« 通勤電車の地震発生 | トップページ | 初戦勝利! »

リュウグウの自転

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨晩の雨は上がり、気温が上がって蒸し暑さを感じる一日になりました。

 昼のニュースで、やっと、といいますか、例の「モリカケ」の「カケ」の方、加計理事長が記者会見を開いている様子が報じられていました。しかしなんですねえ、大阪北部地震が発生して、たぶん関西の主要なマスコミはみんな大阪へ張り付いているような状況のどさくさに紛れての記者会見のタイミングの様に見えてしまいますねえ。
 そしてサッカー好きな方にとっては、ロシアワールドカップの開幕、そして我らが日本代表の初戦、コロンビア戦が本日あるということで、小生の如きサッカーど素人であってもコロンビアというのは厳しい相手であることはわかっていますが、初戦を落としてしまえばまずもって予選グループリーグを突破するのは極めて困難になることから、最低「負けないこと」が求められ、それならど素人としては「堅く守って、僅かなカウンターチャンスに賭けろ」としか思えないのですが、どうなんでしょうか。とにかく監督を変えてしまったのですから頑張って欲しいものです。

 で、サッカーW杯は殆ど関心がなく、「はやぶさ2」のリュウグウ到着の方に大きく関心を寄せている人間が、ここに居るわけでございます。今や「はやぶさ2」とリュウグウとの距離は300kmを切って200kmちょっとになっているらしい。200kmだと東京からは仙台より近く、福島くらい?で、その位の距離ともなれば、「はやぶさ2」に積んでいるカメラであればリュウグウの様子がかなり見えてきているようです。
 形や、表面の大きなクレーターなんかも見えてきていますね。そして重要なのはリュウグウの自転軸が黄道面からほぼ90度くらいであることで、これは黄道面に沿ってリュウグウに接近しつつある「はやぶさ2」にとっては好都合なのですね。「はやぶさ2」があちこちポジションを変えなくても、リュウグウのほぼ全容を掴めることになりますから。ということは、早めにリュウグウのどのへんに着陸するのがよさそうだ、とか計画を立てることができる。何と言っても「はやぶさ2」の最大の使命はサンプルリターンでありますから、無事に着陸できることが何より大切です。これからの1ヵ月位は、宇宙研の「はやぶさ2」のプロジェクトメンバーにとってはたぶんお休み無しになりますよ!

|

« 通勤電車の地震発生 | トップページ | 初戦勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リュウグウの自転:

« 通勤電車の地震発生 | トップページ | 初戦勝利! »