« 俳句が詠めない | トップページ | リュウグウの自転 »

通勤電車の地震発生

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は梅雨空が戻ってきましたが・・・会社に着くと、防災情報収集用テレビが大阪での地震発生を伝えておりました。震央が大阪府内で、最大震度6弱だということで、これはいやでも阪神淡路大震災を思い起こさせます。地震に遭われた方には、お見舞いを申し上げます。

 阪神淡路大震災の時には早朝の地震で、未だ新幹線も走っていませんでしたが、今回は通勤ラッシュ時の地震発生で、大都市圏における公共交通機関はもろに混乱しました。

 鉄道が安全確認ができるまでは運行を見合わせるのは、これはまあ当然のことでしょうけれども、満員の通勤電車が駅間で運行を中止してしまったときに、中の乗客をどうするか、この対応は鉄道会社によって異なるのかもしれませんが、やはり大変な問題です。30分や1時間であれば何とか我慢もできるでしょうが、これが2時間ともなると具合が悪くなる人も出てくるでしょう。
 全ての電車が運転を見合わせているとなれば、電車から線路に降りたとしても、他の電車に轢かれる等の危険は無いわけです。また大都市圏の駅間距離は概ね短く、前の駅に戻るか、次の駅が近いかは電車がとまった位置にもよるでしょうが、数百メートル歩けば駅に着けるのではないかと思います。電車から線路に降りる高さが問題になるかもしれませんが、これは何とかならないかな。あるいは、避難する乗客が線路上に溢れて、線路の安全確認が却って遅れることを問題視されるかもしれません。これはもう発生した地震の規模との兼ね合いですよね。地震が小さければ、速やかに安全確認をして早く運行を再開させた方が良い。但し、本日位の規模の地震だと、まずは乗客の避難を先にした方が良いのではなかろうか。

|

« 俳句が詠めない | トップページ | リュウグウの自転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車の地震発生:

« 俳句が詠めない | トップページ | リュウグウの自転 »