« 山形も広い | トップページ | 油蝉の季節は早くも・・ »

とろとろ卵

 こんばんは、チェスです。

 おそらく以前の記事にも何回か書いたと記憶していますが、小生は天津丼という中華料理が好きで、これと餃子のコンビを良く注文します。わざわざ解説するほどのこともありませんが、チャーハンや中華丼が盛られる様な容器にご飯を盛り、これにとろとろ卵(上等な奴はかに玉ですが)を載せたものです。実のところ小生はオムライスも好きなのですが、オムライスとの決定的な違いは、卵がとろとろ状態になっているかどうかです。もっとも、オムライスにも殆ど半熟状態の卵が使われているものもあり、一概には言えないのではありますが。

 で、先日山形にいて、テレビを見ていた時に、このとろとろ卵の作り方が紹介されておりました。水溶き片栗粉を混ぜるのが苦手な人が多く、つまり水溶き片栗粉が上手く混ざらずに、片栗粉のダマが出来てしまうということですね。
 確かに、片栗粉のダマは出来やすいし、あれは料理を台無しにします。
 小生が見た番組では、フライパンに最初から片栗粉を入れてしまい、水や調味料と一緒に混ぜておく、という方法だったと思います。それから卵を入れると上手くできると。で、こいつをキャベツの千切りにかけて出来上がり。

 これはもう、実際にやってみるしかあるまい、と見ていた小生は思ったのですね。で、上手くできたかは、また後ほど。

|

« 山形も広い | トップページ | 油蝉の季節は早くも・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とろとろ卵:

« 山形も広い | トップページ | 油蝉の季節は早くも・・ »