« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

煮物

 こんばんは、チェスです。

 月曜日ですが、世間的には振替休日でお休みです。小生も今日は会社に出るべき仕事も無いので、俳句など捻って過ごし、夕方近くになってスポーツクラブへ出かけてひと泳ぎしてきました。日曜日ではないので、キッズのクラスがあり、コース半分ほどを子供に取られるため大人は苦しい状況ですが、元々それを知っている人は泳ぎには来ないためか、案外コースは空いていました。

 帰宅して、ご飯だけはタイマーで炊いていますが、おかずはこれから作らなくてはなりません。
 まずはブロッコリーを茹でて、冷蔵庫の中を覗くと、20%オフのシールが貼られたがんもどきが残っている。大変だ、こいつを始末しなくては、と思って、野菜室からニンジンと舞茸を出して、ついでに竹の子ご飯を作った時に残った油揚げも動員し、煮物にしました。

 味付けは、特に破綻はしませんでしたが、煮汁がちょっと、どうも少なかった様で、出来上がりは煮汁がほとんど残っていない。

 この点が失敗いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卯の花

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、ちょっと風は強かったものの、その分雲が無く、いよいよ初夏になってきたなという一日でした。

 来月早々、5月2日の水曜日の句会は欠席投句になってしまうため、前日、つまり1日までには俳句を五句揃えて送る必要がございます。兼題が2つ出ていて、そればかりで作っても良いのですが、ここはやはり、初夏の季語を自分で斡旋して当季雑詠も入れておきたい。

 初夏の季語として、是非一度詠んでみたい季語が「卯の花」なんです。

 なんと言っても超有名な唱歌「夏は来ぬ」の唄い出しにも「卯の花の匂う垣根に・・・」と登場する、夏の初めの雰囲気を良く伝える花なんですね。
 ただ、さて実物の卯の花を見て、匂いを嗅いでみたい、とは思っても、これが意外に近くに無い。確か、都立東綾瀬公園の中にある花壇の一角にあったはず、と思って、昼前に出かけてみました。確かに卯の花らしい木はありまして、少し白い花が咲いていたのですが、花の盛りとしてはもうちょっと、という位で独特の甘い香りはあまりしませんでした。

 うーん、と思って昼食を食べるために一旦帰宅するべく歩いていると、うちの近所のお宅の、お隣との境にバラと混ぜてこの卯の花が植えられておりました。こちらの方がたくさん咲いていて、今日の強い風で甘い香りが漂っておりました。こんなに近所に卯の花が咲いていたことに今日まで気が付いておらず、うかつなことでありました。未だ俳句はできていませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW突入

 こんばんは、チェスです。

 世間的には今日から今年のGWに突入ということで、朝の情報番組でも、毎度おなじみの高速道路の渋滞の様子とか、新幹線の混雑とか、空港の出発ロビーなどが流れておりますね。お約束の絵という奴でしょうか。

 土曜日の東京、風は少し強いかな、とは思いましたが、良く晴れて気温が上がり、早くも初夏の陽気の一日でした。
 綾瀬駅の東改札~通常こちらを使っていますが~を出て、左に出ると、イトーヨーカドーがある側ですので、まあ左側が綾瀬駅の正面玄関の様な構えになっています。その、改札を出てまさに直ぐの所に、数年前に「福から」という鳥の唐揚げをメインに売っている小さなお店がオープンしまして、唐揚げ以外にも鯵フライですとか、じゃがいもやハムカツなんていうのも売っていますので、唐揚げは基本的には食べない小生も時々会社の帰りに「今日はおかずを作るのがちょっと面倒」なんていう時に何か買って帰るということがあります。

 で、お昼頃にイトーヨーカドーにちょっと買い物に行った帰りに、何気なくこの「福から」の店先を見たところ「深川めし」の文字を見つけました。こいつと同じような名前の駅弁がありまして、お醤油で味付けしたご飯に浅利や焼き穴子が載っていて、小生が好きな駅弁なんです。
 「福から」の奴は、見たところ焼き穴子は載ってはいませんが、浅利は面積の半分くらいは載っていて、しかもお値段は駅弁の半分程度。思わず買って、本日の昼食にしました。割と美味しいお弁当でございました。

 午後は実家の鳥越に顔を出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カジノ

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、今週の週末は、いつもの週末ではなくて、いよいよGWの始まりですよ、という週末なのですね。
 とは言っても小生の会社の、自動車製品関係の事業部はドドーンと9連休になりますが、小生の場合は通常のカレンダー通りなんですね。
 昼のNHKニュースで、このブログでも過去取り上げさせていただいたカジノ設置の法案のことが報じられていました。(未だ成立していなかったのですね)
 ギャンブル依存症対策ということなのか、入場料を6千円/一人取るとか、入場できるのは、3日/週までにする、とかいった制限をつけるとか言われていましたね。
 以前の記事にも書きましたが、カジノがそんなに依存症対策が必要なのであれば、まずはパチンコの方を何とかしろよ、と小生は思うのでございます。まあ大体、言い訳はわかるのですが、パチンコ/パチスロは、あれは賭博に該当しないということにしているんですね。ですけれども、日本中のパチンコをやったことがある人の誰に聞いたって、あれがギャンブルではない、と答える人はいませんよ。特殊な抜け道を使った、事実上のギャンブルです。ですから、カジノの依存症対策をどうとかいうなら、パチンコ/パチスロの方をまずはきちんと対策しろよ、と言いたいのです。

 依存症というのは、これは色々あるけれども、一旦なってしまったら、治すのは本当に大変ですよ。アルコール、ニコチン、薬物あたりが有名ですが、これらの影響は大きいし、本人が治したいと思っても困難の様です。ギャンブル依存症もそういうことだから、政府は法律で規制しておこうとしているのでしょうが、パチンコ/パチスロだってその対象にしたほうがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足を組む

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝から良く晴れて、昨日の雨のせいで空気中の塵が洗い流されたかの様な、美しい青い空でした。
 ところで、数日前の記事で「6000系どうした」と書いたのですが、昨日の帰宅時、その6000系が走ってきたのを目撃しましたので、未だ完全退役したわけではなく、ちゃんと現役で頑張っておりました。失礼いたしました。

 朝の地下鉄千代田線は相変わらずの混雑で、もうちょっとしないとこの混雑は落ち着いてこないのかなあと思います。さすがに、これだけ混雑している車両において、座っている人が足を組んでいるというのは、なかなか見たことはありません。混雑している車両で足を組まれると、それはやはり迷惑ですからね。

 ただ、空いている時間帯の車両、帰りの京浜東北線の南行電車などですが、座っている人の前に誰も立っている人がいない状況では、足を組んで座っている人をしばしば見かけます。小生はどうか?というと、そうした空いている車内においては、たまに足を組んでいることがあります。
 通勤電車で足を組んで座るというのは、これはどうもあまり見た目もよろしくないですから、止めた方がいいだろうと思うのですが、どうして人間は足を組んで座るのでしょうかね。足を組むポーズがカッコいいから、ということなら、これは意識的にやっているのですが、どうもそうではなくて、無意識に足を組んでいることが殆どです。従って、足を組んだ方が楽だから、ということになりますかね。ただ、一瞬は楽ではあっても、足を組んだ状態でずーっと同じ、というのも無いように思います。下に載せられている方の足は上の足の重さを受け止めているので、いずれは辛くなるでしょう。とすればきちんと座った方が身体に良さそうに思います。足を無意識に組む原因を取り除く必要があるのかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五穀米の大盛り

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝から風雨強く、時折窓ガラスに雨粒が吹きつけるという荒れたお天気で、会社に着くとズボンの裾が結構濡れておりました。雨は午前中が中心で、昼過ぎからはお天気が回復して雲が切れてきましたが、そうなると今度はなにやら蒸し暑くなってきました。

 さて、昨晩の事なのですが、いつもより若干退社時刻が遅くなり、昨日はたまたまですがご飯も炊いてはいなかったことから、夕飯は外食で済ませてしまおうと考えてお気に入りの「大戸屋」に立ち寄りました。昨晩も既に小雨がパラパラと落ちていましたから、時間帯によってはそれなりに混んでいる大戸屋も、昨晩は空席が目立ちました。

 で、小生お気に入りのメニューの一つ「真鱈の黒酢あん定食」を注文しました。これは揚げてある鱈の他に諸々の野菜がたくさん一皿に載っていて、中々ヴォリューム感もあります。サラダの小鉢もついています。
 大戸屋の特徴として、ご飯は、普通の白飯の他に、五穀米と称している雑穀ご飯なのかな、これを選ぶことができ、小生はいつもこちらを頼んでいます。栄養価はありそうなのですが、食べた感じは少しモサモサ感があり、食感としては好き嫌いがあるかもしれません。
 で、さして待つほども無く、我が定食が運ばれてきました。と、その五穀米ご飯が入っている器が、小さい丼の様であり、どうもいつものご飯茶碗とは違う様に思いました。あれ、これはひょっとすると普通盛りではなくて、大盛りなのではないか、と思いまして、伝票を見れば書いてあるかな、と見ても、定食の名前と値段しか無い。
 まあ定食そのものは注文通りなので食べましたが、どうもやはり五穀米ご飯は分量が多い様です。大戸屋の場合、ご飯を少なくして注文すると、定食の値段が少し安くなりますが、大盛りを頼んでも値段は変わりません。
 してみると、五穀米普通盛りを、五穀米大盛りとオーダーミスされたのではあるまいか、と考えました。としても、値段は同じなので小生にとって実被害は無いのです。ただ、小生は出された量のご飯を残すということができない性分で、頑張って残さず食べてしまったため、だいぶお腹が膨れてしまったということはありましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄人

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝から予報通り曇り空で、気温の方も少し低めでした。午後2時過ぎだったか、ちょっと会社から外出する用事があったのですが、ポツポツと雨が落ちてきました。その時には大したことはありませんでしたが。

 ところで、午後のNHKの番組で、元広島カープの衣笠さんの映像が流れていて、なんだろうなと思っていたら、亡くなったのですね。71歳とのことで、まだお若いと言える年齢で、残念です。

 小生は特にカープのファンになったことはありませんが、ジャイアンツがV10を逃して(この年は確か中日が優勝)川上さんが監督を引退、選手を引退した長嶋さんが翌年いきなりジャイアンツの監督を引き受けたという年のことを大変良く覚えています。
 長嶋さんが抜けた穴をジャイアンツは現役大リーガーを引っ張ってきて埋めようとしたのですが、このジョンソン選手が1年目は大誤算で全く打てず、投手陣もガタガタで、ジャイアンツはペナントレースが始まるといきなりのビリ、そしてシーズンが終わるまでビリ独走という、球団史に残る屈辱のシーズンでありました。
 この年、トップを走ったのが広島カープで、それまではセントラルリーグのお荷物球団と言われていたのがウソの様な快進撃。確か監督は途中で交代したのではと思いますが、衣笠さんはカープの主軸として大活躍し、以後数年のカープ黄金時代を築きました。衣笠さんと言えば、誰もが引き合いに出すのが連続試合出場記録で、これで国民栄誉賞も受賞されたと思います。鉄人・衣笠というキャッチフレーズがピッタリでした。
 昭和のプロ野球のスターがまた一人、鬼籍に入られてしまって、ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筍ご飯の件

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は薄曇りで、予報通り昨日までの気温から下がって、まあ平年並みという感じになりました。
 未だ4月ですから、本来はこんなものですよね。小生の記憶では、5月1日のメーデーの時、結構寒かったという日があります。

 ところで、金曜日だったかな、小生が愛用している格安スーパーで、「国産竹の子ご飯の素」という袋を見つけました。
 実は小生は竹の子ご飯という奴が好物で、今頃、竹の子のシーズンになると、竹の子の水煮を買ってきて竹の子ご飯を炊くのが恒例なんです。ただ、先週末は他に諸々用事を控えていたので、ただ単にご飯を炊く時に混ぜるだけ、というのを買ってきてまずは一発目を食べてみるかな、と思って買ってきました。

 昨日の夕食に、こいつを炊いてみるか、と思って、夕方ご飯を炊く際に、ご飯に入れました。使い方は誠に簡単で、普通にお米を磨ぎ、例の袋の汁だけをまず入れてから、水を足して水加減を合せ、その後に袋の中身を入れて、後は炊くだけ。

 食べたのですが、具の中に油揚げが無いためか、やや旨味が足りないというか、ちょっと物足りない。
 これだったらやはり竹の子の水煮を買ってきて、それににんじん、油揚げ、茸などを入れて自前で調味料を入れ炊く方が良いのではなかろうか、と不遜なことを考えました。次の週末に実行ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼服出してみたら

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、天気予報では今日まではお天気良く気温が高い、ということで、ベッドパッドを干したり洗濯の続きを片付けたりいたしました。
 さて、4月の終わりになるとGWがやってくるので、小生の場合には山形へと帰りますが、今年の場合にはGWが終わっても5月の中頃に山形で法事がございますので、5月は中々忙しいということになる。法事に出席するには礼服が要る、ということで、クリーニングに出したあと、そのままクローゼットに入れっぱなしになっていた礼服(冬・夏)を引っ張り出してみました。

 するとあろうことか、冬服の方は問題無かったのですが、夏服の方は背中側に何やら白いカビ状のものが見える。更に上着のボタンが一つ取れている。こいつは、クリーニングが戻った時にすぐに調べておけば良かったのですが、兎に角5月中頃であれば、黒服も冬用ではなくて、夏用の方でしょう、と思って、もう一度クリーニングに出すことにしました。しかし今日は日曜日でクリーニング屋さんとお休みのため、明日出さないといけません。忘れないようにしないといかん。

 クローゼットにあれやこれやと詰め込みすぎて、風通しが効かない状態なのが悪いのでしょうね。時々は風を通さないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝具入れ替え

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、移動性高気圧、この高気圧はどうも南の暖かい空気を持ってきているらしく、こいつにすっぽり覆われた東京を含む関東地方は朝から気温が上がって、25℃以上の夏日になった模様です。

 さすがにこれだけ気温が上がると、分厚い冬用の掛布団は暑くてたまらず、あるいは敷毛布もこれで来シーズンまでお役御免ということで、掛布団からカバーを外して洗濯。敷毛布は洗濯はできないと注意書きにありますので、午前中外に干して、布団カバーが乾いたところで、掛布団と一緒に布団袋に仕舞うことにいたしました。

 入れ替わりに、布団袋からは夏用の掛布団を出して、こいつには布団カバーがかかっていなかったので、一緒に仕舞ってあった布団カバーをかけて、本日から働いてもらいます。但し、布団袋から出ていくのは薄い夏用掛布団と布団カバー、入るのは分厚い冬用掛布団と布団カバーに加えて、今回から新しく、敷毛布も畳んで入って貰わねばならず、布団袋はおそらく収容能力の限界を超えているのでしょう。かなりパツパツになっていたのを更に押し込み、何とか入れました。

 寒い間、パソコンデスクの隣で頑張って貰っていた電気ヒーターも、この際いっしょにビニール袋に入れてしまい、来シーズンまでお休みです。

 会社に通勤する際に、重宝していた冬用のコートも、夕方クリーニング屋に出してしまいました。さすがにコートの出番はないだろうと思ったからです。ただこの暑さは明日までで、週明けからは気温が下がるのだそうで、風邪を引かないように注意しないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6000系どうした

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝からほぼ晴れて、この晴れが終日続きました。小生は午後、契約関係のセミナーに申し込みをしており、昼食を食べるとすぐに会社を出て会場へ向かいました。セミナーは無事に終了し、夕方JR有楽町の駅に向かう時には、いかにも気持ちの良い空が広がっておりましたね。
 やってきた山手線は新型の電車で、この電車も登場した当初はかなり色々と話題を集めたものですが、増車が始まっていて、今やそれほど珍しくはなくなりました。

 そして、4月混雑がまだ続いている、我が東京メトロの千代田線ですが、帰宅時間のラッシュ時には未だ少し早かったので、余裕で乗車することができました。ただ、この4月に入ってからというもの、千代田線を長年支え続けてきた老雄6000系電車の姿を見ることが、めっきり無くなりました。後継電車の16000系の増備が進んでいることから、まあいずれは6000系も完全に引退してしまうのでしょうが、これだけ姿を見ることが無くなってしまうと、逆に目は6000系を探してしまいますね。ニュースにはなっていませんから、おそらく未だ完全引退には至ってはいないのだろうと思いますが、編成数は僅かになってしまったのだろうと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三省堂古書館

 こんばんは、チェスです。

 仕事で神保町へいき、帰りに久しぶりに三省堂に寄りました。
 四階に、三省堂古書館、という一角ができていて、全国の古書店が天下の三省堂にお店を出している。随分と凄い企画だ、と驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てっぱく

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝の内は昨晩からの雨が残っていて、特に激しい雨という訳ではなかったものの、傘をささなければそれなりに濡れるという微妙な降り方でした。この位の雨だと、傘さしで自転車に乗ってくる人が結構いて、確か現在は傘さしての自転車運転は違反になるはずですが、その違反者はたぶんそのような意識なく乗っているのでしょうね。まあ、スマホ眺めながらの自転車に比べれば未だマシかもしれませんが、危ないことは危ないです。
 この雨はお昼過ぎには上がり、やがて晴れて気温が上がってきました。

 ところで、昔、秋葉原には「交通博物館」というのがありました。実家の鳥越からはさして遠くはなかったので、何回か行ったことがありますが、「交通」とは頭についていたものの、鉄道が主体であることは明らかでした。その他の乗り物は、まあ付けたし位の扱いでしたね。亡父が言っていたには、この交通博物館は、更に昔は「鉄道博物館」だった、というので、鉄道主体なのは仕方がないことかもしれません。

 で、元々さして広い敷地ではないところに作られた博物館ですから、建物や展示物が古くなってしまっても、リニューアルもままならない。で、ここを閉館してしまって、その代わりにJR大宮駅の北に新しくオープンしたのが、その名もズバリ「鉄道博物館」(愛称「てっぱく」)です。
 小生は、いささか鉄成分が入っているらしく、それなりに鉄道が好きなのですが、鉄道模型とか写真を撮るとかよりも、鉄道に乗るのが好きな「乗り鉄」成分が濃い様に思います。そのためか、てっぱくは機会があれば一度行ってみたい、とは思っていたものの、実はこれまで一度も訪れたことがありません。ところがここが現在リニューアル工事をしていて、この7月には新館がオープンするそうなのです。となれば、これはやはり一度はじっくり行って見学するかな、と考えているところです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボストンマラソン

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京は、何やら薄ら寒い、という程ではないにせよ、これまでの気温を考えると寒く感じるのも当然かな、という曇り空で、午後はついに雨が落ちてきました。今夜から明日の午前中まで雨が降る予報になっています。

 ところで、アメリカのボストンは、更に寒く悪天候だった様で、そんな悪いコンディションの中、「公務員ランナー=川内優輝さん」がボストンマラソンで見事優勝いたしました。男子では瀬古利彦さん以来の31年ぶりという快挙で、何しろ歴史と伝統のある有名レースです。本当におめでとうございます。

 寒く、雨が降る悪いコンディションではあった様ですが、それは出場選手全員に平等の条件であって、こうした条件が故に優勝常連のアフリカ勢は今回力を出せなかった、みたいな分析も、また雨が降って路面が濡れる悪コンディション故にタイムは平凡、という話もありますが、だからと言って今回の彼の優勝の価値が下がるわけではないです。悪いレースコンディションを味方につけた、という事は言えるかもしれませんが。

 競馬でも、しばしば悪天候による重馬場で本命が負けた、というG1レースはあります。その場合も、優勝した馬の価値が下がるということはないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調味料の量

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日の東京、出勤時は何やら少し寒いかな、と感じましたが、歩き始めてみれば別段寒いということもなく、晴れて快適な気温の一日でした。

 夕食のおかずを自分で料理する時に、家に何冊かある料理本を参考にする時があります。材料の分量は(二人分)などと書かれていれば、概ね半分にすればいいので、それはさしたる問題ではありません。
 困るのが、調味料の分量で、例えば「しょうゆ 大さじ 1/2」などと書かれているとしますと、それなら材料を半分にした場合には、調味料の方も半分にするべきなのか、しかしそうすると、しょうゆは「大さじ 1/4」になりますが、これはちょっと計量に困難を来しますから、小さじの方で計りたい。小さじと大さじの換算はどうすればいいのか。ま、この位なら見当でやってしまいますが、「小さじ 1/2」(二人分)となると、これは「小さじ 1/4」になってしまうから、これはいよいよ計量が厳しい。

 それとも、材料が半分になったからと言って、味付け関係の調味料の分量もきちんと1/2にしないといけないということはなくて、まあ味を見ながら適当に調整しても良いのか、どうなのか。
 結局、アバウトに処理するということになるのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央図書館

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨晩からの風雨が強い朝でしたが、しかし雨が上がってきたのは意外に早くて、お昼頃には雲が少し切れて弱いながらも日が差してきました。ただお天気回復とまでは言えない感じで、夜まで曇り空は続きました。

 そんなお天気でしたので、午前中はサボっていたトイレ掃除をしたり、午後のお天気回復に賭けて洗濯をしたりして、昼食に蕎麦を茹でて食べた後、午後は隣町北千住に出かけました。目的は勿論、昨日の記事に書いた様な俳句の巻き返しで、何か材料を見つけて俳句をいくつかでも捻りたかったのです。

 北千住というのは、東京の「住んでみたい街」として最近人気が出てきた町なんだそうです。東京の東半分は、いわゆる下町エリアが多く、遊びに来るならともかく、住むならやはり東京の西半分が人気があったのですが、北千住は近年再開発が進み、従来古い町が残っていた東口側も、東京電機大学のキャンパスが開校したりしてそれなりに街も若者向けになりつつあります。
 しかし西口側は宿場町通りにあるように、昔ながらの面影を残していて、それがいいのかもしれません。この西口から歩いて15分位かな、千住新橋の近くに足立区の中央図書館があります。
 まあまあ蔵書は揃っているのかな、と思うのですが、閲覧席が少ない。そのため、勉強に来る人にとってはちょっと厳しいかもしれません。
 この点、金町駅前にある葛飾区の中央図書館は、閲覧席が多くて素晴らしいです。

 俳句の本を読んで帰りましたが、肝心の俳句の方は僅かに1、2句ができたのみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコンク

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝から怪しい雲行きとやや強い風で、これはどう見てもお天気は下り坂。ただ東京では、夕方まで何とかお天気は持ち堪えた感じで、雨は落ちてきませんでした。

 本日は、小生が会員になっている俳句結社で、唯一主宰の先生が参加される本部句会。できればこの句会は極力お休みはせずに参加したいと思うわけなのです。直接先生が選句を行い、採られた句に対して講評してもらう機会というのは月に1度しかない訳ですからね。

 で、俳句結社の雑誌への投句の締め切りも明日の迫っていましたので、投句用紙の送付先(印刷所)は本部句会の会場の近所にありますから、句会が終わった後で持参してしまえば切手を貼らずに済むということで、投句用紙の方への仕上げをしてしまい、いつもより少し早めに家を出て、神保町で昼食を取って、神保町ブックセンターという岩波書店の建物1階にオープンした新しい書店を覗いてみようと思いました。

 行ってみると、新しい書店はさすがに岩波書店の出版物ばかりが並んでいるのですが、書店というよりはカフェで、本を持ち込んで飲み物を頂きながら読書するのも良し、本を探して買った本をここで早速読むのも良し、という面白いスタイルの書店になっていました。

 さて本部句会なんですが、自分としては俳句の出来はそんなに悪くは無い、まあまあだと思っていましたが、久しぶりにやってしまいました。大惨敗のスコンクで、一度も名乗ること叶いませんでした。所謂無声という奴です。
 来週木曜日にまた句会がありますが、ここで巻き返しをしないといけません。ただ、次の兼題は難しくて、未だ一句もできていない兼題もあります。うーん厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プールの超過料金

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝から晴れて、気温も適度。朝は風が強かったですが、昼頃にはその強い風も収まりました。一年中このくらいのお天気だと、楽でいいなあと思いますが、そうなると小生が現在取り組んでいる俳句に欠くべからざる「季語」はちょっと困ることになりますね。

 昨晩、毎週木曜日は、会社の水泳部の活動日に設定しておりまして、小生も仕事を早めに終えてプールで一と泳ぎしてから帰宅いたしました。水泳部がみんな集まって同じメニューで練習なんていうことをやっていたのは遥かな昔。今は北区の温水プールの回数券を、プールに行くことができるメンバーに渡すだけで、あとプールでどのように過ごそうが、各自に任せております。

 その北区のプール、十条台小学校に設置された温水プールなので、「パノラマプール十条台」という名称ですが、利用料金は現在大人は500円/2時間 ということになっています。この2時間を越えると、超過料金というのが設定されているのですが、昨日更衣室に貼られている貼り紙には「超過料金は6月~9月の期間のみ適用」ということでした。ということは、反対解釈では、10月~5月までは2時間を過ぎても超過料金は徴収されない、ということなんだな、と思いました。
 帰りに受付の方にその事を確認すると、「その通りです。超過料金は需要期だけ頂くことになりました。」との由。

 で、それなら「極端な話、昼一番で入場して、体力が続く限り夜までプールに居てもいいのですか?」と訊くと、「そうですよ。」ということ。しかし、プールでは更衣室を含めて飲食は不可となっていますから、お水を飲むだけで、そうそう何時間も泳ぐというのは無理だろうね、などとお話したら、「今日はお一人だけいらっしゃいました」との事。ツワモノがいるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうもなあ

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、晴れて気温が上昇、昼間はちょっと暑いなという位になりましたから、たぶん夏日になったのではないかなと思います。ただ、この週末はまた気圧の谷の通過で、東京含めて荒れ模様のお天気になるらしいです。

 山形のカミさんの実家の家の、雨漏り対策工事、本日終了という連絡が入ってきました。足場は先週末に設置してもらって、週明けの月曜日から実質的に工事開始、で、今日は終了ということで、実質的には4日間で工事完了という訳で、当初考えていたよりもかなり短くて済みました。未だ足場はありますが、足場が撤去されれば完了ということで、これでこれからやってくる梅雨の時期への対策は万全でしょう。

 ところで、皆さん既にご承知の様に、サッカー日本代表のナショナルチーム(A代表)のハリル監督が解任されました。既に発表されて数日経ちますので、前監督、ということになりますが、ワールドカップのロシア大会開幕2ヵ月前というタイミングでの解任に、あちこちから色々な声が上がっているようです。
 解任に踏み切った日本サッカー協会も、「遅すぎるかもしれないが、このまま本大会へ行って後悔するよりは、監督をとにかく変えよう」と決断したのでしょう。
 小生は、サッカーについては全くの素人なので、人事管理というかマネジメントの面から思うところを書きますと、監督を選んで、招聘したサッカー協会の責任が問われるのではないの?と思います。
 前々監督のアギーレさんは、何やら八百長疑惑が発生したことによる解任でしたから、事実関係がはっきりすれば、理由が理由だからこれは仕方が無い。
 ところが前監督の場合には、兎にも角にもA代表を率いて、激戦である予選を突破して、本大会出場を勝ち取ったわけです。つまり、ここまでは結果を出したと。ところが、本大会直前のテストマッチでチームは良い所なく、選手との信頼関係が少し薄れた、という理由で解任というのでは、前監督は納得できないのでは?前監督の方に契約違反があったとかいう話は少なくとも無いですよね。前監督の選手起用とか戦術とか、それらについてもし日本サッカー協会が不満を持ったなら、そういうこと込みで契約した筈ですから、ならば契約した日本サッカー協会の責任は大きいし、不満があってもこのまま本大会へ突入し、その結果として惨敗であったとしても、その結果を認めるべきではないのかな。どうにも何とかしたいから遅すぎるタイミングでも現場指揮官をチェンジする、というのでは、招聘した側が責任を放棄した様に見えてしまいます。

 というわけで、小生は首になった前監督に同情的でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショートメッセージに・・

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝のうちはそれほど感じませんでしたが、昼頃からかなり風が強くなってきました。
 春の嵐とでもいうか、何やら荒れ模様のお天気になりそうでしたね。ただ雨は落ちてはきませんでしたが。

 日本で携帯電話業界を牛耳っている3大キャリアが共同で新しいサービスを始めるのだそうです。LINEに対抗して、ということだったかな、メッセージプラス、と言ったか。
 現在、ショートメッセージというのは、送りたい相手の電話番号さえわかれば、テキストメールを送ることができる、という簡便なメール機能なのですが、何分長文のテキストは送ることができない。それがちょっと不便ではありますが、簡単な連絡ならば、メールアドレスがわからなくても送ることができて、その簡便さが良い訳です。

 それに、画像ファイルやら色々添付ができるようになるそうで、そうするとLINEというよりは、E-Mailとどこが違うのか、という感じになりそうに思います。そういうやり取りをしたければ、元々E-Mailを使っているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨漏り補修工事

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、すっきりと晴れて、気温もほどほど。暑からず寒からず、これでPM2.5とか花粉さえ飛散しなければ、一年のうちでも一番快適に過ごせる時期であることは確かですね。

 さて、現在うちのカミさんがお義母さんと住んでいる山形の家ですが、一箇所窓枠から雨が伝って中に溜まってくる、まあおそらくは雨漏りだろう、という所があって、こいつは少しお金をかけても何とかせねばなるまい、という話は冬のうちからやっていました。
 それで、今年の年明けあたりから、昨年家の改修工事をお願いした業者さんに、問題の雨漏りを直すための工事の見積を出してもらって、しかし工事の方は暖かくなってからでいいから、と依頼していた所でした。

 先週金曜日に、問題の箇所の工事をやるための足場が設置され、週があけて昨日からいよいよ実際の工事が始まった、とカミさんから連絡がありました。初日はなんと総勢10人くらいがやってきた、とのことで、大した現場ではないのに10人とはまたえらい大部隊が来たものだ、と小生も驚きました。ひょっとすると4月のことですから、工務店にも新入社員が入り、現場を経験させるために連れてきたのかも、とかカミさんと夜電話で話したのですが、真相はわかりません。たぶん1週間程で工事は終わるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月混雑

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、朝起きてカーテンを引くと、ガラスがうっすら結露しておりました。ややっ、こいつは外は少し寒いのかもしれん、と思ってテレビを点けると、情報番組の天気予報では、今朝は正しく気温は低めということでした。
 ここ暫く、まるで初夏を思わせる気温が続いていたので、大して低い気温ではないのに寒そうに思ってしまい、背広の上にコートを羽織って出社してしまいました。

 ところで、4月も第2週に入り、そろそろ学校が始まってきますね。既に新社会人の皆さんは出社を始めていると思いますが、それに加えて新入生も新しい学校へと通学が始まるわけです。そうなると、まあ毎年同じ様なことを書いている様な気がするのですが、電車の混雑が激しくなる。これはつまり「混んだ電車に慣れていない人たちの参入」は、電車の乗り降りに時間がかかり、それが電車の遅れを誘発し、次の駅の乗客が溜まって更なる電車の遅れを広げるということ。

 誰しも初めて、ということはあるわけで、ですから彼ら彼女らを責めるわけにはいきませんし、全員が混雑する電車に好きで乗るわけではない。混雑はお互い様なのですが、できればなるべく早く慣れては欲しい。特に乗り換え客の多い駅で、ドア前の空間にてスマホ片手に頑張っておられると、下りたい人は困るし、そのうち気の短い人から怒号が飛ぶ。
 まあ、GW位までの我慢ということかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

推敲

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日の土曜日は雲が多くて少し怪しい空模様でしたが、今日は比較的晴れ間が多く、安心して洗濯物をベランダに干すことができました。

 先週の水曜日の句会では、2つの兼題のうち、「汐干狩」の季語を使った二句に点が入って、しかもこの二句がともに後ほど主宰選に入るという幸運に恵まれました。
 それは有り難かったのですが、実のところ小生としては最も自信があった、というか自分では良くできたと思った俳句に一点も入らず、むしろそちらの方ががっかりではありました。
 1週間後の土曜日に本部句会がありますが、それでは、捲土重来、自分では自信があった句を推敲して、もう一度本部句会の方へ出句してみようと考えました。
 詠む対象はそのままに(当たり前ですが)表現を変えたり、語順を変えたり、季語を別のものに差し替えたりと、色々いじってみました。当初は2,30分も考えれば何とかなるだろうと思っていたのが、どうも納得のいく句にならない。とうとう夜になって、風呂に入りながら考えて、未だダメです。ひょっとするとこいつは、詠もうとしたテーマがよろしくなかったのかもしれず、没ということになるかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強風

 こんばんは、チェスです。

 昨日の金曜日の夜から、東京はかなりの強風が吹き荒れました。風だけではなくて、どうも雨も降っていた様で、今朝は路面が濡れておりました。本日土曜日は少しは風が収まるのかな、と思いましたが、昼間も時折強い風が吹いていて、先週は未だ残っていた桜の花もこの強風ですっかり散って、桜の木は急速に緑色に変わってきました。ソメイヨシノから、ぼったりとした印象の八重桜にシーズンは移りましたね。

 気温はそんなに高くはなく、昨日の様な平年並みに落ちてきた様ではあるのですが、これだけ風が強いと、今は檜の花粉になっているのかな、相変わらず花粉は飛散している様で、外を出歩く際には未だマスクが必要です。家に帰ってくると空気清浄機を動かす毎日です。

 毎朝飲んでいるコーヒーは、ウィークディは忙しいので、お湯を沸かすだけで済むインスタントコーヒーで済ませていますが、土日の朝は余裕がありますから、コーヒーメーカーでレギュラーコーヒーを淹れて飲むのが贅沢になっています。しかし今朝レギュラーコーヒーが無くなってしまい、明日の朝飲む分は無い。で、昼から隣町の北千住へ行って、いつも買っている「カルディコーヒーファーム」でコーヒーを仕入れてきました。ついでにチョコレートビスケットの「ティムタム」も買おうと思ったのですが、これが置いていない。どうも最近はティムタムの取り扱いが無いのですね。
 カルディを出て、北千住の駅の中にあるスターバックスを覗いてみますと、運よく空席がありましたので、1時間弱のんびりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老舗

 こんばんは、チェスです。

 週末の金曜日、これはやはり嬉しい。ただ、ここ数日の、高い気温が是正というか修正されて、今日は平年並みというか、この季節なりの気温に戻りました。

 今日は、1年に1回、新入社員を前に1時間話をする日でございまして、午後3時になって指定された会議室に行くと、2つの会議室の移動パーテーションが撤去されて1つの大きな部屋になっており、40名以上の新入社員が待っていました。
 (実際には、期間雇員から正社員への登用組も入っているので、新卒入社はそんなにはいないはず)。

 それでも、近年になく大勢を前にして、話をするのは少し緊張する。

 話の最初に「老舗」という文字をwordで打って前面のスクリーンに映して、これを前に座っている子に読ませてみました。
 すると、この人はこれを読めなかった。これはちょっとびっくりしました。で、となりの、この人はどうやら名前と顔立ちからハーフかな、と思う人を当てると、この人は「しにせ」と読んでくれて、少し安心。

 「老舗」という言葉は、「仕似せ」から来ている、という話をマクラにしたのですが、まさか読めない人がいるとは、いきなりの躓きではありましたが、まあなんとか今年も講師をやり遂せました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノンアルコールビール

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝起きてみると、一面の曇り空なんですが、その割には東京スカイツリーは天辺まですっきり見える。エレベータを待っている時に北東を見ると、筑波山も綺麗に見える。今日はPM2.5の数値が低かった様です。

 今日は10年目の結婚記念日です。役所に届出を出したのは、実は4月1日なんですが、まあ東京で結婚式、披露宴をやったのが4月5日ですから、カミさんの考えでは今日ということになるのでしょう。(その後山形で2回目の披露宴をやっています)
 10年一昔、という言葉もありますが、年齢を重ねてきたせいか、この10年はあっという間、「もう10年も経ったのか」という感想になってしまいます。この分ですと、心して過ごしませんと、気がついた時には棺桶の中・・は気が付かないか。

 昨日は、小生が最も楽しみにしている、第2水曜日の句会でした。いつもは句会にだけ出て、その後の懇親会は失礼して帰ってしまうのですが、昨日は久しぶりに懇親会へも顔を出しました。ちなみに懇親会の会場は、俳句結社の主宰がやっておられる酒場です。主宰はここで、自ら包丁を持って料理を作って出しています。
 小生は殆どお酒を飲めないので、ここでもノンアルコールビールの「オールフリー」の厄介になっています。あれは本当に便利な飲み物で、あれのおかげで酒を飲むことができなくても、いかにもビールを飲んでいる様に見えるので助かります。
 ビールが好きな人からは、評判は芳しくない飲み物ですが、元々小生はビールを飲んでいないので、「本物に比べてどうこう」という批評はできませんで、「こういう味の飲み物」としか受け取りません。そう思って飲んでいると、まあそれなりに美味しいと思います。是非、全国津々浦々のアルコールを供するお店に置いて欲しいと思います。
 ちなみに昨日の小生の俳句の成績はまずまず良く、懇親会の席上での主宰選になんと二句が入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リメイク 銀英伝

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、北日本では前線が通過して気温が下がるということですが、東京はその影響は受けず、気温は高いままです。ですがこの陽気も本日限りで、明日あたりから平年並みに気温が下がり、また雨も降るようになるとか。確かに暫く雨が降っていませんねえ。

 アニメというのは最近さっぱり見ていない、宇宙戦艦ヤマトのリメイク版を少し見たかなあ、位なのですが、「銀英伝」がリメイクされて、今週から放送される、とあっては、これはやはり見てみたいと思いました。で、BDレコーダーで毎週録画です。
 「銀英伝」をわざわざ説明しなくては良いかとは思いますが、田中芳樹という作家の名前を広く世の中に知らしめた大ヒットシリーズSF小説「銀河英雄伝説」を下敷きに制作されたアニメです。本筋の方が新書版で10巻、あとスピンオフというか「外伝」が何冊か出ています。これらの全てがアニメ化されたかは知りませんが、概ねアニメ化されたものと思います。

 主人公の属する「銀河帝国」陣営は、人名がドイツやオーストリア系の名前で占められていて、もう片方の「自由惑星同盟」の方はそれ以外の何でもあり、な名前なんですね。でもって、帝国の方は貴族社会という設定なものだから、軍人同士の会話でも「卿(けい)らはどの様に思うものか・・」みたいな、何やら大時代的な台詞が頻出します。これがぴったりあうのか、確か宝塚の舞台にもこの原作は登場したと思います。

 SF小説とは言っても、科学考証を前面に出したハードなSFではなくて、寧ろ宇宙を舞台にした歴史ロマンと言ってもいい様な内容なので、女性にも結構ファンが多いと聞きます。今回はたぶん声優陣も大幅に入れ替えて(物故者が多いため入れ替えざるを得ない)雰囲気が変わるとは思いますが、どんな形にリメイクしたのか興味があります。見続けるかどうかはわかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板そば

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝方はなにやら霞んでいましたが、やがて晴れてきた様です。
 綾瀬の駅に着くと、何やらプラットフォームが騒々しい。駅のアナウンスを聞いた結果「綾瀬駅に到着した電車が車両故障のため、千代田線が運転見合わせとなったが、現在は運転を再開している。しかしダイヤは大幅に乱れている。」ということの様でした。電車は遅れても走る様なので、辛抱強く始発の電車が来るのを待っていると、15分近く遅れて始発電車が来ました。但しかなりの混雑ではありましたが。

 山形と東京とを行ったり来たりする様になって、すっかり山形の板そばに馴染んでしまい、そうなると上品な東京の更科系のそばは全く物足りなくなってしまいました。

 板そばの記事はWikipediaにも掲載されるようになりましたから、それなりに全国区になってきたのかもしれませんが、しかし東京のお蕎麦屋さんではさすがに板そばはメニューにはありません。
 蒸篭ではなく、長方形の板の上に薄く並べて出てくる、というスタイル自体も違いますが、そばそれ自体も山形のそばと東京のそばはかなり違います。山形のそばは、繋ぎの少ない二八~十割の田舎蕎麦で、更級に慣れた目には相当に黒く見えます。そして太い。
 更には、堅く歯応えがあります。とてもではありませんが、東京のそば通が「そばを手繰る」なんていう食べ方は無理です。
 付け汁にたっぷりそばを浸して、しっかりもぐもぐと噛んで食べる。そうするとそばの風味が広がるわけです。そばの原型である「そばがき」に近い、とでも言えばいいでしょうか。GWにまた山形に帰りますが、2回位は板そばを食べたいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天宮1号落下

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日の東京は、春霞の一日、というと良く分かりませんが、まあ春らしい一日でした。

 小生の勤務先では、というか日曜日が休日の会社にとっては今日が新年度のスタート、ということで、今年も新入社員が入社してきまして、小生はまだどんな人たちが入社してきたのか知りませんが、新人が入ってくるというのは楽しみではあります。

 そんな一方で、中国が打ち上げた軌道上での実験施設、天宮1号が、昼のニュースでは本日地球に落ちてきたのだそうです。

 かつてはアメリカも旧ソ連も同じ様な実験施設を軌道上に上げていたのですが、人工衛星より大きな物体ですから、さすがにいつまでも軌道上に留まっているということはできず、空気抵抗で減速し、最終的には大気圏に突入しています。
 アメリカもソ連も、やっぱりそれなりに大きな物体を落とすということについては、責任があると思っていたのでしょう。燃料がある間に軌道制御をおこなって、仮に物体が燃え尽きないで地上にまで落ちてきたとしても、被害が出ない様な地域や海の真ん中に落とす様な措置をとっておりました。
 なので、中国も、「まあ、燃え尽きるから大丈夫」とは言っても、できればコントロールして太平洋の真ん中に落とすとかしてくれれば安心ではあります。次はそういうことでお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花惜しむ

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、風向きが南風に変わってやや強かったですが、お天気は相変わらず良く、気温も20℃くらいまで上がったでしょうか。
 午前中は洗濯をしたりして時間が過ぎてしまい、野菜たっぷり入りラーメンを作って昼食にして、録画が溜まっていた「NHK俳句」を何本か見て、見た番組を増設HDDに移動させたりしておりました。ま、そんなことをやってもテレビが逝かれてしまえば録画番組もジエンドなのですが、兎に角今は未だテレビはちゃんと映りますから、内蔵HDDの録画のために容量を空けないといけませんのでね。

 今日から4月ですが、そろそろ東京の桜も終わりかな、と思い、小生の家の近所では、ここが一番の桜の名所、東綾瀬公園に出かけてみました。

 ここ数日の強い風で、さすがにソメイヨシノはかなり散ってはいましたが、未だ辛うじて葉桜ということは無く、花見客も多かったです。
 東綾瀬公園は足立区にはありますが、都が管理している公園で、ぶらぶらと全部歩くと中々これが広い。そして八重桜系の桜はこれから見頃という感じでもございました。

 夕方になってしまいましたが、スポーツクラブにちょっと寄って、プールで一と泳ぎしてお風呂に浸かって帰宅いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »