« どうせいつもの時間稼ぎ | トップページ | 方向音痴 »

横断歩道

 こんばんは、チェスです。

 金曜日、東京は昨晩からの雨が続いて、と書こうとして、出勤時は殆ど止んでおりました。但しそれまではかなり激しい雨が降った様で、小生の家の網戸にも結構な量の水滴がくっついておりました。屋根がしっかりあるヴェランダなので、あれだけ網戸が濡れるというのは珍しい。
 激しい雨は止んだものの、昼位までは降ったり止んだりというお天気でしたかね。

 こんなニュースがありまして、配信元は朝日新聞の様です。横断歩道を横断中の子供がはねられて亡くなったということで、写真をみると現場の横断歩道はかなり磨耗が進んで薄くなっている。この点は行政もまずいんじゃないかとは思うのですが、そもそもドライバーが100%悪いということは論を待たない。

 この記事にも書かれていましたが、自動車の運転者は、横断歩道を横断中は勿論のこと、横断しようとしている歩行者がいる時には、一時停止しなくてはいけない。これは道路交通法に定められているのです。さすがに、横断中の歩行者がいると多くのドライバーは停止するとは思いますが、「横断しようとしている歩行者」の部分、この位だと、止まらないドライバーが実際問題多いのがまずい。オマエはどうなんだ、と訊かれそうに思いますが、小生は可能な限り止っておりますよ。可能な限り、というのは、交通量が激しくて、前後の車間距離が詰まっているような状況ですと、そこで急に止まるのは追突を誘発してしまうかと、停止を躊躇する時があるからです。そういう道路状況だと、対向車も止まってくれない場合が多く、そうなると今度は小生のみ止まっても意味なく、後ろからホーンを鳴らされるかもしれない。(勿論、これは鳴らず奴が悪い。)
 結局、これは警察が道交法違反になる、ということを地道に周知するしかありませんね。あとは直ぐに効果ありそうなのは、これも記事にあった様に取り締まりを強化する、と。

 勤務先の会社のそばに警察署があるのですが、その警察署の前の横断歩道は結構長いにもかかわらず、信号機がありません。ただ、横断歩道の前に立っていると、大抵の車は止まってくれるのです。これは目の前が警察だから、取り締まられるのを恐れて止まるのでしょうか、そうであるなら多くのドライバーは「道交法は知っているけれども、取り締まられないと思って」確信犯的に止まらないのかもしれないですね。

|

« どうせいつもの時間稼ぎ | トップページ | 方向音痴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/66476763

この記事へのトラックバック一覧です: 横断歩道:

« どうせいつもの時間稼ぎ | トップページ | 方向音痴 »