« 帰りもA席の客 | トップページ | 靴下 »

ダイヤ改正

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は朝から曇り空で、終日変わらず曇り空でした。
 確かこの記事で、小田急電鉄の複々線化事業の完了については以前触れたと思いますが、その成果が3月17日のダイヤ改正で現われておりますね。
 小生は現在は東京メトロ千代田線の端っこの方に乗っているので、その恩恵を受けられるかも、と思っていましたが、毎朝綾瀬駅で見ている電車も、こいつはずいぶん大きな改正だな、と思いました。これまであまりお目にかかることはなかった、小田急線直通の「各駅停車 成城学園行き」「各駅停車 向ヶ丘遊園行き」という電車がやってきます。これはもう、小田急の複々線区間の各駅停車の電車が増発されている影響であるのは確かでしょう。今までは、メトロ千代田線から小田急へと乗り入れる電車は、多摩急行唐木田行き、準急本厚木行き、というのが多かったのです。
 綾瀬駅の時刻表を見ると、平日朝のラッシュ時の7時台~8時台は各駅停車の成城学園行きがかなりあります。しかしラッシュが終わる10時台以降になると、準急向ヶ丘遊園行きが1時間に3本程度に変わってきます。総じてこれは、JR東日本常磐線各駅停車~メトロ千代田線~小田急電鉄の3社串刺し運転の電車が増えた、とは言えそうな気がします。

 まあもっとも、小生が愛用している綾瀬始発の電車は、これまでは「代々木上原行き」だったのが、何故か「明治神宮前行き」と、運行区間が短縮されておりましたけれども。

|

« 帰りもA席の客 | トップページ | 靴下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤ改正:

« 帰りもA席の客 | トップページ | 靴下 »