« 書店はしご | トップページ | 5年経過 »

夜濯

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は、というかもはや全国的に猛暑は続いておりますね。西日本の豪雨災害に被災された方々のご苦労は如何ばかりかと存じます。

 昨日の記事にも書きましたが、昨日は、小生が月に3回出ている俳句結社の句会の3回目、兼題が三つ出る句会です。
 三つの兼題のうちの一つが、「夜濯(よすすぎ)」でした。
 これはちょっと参りました。勿論夏の季語なんですが、昔の「生活」の季語ですね。夏は昼間はとにかく暑い、汗もかく、それで、そうした着物類を夜に洗って、干せば、夜の間に乾いてしまうということで、夜に洗濯することなんですね。

 今は洗濯機を使って洗濯する人が殆どでしょうから、そんなことを言われても、ピンと来ない。で、仕方がないので、誕生日に買って貰った形態安定タイプのワイシャツを使って

 夜濯の形態保持といふを吊る   武

 という句を出しました。これに2点入りました。

|

« 書店はしご | トップページ | 5年経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜濯:

« 書店はしご | トップページ | 5年経過 »