« 国鉄全線完乗の日 | トップページ | 五頭連山での遭難 »

小田急LSE引退

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、雲は多かったのですが、時折晴れ間があり、気温は高めで蒸し暑さの感じる一日でした。

 昨日に引き続き、鉄道の話題で恐縮です。
 現在は、東京メトロ千代田線沿線に住んでいるため、複々線工事を成し遂げた小田急の車両に乗るということも多いのですが、その小田急のいわば看板列車が新宿から箱根湯本、あるいは江の島に向かう有料特急「ロマンスカー」です。このロマンスカーとして長きにわたって活躍してきたLESが今年で引退するとのニュースが入ってきました。

 小生は大学生の頃、3年生までは毎日小田急に乗って通学しておりましたが、その1年生の時に、このLSE車両がデビューしたのを覚えております。大勢の学生が待つ大根の駅を、メロディーホーンを鳴らして颯爽と走ってゆくLESは誠にあこがれの電車でした。
 それまでの主力特急車両、NSEよりぐっと前面傾斜を強めて、シャープな顔付になっていました。

 本厚木停車の「さがみ」として使われたこともあるため、実験レポートが間に合わずに特急に乗ってその車内で実験レポートを仕上げる(というか、友達のを写させてもらう)というバカなこともやったものです。

|

« 国鉄全線完乗の日 | トップページ | 五頭連山での遭難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田急LSE引退:

« 国鉄全線完乗の日 | トップページ | 五頭連山での遭難 »