« プラン見直し | トップページ | 県民歌のこと »

2018自民党総裁選

 こんばんは、チェスです。

 連休明けの火曜日、朝のうちは薄雲が広がるくらいで、やがてその雲も取れて晴れたのですが、午後遅い時間になるとまるで昨日の繰り返しの様に西から黒い雲が湧き出てきて、雨がパラパラみたいなお天気になりました。
 どうも連日の不安定なお天気ですね。

 一応マスコミの扱いもそれなりに大きいのですが、事実上の次の日本国の総理大臣を決める選挙と言える、自由民主党の総裁選挙、こいつが大詰めを迎えていますが、イマイチ盛り上がりに欠ける。どうしてかというと、理由は簡単で、その総裁選挙への投票権をもっているのは自由民主党の所属議員と、各地方の党員・党友だけであって、国民大多数は見ているだけだからでしょうね。
 言うまでもなく、日本は議院内閣制を取っていますので、総理大臣は議会~国の最高立法府は国会ですから国会で、選ばれるわけです。ということは、国会での最多数を選挙で得た第一党が内閣総理大臣を出せるというわけで、ということは目下のところ衆参両院で第一党の自民党の総裁が、まあ、ほぼ自動的に内閣総理大臣になるというわけです。

 我々国民は、従って総理大臣が気に入らないと言って、どうにもならない。まあ、マスコミが実施する内閣支持率の調査であまりにも低い数字が出る様ですと、総理大臣は衆議院を解散して国民に信を問う、ということは過去ありますけれどもね。

 国会議員票の大勢を固めていると言われる現職の安倍総理が、おそらく総裁選挙を制するのでしょう。

|

« プラン見直し | トップページ | 県民歌のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018自民党総裁選:

« プラン見直し | トップページ | 県民歌のこと »