« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

タワーホール船堀

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、昨日の北風も収まり、まずは春らしい一日と言って良いでしょう。

 FaceBookで昨日の金曜日だったかな、どなたかが確か「関心のあるイヴェント」というのを紹介されていて、それが今日午後2時に開演の「オーケストラ・シンフォニカ・フォレスタ」の第7回演奏会だったのですね。このオーケストラは2010年に結成されたアマチュアのオーケストラで、つまりは1年に1回の割合で演奏会をやっているということなのでしょう。
 で、今年の演奏会の会場が、江戸川区の都営地下鉄新宿線船堀駅のほぼ目の前にある「タワーホール船堀」の大ホール。
 小生の住んでいる綾瀬からですと、ほぼ南南東、もしモーターボートがあったら、綾瀬川をずーっと下って行って、中川と合流して、更にそのまま荒川放水路に沿って下れば船堀橋のたもとに出ますから、これが一番早い。しかしそういう訳にもいきませんので、北千住で東武スカイツリーライン~半蔵門線に乗り換えて住吉まで、ここで新宿線に乗り換えて船堀へと、なかなか面倒な経路で行きました。
 たぶん初めて行ったこのホールは、おそらく江戸川区の施設だと思いますが、まるで船の形をしていて、タワーは船のマストに見立てているのでしょうかね。

 アマチュアオーケストラの演奏会というわけで、江戸川区民の方は無料招待みたいでしたが、小生は江戸川区民ではないので、当日券1,000円を支払って聴いてきました。

 今日のプログラムは、フランス系の作曲家特集という感じで、
 フォーレ 「ペレアスとメリザンド」組曲
 ショーソン 「詩曲」
 フランク 交響曲ニ短調

 中々通好みというか、渋い構成です。ショーソンの詩曲は、ヴァイオリン独奏の入った交響詩、という雰囲気で、このオーケストラのコンミスをされている須賀麻里江さんがヴァイオリンソロを弾きました。

 フランクという作曲家は、ベルギー生まれでフランスで学び活躍した人ですが、この交響曲は晩年の名作と言われています。かなりガッチリした構成とオーケストレーションはドイツ音楽の影響を受けているな、と思いました。アマチュアオケですが、結構しっかり練習を積んで、良いアンサンブルを聴かせてくれたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレベータの臭い

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は晴れてはいましたが、北風が強く、気温が昨日に比較してかなり下がりました。ですが未だ3月末ですから気温的にはこんなもので、これで平年並みではないかと思います。

 ところで、たまになんですが、帰宅して、集合住宅のエレベータに乗ると、これが猛烈にタバコ臭いことがある。まさか、エレベータの中でタバコを吸っている訳ではないでしょうが、そうではないかと思うくらいにタバコ臭い。
 これは小生が思うに、外でタバコを吸いながら歩いてきて、建物に入る直前でタバコを捨ててエレベータに乗ってきた人ではあるまいかと。直前までタバコを吸っていれば、その息はタバコの成分が充満しているでしょうし、エレベータの箱なんてのは小さくて換気もままならないでしょうから、そんな人が乗ってくればエレベータ内の空気は相当に汚染される筈です。
 どうも、この小生の仮説は、かなり高いのではないか、と思う様な記事がありました。
 これは生駒市役所の実例ですが、そうすると、タバコ吸う人が直ぐに職場に戻らないといけないとなった場合には、階段を使って戻りなさいよ、ということなんでしょうな。
 この位厳格な受動喫煙防止対策の運用は必要になってくると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ依存症

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、北日本には前線が通過することで天気が崩れ、気温が下がるとの予報が出ておりますが、東京は影響を受けず、今日も気温の高い一日でした。掛けていた綿毛布はとうの昔に止めていたのですが、敷き毛布の方もそろそろ使用を中止した方がいいかもと思います。朝になると、結構汗をかいているのでね。

 以前国会で議論されていて、法案が通ったかどうか忘れてしまったのですが、統合型リゾートだっけ?いわゆるカジノ法案というのがありましたよね。で、カジノを設置すると、暇とお金がある人は入り浸ってしまって、カジノ依存症になったら大変だから、1週間に入場できる日数を限定しようとかなんとか、そんな議論があったやに記憶しています。(つまりはまだ法案は通ってはいない?)

 カジノがどうの、というと、日本では既に全国各地に出回っているパチンコという遊技場があります。法律的には、あくまで遊技場であって、パチンコはギャンブルではないことになっている。なっていますが、パチンコの景品を買い取るお店がパチンコ店の近所に必ずあるのは、最早知らない人はいない。

 だから、事実上のギャンブルと認識されていると思います。こいつをきちんと規制しないことには、カジノがどうの、という議論は前に進まない様に思います。だって、パチンコ依存症になってしまっている人は相当いるでしょう。かくいう小生も、現在はすっかり足を洗いましたが、かつてはそれに近い状況であったことがありました。土日は7~8時間位パチンコ屋に入り浸っていたこともあったです。今して思うと、よくまああんな環境の悪いところにいたものだと呆れてしまいますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーデー

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、今週は相変わらず、春の霞の様な空が広がって気温が上がり、20℃以上にはなっているものと思います。

 以前の記事に書きましたが、冬の終わりというか、春の初めに、靴下に穴が空いていることを連続で見つけてしまい、靴下を廃棄したものですので、今日は会社帰りにイトーヨーカドーへ寄って靴下を買いました。「8」のつく日はヨーカドーの場合、ハッピーデーと称しており、殆どの商品が5%オフになるからです。
 冷静に考えれば、安い靴下~より取り4足1000円~を買って、50円しか違わないので、本当に大したことは無いのですが、どうせ買うなら少しでも安く買える日に、というわけで、気分の問題でしょうか。

 そのあと地下食料品売り場で食品を物色しましたが、賞味期限が迫っているのは値引きシールが貼られていて、こいつを狙っていくつか買う。これらも5%オフになりますが、これらもシールの方が値引き率は高いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加湿器のこと

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、少し薄雲は広がってはいましたが、まずまず春らしい、暖かな一日でした。
 小生が勤務している新しい会社の社屋は、どうも小生は床に敷かれているカーペットが怪しいと睨んでいるのですが、ともかく冬の間は静電気の発生がすごくて、多くの人が、ドアの金属製のハンドルに触る度にピシピシとやらかしていました。

 勿論、乾燥している屋内の空気というのもよろしくはないので、机が固まっているシマ毎に加湿器を買って設置し、水蒸気を出していた、というのが冬の間の対策でした。お隣のシマでは超音波型の加湿器を使っていましたが、我がシマでは電気ポットにそっくりの加熱沸騰型の加湿器を使っていました。

 そろそろ静電気も収まってきたし、加湿器も仕舞っていいかな、と思った今朝のこと。

 使っている椅子の、背もたれ部分は、黒い網の目の所謂メッシュ状の作りなのですが、そこの外側(背中があたらない側)が、白い埃の様なものでびっしり汚れていたのです。良く見ると、坐面も座っている部分の周辺が、白い粉状物で汚れている。

 で、どうもこれらの汚れは、隣のシマで使っている超音波型加湿器による水道水のカルキではないか、と同僚に言われました。
 加熱沸騰型では、外にはカルキは出ませんが、その代わりに水を入れている内部に、白い膜の様な形でカルキがこびりついてきます。
 うーん、加湿器周辺にカルキを撒き散らすか、中でこびり付くか、どちらがよいかという、困った二者択一ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐賀ぼうろ

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日。東京は朝は薄雲がありましたが、基本的には晴れと言って良い春らしいお天気で、気温も20℃位にはなっていたと思います。
 昼休みに桜を見に行きたいと思いましたが、本社が隅田川から遠くに移転してしまい、現在の位置から隅田川縁まで散歩に行っては、昼休みの間に会社に戻るのは極めて困難です。残念です。(まあ、自転車があれば・・・)

 ところで、土曜日に小生は「地元密着型スーパー」という記事を書きました。
 そのスーパーの、レジの直前の「お菓子コーナー」に、何故だか「佐賀ぼうろ」というローカル色あふれるお菓子が置いてありました。
 188円と、大したお値段でもなかったので、一つ買って帰りました。袋の中には個別包装で6つのお菓子が入っていました。

 佐賀ぼうろ、とは、直径8cm位の丸い蜂蜜入りのカステラ状のお菓子でした。オーブンで軽く焼いて、バターを塗って食べると更に美味しい、と書かれていたので、やってみました。素朴な感じで、確かに美味しいです。
 それにしても、小さな地元密着型スーパーで、佐賀県のローカルなお菓子を売るというのは如何なる理由があってのことか、良くわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王子駅南口

 こんばんは、チェスです。

 日曜日、東京は朝から快晴で、日が落ちるまで快晴でした。ただ、春に特有の「晴れているけど透明度はイマイチ」という空で、ウチから北の方に見える筈の筑波山は見えません。霞がかかっている様な青空なんですよね。

 午前中は、久しぶりにお風呂のエプロンを外しての大掃除と、こちらもちょっとサボっていたトイレ掃除。この辺をやっていたら結局昼近くになってしまって、キャベツを刻んで入れたラーメンで昼食。

 この週末は本当に暖かいので、これはもう来週は桜は散るかも、と思って、王子の桜の名所、飛鳥山公園へと行ってみる。
 JR王子駅は、実の所毎朝毎晩、通勤に30年以上乗降している駅ですから、まったく新鮮味は無いのですが、今日は直接飛鳥山公園へと入ってみようと思ったので、南口の改札から出ました。ひょっとすると、30年以上の乗降の歴史の中で、南口から出たのは今日が初めてではないかと思います。南口の改札口を出て左側は自転車駐輪場で、右側は人専用の跨線橋に昇るための階段。その跨線橋を渡ると、飛鳥山公園に入りますから、南口というのは殆ど飛鳥山公園専用改札と言っても良いかもしれません。ただ、中央口改札からの方が「アスカルゴ」の下の駅に近いため、あれに乗る人は中央口改札で降りるでしょう。

 この好天なので、飛鳥山公園は花見客でごった返しておりました。あまりに人が多いのでのんびり桜を眺めるスペースも見つけることができず、飛鳥山公園から本郷通りを渡って音無川親水公園に回りました。こちらも人は多かったですが、宴会花見客が居ないだけマシで、満開の桜を楽しんでから帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地元密着型スーパー

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、本格的に春到来を思わせるお天気と気温で、東京の桜は満開という報道もあったみたいです。
 延期された春分の日の墓参りを今日行くことになっていましたので、11時に高円寺にある小生の実家のお寺で待ち合わせ、ということで11時少し前にお寺に着いたのですが、お寺の本堂脇の椅子が出してあるスペースに弟も母親もいない。訊いてみると、どうやらもう着いて、線香を買って墓地の方へ行ったということなので、小生も墓の方へ行ってみると、弟が墓の雑草取りをしていました。待っていてくれないとは、なんとも冷たい、と思いましたが、困った男です。

 帰る途中で回転寿司に入って昼食を食べ、環状七号線(外回り)が途中からかなり渋滞しましたので、時間がかかりましたが、家まで送ってもらいました。

 夕方、食材を少し仕入れておこうと思い、いつもはあまり行かない地元密着型のスーパーに買い物に行きました。
 このスーパーは日曜日が定休日なので、土曜日の夕方というのは、野菜などが値引きされて売られるので、狙い目です。特に足の早い葉物野菜は売り切ってしまわないといけないため、夕方5時以降は全て2割引きのシールが貼られています。元々安いスーパーなのですが、それが更に安くなる。もっとも売り切れてしまっている野菜も多いですから、行くタイミングも問題です。

 野菜類も漸く一頃の高騰から、値段が落ち着いてきましたね。ほうれん草やわさび菜、キャベツ(半分)、ピーマンなどを仕入れてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看板が最初?

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝のうち曇り空でしたが、お天気が崩れるということもなく、まあ何とか曇りのままで持ち堪えました。
 今日から、2018年のF1シリーズが開幕し、第1戦のオーストラリアグランプリが始まりましたが、F1から日本人ドライバーがいなくなってからこちら、F1の地上波中継もなくなり、自然と興味関心が薄れてしまいましたね。F1はここ4年ほど、メルセデスが安定した強さを発揮して4連覇を果たしており、レギュレーションの大きな変更もないことから、今シーズンもメルセデスの優位は動かないものと言われています。


 ところで、昨日の木曜日、水泳部と称して小生は会社帰りに北区のプールに立ち寄って一と泳ぎしてから帰宅したのですが、王子駅に戻る途中、ビジネスホテルの建築現場の脇を通り過ぎました。全国展開されているビジネスホテルのチェーン店「東横イン」の新しいホテルの様でした。

 思い出せば、この建物が立ち上がって、最初に建物の最上部にある「東横イン」という看板ができていたのですよね。
 昨日は、建物の工事はほぼ終わっていた様ですが、まだ仕上げ(内装?)の工事中という感じでした。屋上に設置されていた看板は、今や、あの良く知られたブルーの電飾看板となっていて、遠くからでも良く見える様になっておりました。

 ホテルが建築され始めて間もない頃から、最初に看板ができる、というのは、周辺や通りすがりの人に「いずれここに東横インがオープンしますよ」と訴求しているのだろうと思いますが、それにしても何ヶ月も前から広告するというのはなかなか凄いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺だんご店

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日の春分の日は雨が降った上にめったやたらに寒いという、何とも気勢の上がらない一日でしたが、今日は出勤時には何とか雨が上がっており(念のために傘は持参しました)午後になると雲が取れて晴れ間が広がってきて、それと共に気温も上昇、午後は4月の陽気になりました。

 昨日は所謂「お彼岸の中日」であったわけですが、今日もまだ一応お彼岸ではあるわけです。それで思い出したのですが、小生が山形から戻った18日の日曜日が「彼岸の入り」だったのですね。
 その前日の土曜日かな?うちのカミさんが、山形の実家の近所にある「渡辺だんご店」という小さなおだんご屋さんに、だんごを5本ほど注文してあったので、日曜日の朝9時過ぎに小生がそのおだんごを取りにいきました。たかが団子で、前日注文なんて大げさな、と皆さん思うでしょうが、それが大げさではないのです。

 おそらくは、「お彼岸の入りの日曜日」ということが関係していたのかもしれませんが、朝の9時過ぎにそのおだんご屋さんに入ると、次々にお客さんが車でやってきてはお団子を買っていく。で、順番を待っていた小生に、おだんご屋さんのおばさんが「すいませんが本日はおだんごは売り切れです」とおっしゃる。で、小生は名前を告げて注文済みであることを伝えると、棚に置いてあったおだんごの入った包みの一つを渡してくれました。
 それにしても、朝9時というのは開店直後なんですが、その時間に「おだんご売り切れ」というのは凄いでしょ?それだけ人気のおだんご屋さんなので、前日に注文しておくわけなんです。おそるべしです、「渡辺だんご店」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造影MRI

 こんばんは、チェスです。

 春分の日、というか、春のお彼岸の中日です。「暑さ、寒さも彼岸まで」とは言い古された言葉ではありますが、それなりに実感も伴ってはいると思っておりました。しかし何事も例外というのがあるもので、今年の春のお彼岸の中日は、震え上がる様な寒い一日でした。朝の情報番組では、神奈川県の箱根町で雪が横殴りで降っている様子を映しておりました。東京はさすがに雪はふるまい、と思いましたが、霙の様なのはどうも落ちてきた様にも思います。

 さて、先月定期検査の下垂体腫瘍のチェックでのMRIで、頭の右側に小さな出血が見られるということで、追加検査をしましたが、結局はっきりせず、本日はついに造影剤を使ってMRIを撮るということになりました。
 造影剤を使うと、脳腫瘍がある場合には造影されて写るということで、さて果たしてどうなることやら、と思いましたが、結果は造影剤では造影されずに、これは脳腫瘍ではないね、という結論になりました。

 しかしそうすると、ここの出血はなんだろう、という話になり、ドクターのお話だと、血管の奇形による血管腫というものだろう、ということでございました。これはまあ、生まれつきの様なもので、現在特に症状も出ていないし、結論としては経過観察で良いでしょう、ということに落ち着きました。約半年後、半年後となると9月ということになりますが、9月はMRIが混んでいるとかで、8月20日にMRIの予約を入れてもらいました。
 頭の右側の出血ということで、万一身体の左側の手や足のしびれなどが出たら、病院に来てくれ、ということで本日は退散いたしました。

 今日はお彼岸ということなので、午後お墓参りに行こうかと弟と相談していましたが、雨が降っていて寒いのと、母親がどうも風邪を引いたらしく寝込んでいたので、土曜日に延期ということにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴下

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝から雨が降っていて、それほど強い雨ではなかったものの、時折吹く風が強いので、外を歩くと意外に濡れるという、少し始末の悪い小雨でした。昼過ぎまで雨が残っていて、午後一旦上がったものの、夕方はまたパラパラと落ちてきて、すっきりしない一日ではありました。

 今朝履いた靴下に、どうも足裏に「こいつは穴が開いたのではあるまいか」という微妙な感覚があり、まあしかし会社でそいつを確認するのもカッコ悪い話でありますから、帰宅してから足裏を見ると、果たして直径1cm弱の穴がしっかり開いている。暫く前、10日程前だったか、やはり足裏に穴が開いた靴下を見つけて、捨ててしまった記憶が新しいので、またもやか、という思いはあります。あともう少しで暖かくなってきて、そうなれば今の厚手の冬用の靴下は次のシーズンまで用なしになりますから、2足を捨てたからと言って、慌てて補充を買う必要もないだろうと思います。
 ただ、スーパーなどでは今頃「冬用衣料の在庫一掃処分セール」などと安売りをすることがあり、もしかしたら冬用の靴下を格安で買えるかもしれない。どうせ又寒くなったら履くわけですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤ改正

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は朝から曇り空で、終日変わらず曇り空でした。
 確かこの記事で、小田急電鉄の複々線化事業の完了については以前触れたと思いますが、その成果が3月17日のダイヤ改正で現われておりますね。
 小生は現在は東京メトロ千代田線の端っこの方に乗っているので、その恩恵を受けられるかも、と思っていましたが、毎朝綾瀬駅で見ている電車も、こいつはずいぶん大きな改正だな、と思いました。これまであまりお目にかかることはなかった、小田急線直通の「各駅停車 成城学園行き」「各駅停車 向ヶ丘遊園行き」という電車がやってきます。これはもう、小田急の複々線区間の各駅停車の電車が増発されている影響であるのは確かでしょう。今までは、メトロ千代田線から小田急へと乗り入れる電車は、多摩急行唐木田行き、準急本厚木行き、というのが多かったのです。
 綾瀬駅の時刻表を見ると、平日朝のラッシュ時の7時台~8時台は各駅停車の成城学園行きがかなりあります。しかしラッシュが終わる10時台以降になると、準急向ヶ丘遊園行きが1時間に3本程度に変わってきます。総じてこれは、JR東日本常磐線各駅停車~メトロ千代田線~小田急電鉄の3社串刺し運転の電車が増えた、とは言えそうな気がします。

 まあもっとも、小生が愛用している綾瀬始発の電車は、これまでは「代々木上原行き」だったのが、何故か「明治神宮前行き」と、運行区間が短縮されておりましたけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰りもA席の客

 こんばんは、チェスです。

 山形からの帰りのつばさ号です。
 行きと同じく指定された座席はA席でした。となると車窓からの景色は行きと同じで残念でした。
 但し、赤湯に着く直前の南陽市を上から眺める所、福島盆地に入って遠く阿武隈の山々迄見渡すことができる所はA席ならではです。あとはすれ違い列車に妨害されないのも、こちらの方が良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日(十周年)

 こんばんは、チェスです。

 山形におります。お天気は良かったのですが少し寒い一日でした。

 本来の結婚記念日は4月5日なのですが、その日に二人でお祝いはできないため、ちと早いですが前倒しでランチでお祝いしてきました。
 市内の七日町にある、アキヤマというフレンチレストランです。
 Akiyama180317

 若いご夫婦がやっておられるお店で、ランチですからそれほどお高くないのに、フルコースのフレンチが出てきまして、大変満足度が高かったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

A席の客

 こんばんは、チェスです。

 入院していた義母が退院するので山形にきております。
 つばさ号がA席でしたが、どちらかというとD席の方が景色が良いのですね。
 まあ、位置を指定しないで買っているので仕方がないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜開花予想

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、春に特有の、何やら少し白く霞みがかかったかのような空ではあるのですが、一応晴れた一日でした。
 気温が20℃くらいまで上がって、コートは勿論不要、昼間はシャツ一枚で過ごせるという日になりました。但し、西から雨雲が進んでいるようで、明日はちょっとお天気が崩れそうではありますが。

 こう暖かくなってきますと、朝の情報番組では盛んに「桜は何時頃に咲くのか」と桜開花予想を始めますね。今朝の予想では、気象予報士は東京では来週の中頃には、と言っていた様ですが、さて、果たして。

 それにしても、たかが、と言っては語弊があるかもしれませんが、植物の開花でマスコミが騒ぐというのは、日本くらいのものではないでしょうかね。
 他の国ではどうなのだろう。まあ、桜開花とかいっていられるのは平和な証拠ではありますけどね。

 明日の金曜日は会社を休んで、山形に行ってきます。日曜日の夜に戻りますので、また終末、記事の更新が滞ると思いますが、予めご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーキング博士ご逝去

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝から快晴で、終日快晴でございました。気温も上がり春が1ヵ月位進んだという感じでした。さすがにコートなんぞはいらないか、と思って背広だけで出勤いたしました。

 財務省の決裁文書が書き換えだ、改竄だと騒ぎになっている中、英国の「車椅子の科学者 スティーヴン・ホーキング博士」が亡くなった、とのニュースが飛び込んできました。理論物理学者として偉大な業績を残されたのですが、「宇宙誕生に神は不要」といった主張をされていて、教会など宗教界からの反発もあったようです。
 お若い頃にALS(筋萎縮性側索硬化症)という、この現代においても治療は不可能という難病を発症してしまったのですが、博士の場合には奇跡的に病気の進行が止まり、発症から50年以上もの間、研究を続けられたのは、同じ病気に苦しんでいる人々にとっての希望となりうるのではないでしょうか。
 生前、地球から最も近い恒星であるアルファ・ケンタウリへの探査計画など発表されていましたし、「人間が死んでも天国なんてのは無い」と、これまた教会から睨まれる様なことをおっしゃっていましたから、おそらく早速、ご自身の魂は宇宙へと旅立ったのではないかと思います。

 ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンオリジン

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨日と同じ様な記載になって恐縮ですが、朝から良く晴れて今日は気温が上がり、昼間はコート不要、背広も要らないという陽気でした。
 3月も中頃になりましたので、日が伸びてきたことを実感できますね。6時頃になっても未だ明るく、逆に朝6時にはかなり明るくなっています。

 今日はメニューの関係で、昼間のお弁当の注文をしなかった。それで昼休みに昼食の調達を自前でしなくてはならず、ま、普通なら最寄のコンビニのセブンイレブンにでも行くのです。が今日は前記しましたように春爛漫の様な気温とお天気だったので、少し歩いて「キッチンオリジン」まで行きました。

 小生の家がある綾瀬にも「オリジン弁当」というお店があり、最近はさっぱり利用していませんが、サラダや惣菜が色々あって好きなだけ売ってくれる「量り売り」方式でそれなりにお客さんがついているようでした。
 名前が少し違うものの、まあ、似たようなお弁当を売っているのだろうと思って「キッチンオリジン」に入店してみると、さすがにお昼休みの時間帯だけに、店内にレジ待ちの行列ができておりました。カウンターの2つのレジの上と下には、お弁当やうどんなどのメニューがあるのですが、それを見ながら注文している人は皆無であり、皆さん既に出来上がってお店に並んでいるお弁当やお惣菜類を買って行く。綾瀬にある「オリジン弁当」と一体どこが違うのだろうか、と思うものの、手近な「タルタルのり弁」を掴んで買って、会社に戻ります。安くて味はまあまあでしたが、量が少なく物足りない。たぶんコンビニのお弁当より安いと思いますので、おにぎりでも1つ追加して買えば良かった。

 惣菜類の種類が多いのは綾瀬と同じだったので、会社にもうちょっと近ければ便利なのだが、と感じました。今はこの会社はイオングループの一員なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オムレツ

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日、東京は雲一つない青空で、すっきり快晴の一日でした。
 新しい週の始まりは、やはりこういうお天気が嬉しいですね。

 小生の朝食はパン食で、概ね6枚切り食パン1枚をトーストして、後はコーヒー、卵料理、果物入りヨーグルトというメニューで、大きくは殆ど変わりません。
 卵料理が目玉焼きやハムエッグになったり、オムレツやスクランブルエッグになったりすることはあります。
 小生のお気に入りはオムレツで、何も入れないプレーンオムレツ、ミックスベジタブルを入れた奴、チーズ(スライスチーズを半分にして、半分はパンに載せる)入りのオムレツ、カニカマ入りを作ったこともあったか。

 で、ホテルのダイニングルームで目の前で焼いてくれるあのふんわりオムレツというのは、これはどうも中々難しいです。
 強火のフライパンにバターを溶かして、溶け切る前に溶き卵を流し込み、お箸で周辺をかき混ぜたと思ったら、フライパンをトントンと叩いて卵の片側を持ち上げていって、たちまち紡錘形のオムレツを焼き上げてしまう、あの技は難しい。ただ、似たような感じにはなってきました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隣町まで散歩

 こんばんは、チェスです。

 今年も3月11日がやってきました。言うまでも無い、東日本大震災の日です。
 被災した東北の、特に大きな被害のあった岩手、宮城、福島の太平洋に面した3県の復興は勿論進んではおりますが、未だ、東京電力福島第一原発の原子炉の廃炉作業は道半ば、これからも相当の時間がかかり、費用もおそらく膨大に嵩んでいくでしょう。

 放射性物質の拡散により、避難対象となっている地域も、まだまだ残っている訳です。地道に復興に取り組んでいく他はありません。


 さて、先月のセント・ヴァレンタインデーでウチのカミさんから高価なチョコレートをいただいた以上は、今月のお返しの日=ホワイトデーに何かプレゼントしようと思います。今年は、数年前に買いに行った金町の駅のそばの「ラ・ローズ・ジャポネ」のお菓子にしようかな、と思い立ちました。日曜日の東京は、午前中は些か曇りがちでしたが、正午を過ぎたあたりから雲が取れて晴れ間が広がりました。

 確かあのお店は日曜日もやっている筈だけど、万一お休みだと無駄足になってしまうから、とサイトで確認したら、何と店舗が3月で移転しておりました。移転先は亀有の香取神社の境内。へ?神社の境内?とびっくりしましたが、金町から亀有なら、小生の家からは一駅分近くに来てくれたわけで、これは好都合。お天気も上々なので、隣町まで散歩がてら行ってみることにしました。

 で、行ってみると本当に神社の境内にお店がありました。日曜日の昼下がり、評判のパティシエのお店とあってお客さんで混雑しています。
 焼き菓子の詰め合わせを買って、帰りは電車で戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

方向音痴

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、昨日のすっきりしないお天気も回復してお出かけ日和・・になるかと思いきや、意外に雲の多く、気温もやや低めかなと思えるイマイチなお天気の一日でした。

 今日は小生が会員になっている俳句結社の、月に一度の本部句会。この句会の多くは神保町にあるひまわり館という千代田区の施設で行われることが多いのですが、ここが使えない時には同じ千代田区の、別の施設でやることとなります。で、今日は地下鉄の駅で2つ程離れた麹町区民館が会場でした。

 何度か行ったことがある会場だったので、別段不安は無かったのですが、地下鉄の半蔵門の駅を降りてから、おそらくこっちだろう、と見当をつけて歩き出して、到着しない。どうも、道を間違えたらしい。それでも今日はかなり早めに駅には着いたので、未だ時間には余裕があったのが良かったのですが、知らない街を彷徨い歩くのはまずい、と思って一度出発点の地下鉄の駅に戻りました。戻ったところで、さてどの道だったかな、と考えたものの、思い出せない。南無三、と思って交番で訊きましたよ。おかげで遅刻はせずにすみましたが、たぶん地下鉄の駅を出る時に、いつもの出口を出なかったのが間違いの元だな、と気が付きました。相変わらずの方向音痴で、これは死ぬまで直らないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横断歩道

 こんばんは、チェスです。

 金曜日、東京は昨晩からの雨が続いて、と書こうとして、出勤時は殆ど止んでおりました。但しそれまではかなり激しい雨が降った様で、小生の家の網戸にも結構な量の水滴がくっついておりました。屋根がしっかりあるヴェランダなので、あれだけ網戸が濡れるというのは珍しい。
 激しい雨は止んだものの、昼位までは降ったり止んだりというお天気でしたかね。

 こんなニュースがありまして、配信元は朝日新聞の様です。横断歩道を横断中の子供がはねられて亡くなったということで、写真をみると現場の横断歩道はかなり磨耗が進んで薄くなっている。この点は行政もまずいんじゃないかとは思うのですが、そもそもドライバーが100%悪いということは論を待たない。

 この記事にも書かれていましたが、自動車の運転者は、横断歩道を横断中は勿論のこと、横断しようとしている歩行者がいる時には、一時停止しなくてはいけない。これは道路交通法に定められているのです。さすがに、横断中の歩行者がいると多くのドライバーは停止するとは思いますが、「横断しようとしている歩行者」の部分、この位だと、止まらないドライバーが実際問題多いのがまずい。オマエはどうなんだ、と訊かれそうに思いますが、小生は可能な限り止っておりますよ。可能な限り、というのは、交通量が激しくて、前後の車間距離が詰まっているような状況ですと、そこで急に止まるのは追突を誘発してしまうかと、停止を躊躇する時があるからです。そういう道路状況だと、対向車も止まってくれない場合が多く、そうなると今度は小生のみ止まっても意味なく、後ろからホーンを鳴らされるかもしれない。(勿論、これは鳴らず奴が悪い。)
 結局、これは警察が道交法違反になる、ということを地道に周知するしかありませんね。あとは直ぐに効果ありそうなのは、これも記事にあった様に取り締まりを強化する、と。

 勤務先の会社のそばに警察署があるのですが、その警察署の前の横断歩道は結構長いにもかかわらず、信号機がありません。ただ、横断歩道の前に立っていると、大抵の車は止まってくれるのです。これは目の前が警察だから、取り締まられるのを恐れて止まるのでしょうか、そうであるなら多くのドライバーは「道交法は知っているけれども、取り締まられないと思って」確信犯的に止まらないのかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうせいつもの時間稼ぎ

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝からどんよりと低い空を雲が覆っていて、家を出る出勤時にはポツポツ雨が落ちてきていました。
 午前中はそれほど大した雨ではなさそうでしたが、午後から夜にかけてはもうちょっと酷くなる、という予報のため、長い傘を持って会社へ行きました。

 お祭りの様な平昌五輪が終わり、次はパラリンピックが開幕します。パラリンピックが終わるまでの期間は、アメリカと韓国との合同軍事演習もやりません、ということから、北の独裁者の方でもミサイルを射つ様なことはせずと、おとなりの半島は一応の平和が保たれています。
 どころか、韓国の特使が平壌を訪れて会談を行い、米朝首脳会談にこぎつけるように韓国が仲介するのだとか。北のかの国は、米韓軍事演習も容認し、朝鮮半島の非核化に同意したとか、色々報道されています。

 しかし、北のあの国が「非核化」などと言いだして、それが守られたためしはありません。これまでもさんざん朝鮮半島の「非核化」は六カ国協議で協議され、核開発の凍結に同意した筈が、あっさりそんな同意は反故にして核実験、そしてミサイルの発射を繰り返す。

 まあ、誰だってお隣でドンパチが始まるのは困りますから、黒電話男が耳ざわり良いことをちょっと言っただけで「対話促進」とか飛び付くのもわからないでもない。でもおそらくこれは、国連安保理で決まった制裁がジワジワと効いてきている証拠だろうと思います。色々調子いいこと言って、制裁を緩和してもらえば、早速に核とミサイルにお金を突っ込むに決まっています。もし「核開発は放棄します」と言っても、核開発の放棄が厳しい査察を受けてはっきりわかり、また再開できないように抜き打ちの査察もするようにしませんとダメですね。どうせかの国が核ミサイル開発を放棄することはありえませんから、対話だ会談だと言ってもそれはいつも時間稼ぎですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン用椅子

 こんばんは、チェスです。

 水曜日、東京は朝のうち薄曇りでしたが、やがて晴れた、と思ったらまた曇ってきたというお天気で、ひと言「晴れ時々曇り」。
 春らしいという様な気温は元に戻ってしまい、朝起きて寝室のカーテンを開けると、またもや結露で曇りガラスの如くになっていました。

 小生の勤務先が昨年9月に移転した際に、机と椅子が新しくなり、特に椅子が新しくなったのは大きく、機能豊富で座り心地も考えられている椅子は中々好評の様です。そうなると、家のパソコンの前においてある椅子のボロボロさ加減が目立ってきてしまい、こいつをそのうちに何とかしたいと考えております。

 小生は国内線は別にすると、国際線の旅客機にはほんの僅かしか乗ったことがありませんから、大したことは言えませんが、よくテレビコマーシャルで流れる国際線ビジネスクラスの様子を見ると、あのCMは本当に良くできていて、「死ぬまで一度は乗ってみたい」と思わせますからさすがです。
 但し、正規料金で比較すると値打ちがありそうな長距離線のエコノミークラスとビジネスクラスの差は、軽く倍ほどはありそうなんですね。
 勿論「エコノミークラスのお客様お二人分以上のスペースを取っていますよ」とか言われれば、それはそうかもしれませんが、とにかくあれは乗ってみたい。
 だが、それだけの料金を払うなら泊まるホテルの方を、とか考えてしまうのが貧乏人の悲しいところです。

 ですが、そこで毎日座る我がパソコンシートを、ファーストクラスとは言わないけれども、あのビジネスクラスの様な豪華なシートにできれば、これは毎日ビジネスクラスということになっていいかもしれない。ビジネスクラスのシートの如く、水平にはならなくてもいいけれども、とにかく座って快適なシートならば相当のお金を出しますよ。何せ毎日座るから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフル・・では無いよと

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝のうちは未だ雲が多かったですが、次第に晴れ間が広がり、昼にはほぼ快晴というお天気になりました。

 ところで、今朝の夜明け前ですが、何故か急に咳き込んでしまって目が覚めました。以前に咽喉の痛みで近所の内科医を受診した際にもらった(いや、只でもらったのではなくてちゃんとお金は支払っていますが)トローチが残っていたので、そいつを嘗めて、まあ何とか咳は収まったのです。
 但し、先週末の花粉症勃発かと思った症状から、空咳とか、少し痰が絡む様な感じから、ひょっとするとこいつは花粉症ではなくてインフルエンザへの感染なのかも、との疑いが生じてしまいました。
 一度疑ってしまうと、もしインフルエンザだったとすると、出勤しているのは感染拡大になってしまって極めて不味い(その前に日曜日は人が大勢集まっている所へ行ってしまった)との心配事が増大します。とは言っても素人判断で疑っているだけではどうにもならない。
 で、前記のトローチの一件の時の内科医を再び受診することにしました。実は小生が住んでいる集合住宅のお隣のマンションは1階~3階がメディカルモールになっていて、1階は内科なので、ここが最も近いのですが、ここは非常に混雑して時間がかかる。
 で、空いていて直ぐ診てくれる医院の方が好きなのです。ただ結果は、「インフルではないね」ということで、若干の処方薬をもらって、そのまま会社へと行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛納

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日の東京、昨日は春を思わせる気温で暖かかったのですが、今朝は若干その気温は下がった様です。ですが未だ平均よりは高く、暖かいことには変わりありません。
 但し、西から前線を伴った低気圧が接近していて、東京は何とか夕方までは曇り空で持ち堪えたのですが、夕方から雨が落ちてきました。

 ところで、先週の土曜日が雛祭りで、日曜日はもう雛人形をしまわないといけない。これは俳句の季語では「雛納」(ひなおさめ)と言います。俗説と思いますが、雛人形をいつまでも出していると、その家の女の子は中々結婚できない、という話を昔聞いたこともあります。
 1年に1回だけの出番ですから、もうちょっと見ていたい、ということで日曜日も出していたお宅も多かったかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四ッ谷土手

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、春本番を思わせる暖かい一日でした。

 午後から、小生の参加している俳句結社が参加しているイヴェントがあり、午後1時開始でしたので早めの昼を食べて四ッ谷へ向かいました。ところが12時少し過ぎ位には着いてしまい、どうもこれは早すぎる。まあお天気も良いことだし、時間まで四ッ谷の土手でも散歩するか、と土手に登って歩きました。土手からは少し遠く、迎賓館とその噴水が眺められました。

 江戸城のお堀の一部になるであろう、この四ッ谷の土手は、桜の木がたくさん植えてあって、桜の季節になると総武線や中央線からも良く見えます。ですがさすがに今日は未だ桜は蕾でした。
 で、土手の中ほどに「桜再生プロジェクト」の様な説明看板があり、傷んでしまった桜を植え替えるなどして、四ッ谷土手の桜並木を再生させる取り組みが行われているそうです。

 開始時間が近づいてきたので、土手を下りて、上智大学の正門の前を通ってイヴェント会場へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五反野親水緑道

 こんばんは、チェスです。

 ひな祭りの土曜日、東京はいかにも春らしいという陽気で、薄雲が時々広がる程度で、暖かい一日でした。
 しかしこの暖かい陽気というのが曲者で、昨日発症した花粉症にとってはどうもよろしく無い。小生の家いはプラズマクラスターとかいう機能のある空気清浄機がありまして、これまではあまり使っていなかったのですが、今頃出番であると思って機械の裏側のフィルターを掃除して、動かし始めました。家の中に入ってしまった花粉の除去に期待いたします。

 とは言え、外の陽気を窓から見ていると、これはやはりちょっと出てみたい。昼食にラーメンを食べた後、ポケットティッシュを余計に持ちマスクを掛けて出かけました。
 目指すは綾瀬川を渡った小菅の東京拘置所の脇から北に伸びている、五反野親水緑道です。

 綾瀬川からは水門を隔てて、東京拘置所の北側に小さな水路があるのですが、たぶんこの水路の水を引き込んで人工の小川の様にしているのが、五反野親水緑道ですね。この緑道が始まる所は、大きな鯉が何匹もいたり、亀が日向ぼっこをしていたり、小振りのシラサギがいたりと、中々生き物で賑やかだったのですが、北へ向かうにつれて、この細い水路の水の流れが次第に澱んできて、最後の方は殆ど動かない様な有り様で、ちょっとこれではどうもなあ、というやや残念な散歩になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなり来た

 こんばんは、チェスです。

 昨日、日本列島を通過する際に強い風雨を起こした爆弾低気圧はオホーツク海へと北上し、更に発達した様で、天気図を見ると等圧線が凄いことになっていて、今日は北海道や東北日本海側で未だ暴風雪による警戒が必要と言われておりました。東京はしかし、朝から穏やかで、強い風も収まっておりました。

 が、しかし。

 昨日、会社の水泳部で(といっても小生一人だけ)会社帰りにプールに寄ってひと泳ぎしてから帰宅しましたが、それで鼻が通ってしまったのがまずかったのか、今朝になって起床前にくしゃみを連発し、なにやら花粉症の症状がいきなり来ました。
 昨日の東京は気温が20℃くらいまで上昇した上に、風も強かったですから、考えてみれば花粉が飛散してきてもおかしくはなかった。ここ数年、あまり花粉症の症状に悩まされていませんでしたので、ちょっと油断していましたが、どうも今年は免れるわけにはいかない模様です。
 会社に着いても収まる気配が無かったので、早速マスクを着用に及びました。今年の初マスクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝一のテレビ

 こんばんは、チェスです。

 昨夜遅くから降り出した雨は、明け方頃に非常に強くなって、木曜日の夜明け頃東京はかなり荒れ模様のお天気でしたが、小生が家を出る7時30分頃には幸いにしてその雨は殆ど上がっていて、傘を差さなくてもすみました。
 急速にお天気が回復して晴れ間が広がると共に気温も上昇して、3月の最初の日は「早速春が来たか?」という日になりました。

 ここ1ヵ月位か、あるいはもうちょっと以前からかもしれませんが、朝一番でテレビのスイッチを入れると、瞬間的には画面が映るのですが、すぐにスイッチが切れてしまう、という現象が頻発しております。但し、夜帰宅してからまたテレビのスイッチを入れると、こちらはそういったこともなく、普通にスイッチが入ります。

 テレビは10年前に買った東芝のレグザで、例の地デジ移行のためのポイントでしたっけ?あの制度が始まる前に買っています。これまでは特に故障らしい故障も無く、機嫌よく動いてくれていたので、こいつは当たりのテレビだった、と思って使っていたのですが、あと少しで丸10年というあたりでどうも少し不安が出てきました。不安というのは、もしテレビ本体がダメになってしまったら、本体のHDDに録画し、本体が一杯になったので増設したHDDにも移した番組が全部見られなくなる、という話を以前に聞いたことがあるからです。本体のテレビが壊れた時点で、内蔵HDDもどうしようもない、というならこれは仕方無いかもしれませんが、増設HDDに逃がした録画番組まで見られなくなるというのはどうにも納得できん。本当なのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »