« 靴下 | トップページ | 渡辺だんご店 »

造影MRI

 こんばんは、チェスです。

 春分の日、というか、春のお彼岸の中日です。「暑さ、寒さも彼岸まで」とは言い古された言葉ではありますが、それなりに実感も伴ってはいると思っておりました。しかし何事も例外というのがあるもので、今年の春のお彼岸の中日は、震え上がる様な寒い一日でした。朝の情報番組では、神奈川県の箱根町で雪が横殴りで降っている様子を映しておりました。東京はさすがに雪はふるまい、と思いましたが、霙の様なのはどうも落ちてきた様にも思います。

 さて、先月定期検査の下垂体腫瘍のチェックでのMRIで、頭の右側に小さな出血が見られるということで、追加検査をしましたが、結局はっきりせず、本日はついに造影剤を使ってMRIを撮るということになりました。
 造影剤を使うと、脳腫瘍がある場合には造影されて写るということで、さて果たしてどうなることやら、と思いましたが、結果は造影剤では造影されずに、これは脳腫瘍ではないね、という結論になりました。

 しかしそうすると、ここの出血はなんだろう、という話になり、ドクターのお話だと、血管の奇形による血管腫というものだろう、ということでございました。これはまあ、生まれつきの様なもので、現在特に症状も出ていないし、結論としては経過観察で良いでしょう、ということに落ち着きました。約半年後、半年後となると9月ということになりますが、9月はMRIが混んでいるとかで、8月20日にMRIの予約を入れてもらいました。
 頭の右側の出血ということで、万一身体の左側の手や足のしびれなどが出たら、病院に来てくれ、ということで本日は退散いたしました。

 今日はお彼岸ということなので、午後お墓参りに行こうかと弟と相談していましたが、雨が降っていて寒いのと、母親がどうも風邪を引いたらしく寝込んでいたので、土曜日に延期ということにしました。

|

« 靴下 | トップページ | 渡辺だんご店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 造影MRI:

« 靴下 | トップページ | 渡辺だんご店 »