« 三省堂古書館 | トップページ | 寝具入れ替え »

6000系どうした

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝からほぼ晴れて、この晴れが終日続きました。小生は午後、契約関係のセミナーに申し込みをしており、昼食を食べるとすぐに会社を出て会場へ向かいました。セミナーは無事に終了し、夕方JR有楽町の駅に向かう時には、いかにも気持ちの良い空が広がっておりましたね。
 やってきた山手線は新型の電車で、この電車も登場した当初はかなり色々と話題を集めたものですが、増車が始まっていて、今やそれほど珍しくはなくなりました。

 そして、4月混雑がまだ続いている、我が東京メトロの千代田線ですが、帰宅時間のラッシュ時には未だ少し早かったので、余裕で乗車することができました。ただ、この4月に入ってからというもの、千代田線を長年支え続けてきた老雄6000系電車の姿を見ることが、めっきり無くなりました。後継電車の16000系の増備が進んでいることから、まあいずれは6000系も完全に引退してしまうのでしょうが、これだけ姿を見ることが無くなってしまうと、逆に目は6000系を探してしまいますね。ニュースにはなっていませんから、おそらく未だ完全引退には至ってはいないのだろうと思いますが、編成数は僅かになってしまったのだろうと思われます。

|

« 三省堂古書館 | トップページ | 寝具入れ替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6000系どうした:

« 三省堂古書館 | トップページ | 寝具入れ替え »