は、題名のない音楽会でさかなにされてしまったくらい、都民は誰も知りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害時の備え

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、風が強かったですね。全国的にはお天気が悪く、雨が降っている所が多かった様なのですが、関東地方は時折雲が出たものの、基本的には残暑厳しい晴れでした。
 本日は月に一度の、俳句結社の主宰が出席される本部句会の日でしたので、昼のギリギリまで出句する句を考えて、あまりに粘りすぎてあわや遅刻してしまうという時間になってしまいました。結果、それだけギリギリまで頑張った句には一点も入らず、かなり以前にちゃっちゃと詠んだ句に五点もいただくという結果でした。五点というのは小生としてはめったにない高得点です。但し主宰は採っては下さいませんでしたが。

 北海道の大地震の復旧作業が続いていますが、こうした大地震が起きると、普段からの備えは大丈夫か?ということになります。

 水や食料の備蓄も勿論大事ですし、情報を入手するための乾電池式のラジオも持っておいた方がいいでしょう。

 それから、トイレ。停電は断水に等しいと昨日の記事に書きましたが、人間、絶対に大小便の始末はしないといけない。それをどうするか。
 防災の専門家は、「ペットのトイレ用の砂とビニールの大きなゴミ袋を用意しておいて、これを水を抜いたトイレに被せて使う」ということを勧めています。ゴミ袋はさすがにありますが、ネコ砂は集合住宅のためにありませんから、こいつは明日にでも買ってこようかと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電復旧

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、何やら蒸し暑さを感じる一日でした。
 北海道の大地震による全道的な停電の方は、北海道電力のご努力の結果なのでしょう。かなり復旧したということです。

 断水というのも、水は命にかかわりますから、かなり困りますが、小生の家でもそうですが、集合住宅にお住まいの方にとっては停電は相当に厳しい。死活的と言ってもいいかもしれない。集合住宅の場合には、上の受水槽にポンプで水を汲み上げて、その受水槽から各戸に水を配水していますから、停電だとポンプが停まり、即ちイコール断水と同じです。

 ですので、早期の停電復旧というのはマストですよね。

 あと、例の厚真町の土砂崩れからの救出、これは本当に急がれる。地元の消防と共に、北海道は第7師団が災害出動していると思いますが、ここが頑張りどころです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道での地震

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京は穏やかな一日でした。が、皆様ご承知の様に、今朝、というか3時なので未だ夜中と言って良いですが、北海道の胆振地方に大地震が発生しました。
 場所的には、本州からの北海道へのカーフェリーの港である苫小牧から、海岸線沿いにサラブレッドの大生産地である日高地方へと向う途中にある町なのですね。
 小生は、現在はやっていませんけれども、かつては競走馬のクラブ馬主というのをやっていて、ここの牧場が現在の新ひだか町などにありましたので、新千歳空港に着くと、レンタカーを借りて札幌には背を向けて南に向けて走り、苫小牧に出たところで東に向きを変えて、太平洋岸を走っていきました。現在は日高道という高速道路が一部できたそうですが、通行する車両が少なくてこんな所に高速道路がいるのか、とやり玉に上げられていたと記憶しています。

 新千歳空港の近所でも、早来(今は別の町と合併しているのかな)という所には、名馬がたくさんいることで有名な社台ファームがあり、競馬好きはみんな来る様な有名観光地となっていました。

 今回の地震では、大規模な土砂崩れが発生したというのが朝の情報番組での第一報でしたが、やがて全道的な停電だとか、新千歳空港の閉鎖だとか、時間が経つうちに被害が明らかになってきました。
 それにしても、台風21号が通過直後の地震という最悪なタイミングでした。土砂崩れも、大雨が無関係ではないのでしょうね。

 今年は自然災害が多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西国際空港

 こんばんは、チェスです。

 水曜日、東京は昨晩から風が凄くて、かなり台風は離れているはずなのにこれでは、関西は大変だろうなと思っておりました。

 そして今朝、情報番組を見ると、関西国際空港を始め色々と被害がでているようです。
 特に関空は酷い。連絡橋にタンカーがぶつかって、橋が曲がってしまったらしい。

 そして高潮による浸水。さて、復旧にどのくらいかかるのか。危機管理がなっていなかったと責任者は追及されるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強力台風

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、出勤時、7時10分頃ですが、家から駅までは雨は落ちていなかったのですが、西日暮里の駅で外を見ると結構雨が降っていて、王子の駅を降りると相当の雨になっている。どうも雨雲の動きが早くなっている様です。

 午前中は外出の用事があって半蔵門へと出かけて、昼過ぎに戻ってくると、雨は突然激しく降ったり、直ぐに止んだりということを繰り返している感じでしたね。
 で一方、強力な勢力のままで四国徳島県に上陸してきた台風21号は、一度瀬戸内海に出た後で神戸付近に再上陸、このあたりでかなり速度が上がって、夜には北陸金沢のあたりから日本海へと出て、明日には早くもロシアの沿海州まで行ってしまうようです。

 西日本の交通はかなり止まった様ですが、関東地方の鉄道は、夕方段階ではまだそれほどでもなさそうでした。
 今年はまるで台風の当たり年ですが、まだまだ日本に来るのでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二学期始まる

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は午前中は雨模様で、午後は雨は上がりましたが曇りがちなお天気でした。
 台風21号が西日本に接近中ですが、関東地方の雨は秋雨前線による影響でしょう。

 さて、二学期が始まって、いきなり電車が混み始めました。確か8月から、今までの7時45分綾瀬始発から、7時20分綾瀬始発に電車を変更したのですが、いままで結構快適だったのは、単に学校が夏休みで、彼らが電車に乗ってこなかっただけだと判明しました。ま、それでも未だ比較的には許容できる範囲の混雑度なのですが、もっと早くに家を出ないと空いている電車に乗れないというのは、ちとつらいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分で閉じ込める

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、前半は雨模様で、午後になって漸く雨が上がりましたが、何時でも降り出しそうな雲でみんな傘を持って歩いていましたね。

 お蕎麦を茹でて昼食にした後、「家に居ては句作は難しい」と思ってリュックに色々と放り込んで外で俳句を作ることにしました。出掛ける際に、ルンバを動かして行きました。
 行き先としては図書館が第一候補でしたが、既に14時を回っていたので机のある閲覧席を確保するのは厳しいだろうと思い、北千住のスタバを覗いたところ、運よく空席があり、陣取ってコーヒーとチョコレートチャンクスコーンで俳句を捻る。家に居るよりは色々と発想は湧いたと思うのですが、今日の気温の割にスタバの空調は効き過ぎており、寒くなってコーヒーのお替りを108円で飲む。

 それでも寒さに耐えられず、予定していたよりも早めに撤退。

 帰宅すると、どういう訳か未だルンバのモーター音がする。おかしいな、と思ったら、いつも開けっ放しの洗面所のドアが閉まっていて、どうやらルンバが自分で閉めて出られなくなったらしい。ドアを開けると出てきたルンバはまた掃除を始めたが、案の定どこかで停まり「ルンバを充電して下さい」とアナウンス。そりゃそうだろうよ、とルンバを持ち上げて基地まで運びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンの混合水栓の件

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、東北や北陸で雨を降らせていた前線の雨雲がどうも関東地方にまで南下してきたらしく、午前中は何とか曇り空でしたが、午後は本降りクラスの雨がふったり止んだりという変わりやすいお天気でした。

 ところで、丁度一週間前の記事に書いておりましたとおり、小生が住んでいる集合住宅のキッチンについている混合水栓、これがジワジワ水漏れするようになり、パッキンを交換することになりました。で、朝その業者さんから電話があり、9時半頃に来ますという。
 で、水の元栓を止めて、早速作業に入ってもらったのですが、何やら途中で作業が難航しているらしい。
 大きなモンキースパナで水道の混合栓を回そうとしているのですが、どうにもこうにも回らない模様。そしてとうとう・・
「どうもすいません、回りませんので、器具をバラすことができません。」
と言われてしまった。内部がどうやら錆びついてしまって、それで螺子が回らないのだと。こうなってしまうと、折角取り寄せたパッキンを交換することもならず。

 ではどうするか?と訊いてみたら、器具そのものを交換することになるでしょう、と。それにはオーナーと管理会社に連絡して許可をもらわないといけないが、他に方法がないという。そんなことをしたらかなり費用がかかるぞ、と心配したのですが、小生の過失でこうなった訳ではないので入居者の負担はありません、というので、一安心。

 ま、それにしても、この業者さんも何度も来ることになって大変ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »