« 夏用背広 | トップページ | 通勤電車 »

ぬれ煎餅

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨晩からの雨が朝は残っており、昼頃までパラパラと落ちていたでしょうか。午後は雨は上がったものの、昨日からの気温の低い状態は変わらず、夕方も雲が取れませんでしたね。

 このGW中、山形のカミさんの実家で過ごしていた所、以前カミさんが働いていた会社での友人から小さな小包が届きました。
 中に、銚子電鉄の「ぬれ煎餅」が2種類入っており、早速賞味させていただきました。

 銚子電鉄は千葉県の小さな鉄道会社なのですが、経営危機に陥った時に、銚子名物としてこの「ぬれ煎餅」を売ったことで売り上げを伸ばして経営危機を脱したという話があった様に覚えています。勿論、ぬれ煎餅ばかりではなく、会社全体として色々と経営のスリム化を図ったりと努力をされたのは確かでしょう。

 その「ぬれ煎餅」ですが、本来はパリッとした食感が持ち味のお煎餅が、全く逆のヘナヘナ感のあるお煎餅なのです。
 お醤油と旨味で、大きさの割にはすぐに食べてしまうのですが、このヘナヘナ感をどう感じるかで、「また買ってみようか」と思うかどうかが別れる所でしょう。小生は最初、「これを煎餅というのはちょっと・・」と思ったのですが、2枚食べたところで、「これはこれでアリかも知れない」と思う様になりました。

|

« 夏用背広 | トップページ | 通勤電車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/66702166

この記事へのトラックバック一覧です: ぬれ煎餅:

« 夏用背広 | トップページ | 通勤電車 »