« 2018年1月 | トップページ

堂々?2位の千代田線

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝からどんより曇り空で、夜まで晴れることはなかったです。
 隣国で開催中ということもあり、我が国でもそれなりに盛り上がった平昌五輪もそろそろ終盤、やっぱり華やかな女子フィギュアスケートは大会の終わり頃にやるのですね。

 ところで、我がブログでもしばしば記事のタネにしている小生の通勤路線、東京メトロ千代田線の朝晩の遅延なのですが、東洋経済のこのような記事を見つけました。
 首都圏の各路線において、5分以上の遅延が発生して「遅延証明書」を発行した日が月のうち何日あるか、というデータを並べたもので、1位のJR東日本総武・中央線各駅停車は、休日を除けばほぼ毎日発生しているという数字になるとか。
 で、毎朝毎晩お世話になっている、我が千代田線が、これが堂々の2位(JR東日本の宇都宮・高崎線と同点)。ホレ見ろ!やっぱりな~という感じです。

 これも以前の記事に、確か書いたとは思いますが、たぶん東京メトロにも言い分があるわけです。
 千代田線は、JR東日本の常磐線各駅停車(綾瀬~取手)と、小田急との、それぞれ相互乗り入れをしている関係で、両端のどちらかで遅延が発生すると、千代田線にたちまち影響する。それはウチの責任ではないよ、と。
 事実、上記の記事中には遅延の多い路線のランキングが出てきますが、千代田線に乗り入れている小田急も常磐線各駅停車もワースト10内に入っているため、東京メトロがいかに頑張っても両側のとばっちりを受けるから・・という言い訳はその通りかも知れません。
 但し、これも以前の記事で書いたことがありますが、いよいよ長年の懸案だった小田急の複々線事業が完成し、来月の3月17日にはダイヤ大改正を行う予定。小田急のスペシャルサイトによれば、代々木上原からの千代田線直通電車を大幅に増発するということですから、たぶん小田急の方の遅延の成績は良くなるでしょう。そうなれば東京メトロの言い訳も効きにくくなる。勿論小田急のおかげで千代田線の遅延が減ればありがたいことですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内視鏡検査

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、薄雲はありましたが、概ね晴れの一日でした。なんだかまた暫く雨がありませんね。とにかく空気は乾燥しています。

 ところで、義母の介護で山形に居るうちのカミさんから、「今日は内視鏡の検査に行ってくる」とショートメッセージがありました。以前から何やら胃もたれがする、とは聞いていたのですが、大田胃散を飲んでもあまり良くならないというので、近所の内科医に相談したところ、内視鏡検査をしてくれる医院を紹介してもらったそうです。結果は以前の潰瘍の跡があったが、胃が少し荒れているだけだ、ということで、まあ一安心しました。カミさんまで何か病気が見つかって入院だ手術だということになったら、そりゃもう大変ですからね。

 内視鏡検査というのは一昔前は「胃カメラ」と呼ばれていましたね。小生も数年前にバリウムのレントゲンでなにやら怪しいところがあるので検査を受けなさい、と言われて、更にその時には便の潜血検査も引っかかったので、2次検査で大腸と胃の内視鏡検査を両方一遍に受けました。
 昔は内視鏡を咽喉から入れていたので、相当に苦しいと経験者に聞いていましたが、現在は鼻から入れる検査法があるので、かなり楽になったと。で、小生の時も、事前に鎮痛剤の注射なども打ってもらって、少しぼんやりした所で検査をしたので、あまり苦しかったという感じはありませんでした。
 寧ろ、下剤を大量に飲んで腸の中を空にしなくてはいけない大腸内視鏡の方が、準備が大変です。その準備に時間もかかります。
 そうは言っても、この歳になると時々は受けた方がよいとは言われていますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じわり腰痛

 こんばんは、チェスです。

 月曜日、週明けの東京、朝のうちは少し雲が広がっていましたが、やがて晴れ間の方が大きくなり、まあいつもの冬晴れになりました。
 西から低気圧が東に進んでいる様なのですが、今回の進路は予想より南にずれたため「南岸低気圧」とはならずに、雨を降らせたのは南九州のみで、関東地方には雨はなさそう、という予報に変わりました。

 週明けは、土曜日、日曜日の寝坊のためにいつも生活リズムが崩れて昼間眠くなって困るのですが、昨日の日曜日は比較的早く起きたことで、今朝は無理なく通常の時間に起床でき、生活リズムを戻すのが早かったです。日曜日の朝は、寝坊はいかんということがわかりました。

 それは良かったのですが、どうも先週末あたりから、腰の調子が少し悪い。と言っても、言葉に出して「腰が痛い」という程ではなくて、鈍痛、の少し手前、違和感というのが適当なのか、つまりじんわりと腰がへんな感じがします。
 痛くはないので、早急に何か対策を打たねば、とは思わないので、基本的には経過観察と思っていますが、ちょっとだけ気持ちが悪いのは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せり鍋のシーズンも終盤?

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日より雲は少なく、終日ほぼ晴れてはいましたが、北風が強く外に出ると寒い。
 まあそれでも、午後の遅い時間、プールの道具を持ってスポーツクラブに行き、ひと泳ぎしてきました。日曜日の夕方というのは、ジムの方は兎も角として、プールの方は非常に空いていて、しかも4時過ぎであればレッスンなども全て終わっているので、コースは全て解放されていて、一人で1コース占有という状況も珍しくはありません。残念ながらスポーツクラブのプールは、ウィークディは子供のクラスがあるためでしょうか、水はあまり綺麗とは言い難く、これでもう少し綺麗な水ですと快適なプールなんですがねえ。

 ところで土曜日に、いつも買いに行くスーパーとは別の、小生の家から少し南にあるスーパーに食料品を買いにいったとき、夕方で既に野菜などの安売りが始まっていて、せりが最後の一把が残っていました。これを迷うことなく仕入れて、本日はせり鍋を作りました。

 なんでも、仙台のせり鍋では、せりの根も食べるとかいう話なのですが、かなり良く洗ったつもりでも、せりの根から完全に泥を取り除くのは無理であって、少し悩みましたが結局根の部分は切り落として使いました。

 他の具材が煮えた後、最後の食べる直前にせりを入れるのがポイントであって、そうするとせりの香りと歯応えが楽しめる訳です。でもまあ、そろそろせりも終わり頃でしょうから、今年のせり鍋シーズンも終盤でしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとう!羽生選手

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、ちょっと雲の多い天気でした。特に午後は時間帯によってはかなり雲が出てきてお日様が遮られ、風が出てきてその風が非常に冷たい。まるで前線の通過という様な感じで、夕方はかなり気温が下がってきた様に思います。
 今日は7時頃に一度起きたものの、暖かいベッドの誘惑に抗しきれずにまたベッドに入ってしまい、結局二度寝。次に起きたら9時を過ぎておりました。いかんですなあ。

 午前中から、平昌オリンピックの中継を見ていて、今日は何しろ男子のフィギュアスケートのフリーの日なのです。
 前回の冬季大会で金メダルに輝いた羽生選手は、昨年11月のNHK杯の練習の時の転倒で大怪我をして以来の、ぶっつけ本番。
 しかし、昨日のショートプログラムでは貫禄の演技でトップの得点を叩き出し、そして今日のフリーで果たして同一種目の連覇なるか?という世紀の一戦でございました。

 さすがに、全てのジャンプが完璧、という訳にはいきませんでしたが、しかし圧巻の技術点であって、ショートプログラムとの合計で見事金メダル獲得。この大会での日本人選手の金メダル第一号となりました。更に宇野選手も銀メダルで、日本人選手が金・銀メダルというのも凄い。

 凄い凄い、と唸っていた昼過ぎでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューイングキャンディ

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は、少し雲が広がる時間帯があったものの、基本的には乾燥した冬晴れの一日でした。流行しているインフルエンザは、未だ油断はできないものの、どうやら流行のピークは超えたらしいです。

 小生は会社で時々引き出しに入れてある「のど飴」を嘗めているのですが、これが無くなりそうであったので、今朝出勤途中でコンビニに寄って、のど飴を仕入れました。その時に、同じ売り場にあった「かむかむアンデスメロン」という一件が気になって、試しに買ってみました。

 これは外側は固いのですが、内側はジェリー状に柔らかいもので、袋の裏側には「チューイングキャンディ」という品名が書かれておりました。普通アメだと「嘗める」ものですが、これは噛んで食べるという種類のお菓子ですよ、ということなのでしょう。
 以前にもちょっと書いたことがあると記憶していますが、アメリカあたりには豆の形をしたお菓子「ジェリービーンズ」というのがあり、勿論子供向けであって、毒々しい色はいかにも身体に悪そうなのですが、実は小生はこいつが好きでして、どこかで見かけると買ってしまうのです。ですが、どうも最近は健康志向が強くなったのか、この身体に悪そうなお菓子はあまり売っているのを見なくなりました。

 で、たまたま買った「かむかむ」はこのジェリービーンズに食感としては似ています。味が飽きなければ、また買ってしまいそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欠席投句もできず

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日より更に気温が上がってきた様で、昼間は3月の陽気であったようです。

 ところで、昨日書きました様に、本日は難しい兼題が出ている句会があったのですが、仕事が終了せずに出席叶わず、折角俳句を作っていましたが欠席となってしまいました。
 通常、こうした場合には「欠席投句」と言って、句会に出席される方に予め句を預けておき、その方に句会で代わりに短冊を書いて出してもらうという手段を取れるのでありますが、今日はたぶん出られるだろう、と予想していたため、欠席投句をする暇がありませんでした。
 句会が開始される直前になって、なんとか「今日は欠席になります」とショートメッセージを打つのが精一杯。

 折角作った俳句を句会に出せないというのは、これはやはり残念でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難しい兼題

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、気温が上がって暖かくなる、という予報に油断して、愛用しているネックウォーマーを着用せずに出勤いたしました。
 このネックウォーマーはいかにもペラペラの安物という感じで(実際安かった)、高価なマフラーなんかに比べれば頼りないのではありますが、このペラペラがあるとないとでは結構違う。重要な血管が外気に面している首というのは、やはり人間の弱点だな、と感じる次第です。

 明日は第3木曜日の句会なのですが、2つの兼題のうちの一つが「えり挿す」(「えり」は魚ヘンに入)という季語で、琵琶湖などで見られる一種の伝統漁法の一つなんですね。魚は障害物にぶつかると、それを沿って泳いでいく、すると袋小路に入ってしまって出られなくなるという習性を使っているのだそうです。
 まあ、早春の風物詩ということで季語になったのだろうと思いますが、関西のそういった風景に接したことがない小生としては、ネットで写真でも見る以外には感じをつかむ術はなく、困ってしまっているという状況です。いわゆる「頭でしか作れない」という訳です。ギブアップして他の季語でやるか、どうするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キュリオシティ

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、相変わらず、晴れて乾燥した冬晴れでした。気温は10℃に届くかどうかというあたりで、寒くはあるのですが、カミさんが戻った山形はずっと寒いですし、日本にはまだまだ寒いところがある。この位で寒い寒いと言っていてはダメでしょうね。

 平昌オリンピックも、どうやらメダル獲得のニュースが入ってきて、これからがいよいよ本番という感じでしょうか。

 ところで、暫く前に、アメリカの無人火星探査機「キュリオシティ」が撮影した写真を繋げたパノラマ写真というのがNASAのジェット推進研究所から公開されておりました。
 詳しくはリンク先を読んでいただければいいのですが、このパノラマ写真を見ると、何と言いますか、地球の雄大な風景のどこか、と言われても、特に違和感は無いな、と思いました。火星の風景ともなれば、もっとおどろおどろしいというか、尖った山や深いクレーター(まあ、この写真を撮っている場所がクレーターの内側なんだそうですが)があって荒涼とした眺めを予想したのですが、マイルドな様子なんですね。

 これなら、なにやら生物がいそうな・・いやま、液体の水が大量に存在しないと無理か。それにしても、キュリオシティというのは大した探査機です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレート(の先貰い)

 こんばんは、チェスです。

 月曜日、建国記念の日の振替休日で世間的にはお休みですが、小生の会社は出勤日にあたっておりました。が、今日までうちのカミさんが上京していたので、小生も有給休暇を取って世間と歩調を合わせてお休みにしておりました。

 カミさんは15時過ぎの山形新幹線に乗って山形に戻りましたが、戻る前に、チョコレートの箱をくれました。明後日のセント・ヴァレンタインデーの先渡しということで、小生も有り難く、頂戴しました。

 夫婦や恋人にプレゼントする分には良いかと思いますが、会社などでしばしば議論の対象になるのは、「義理チョコ」という奴ですね。
 小生の勤務先でも、小生が会社に入社したばかりの頃は、この「義理チョコ」が残っていて、当時新入社員であった小生も女子社員からチョコレートを貰いましたが、当然お返しをせねばならず、お返しを個々にするよりは、お金を集めて豪華なお花を上げてはどうか、と発案した人がいて、このお返しは結構喜ばれた様な記憶があります。まあしかし、今では義理チョコも無くなり、生命保険のセールスのおばさんが配る小さなチョコレート位ではありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅配便

 こんばんは、チェスです。

 昨日の夜に降ったらしい雨は、朝には上がっていたのでありますが、東京はどうも終日雲が取れず、すっきりしない一日でございました。

 昨日やってきたうちのカミさんは、今日は短大の時の友達3人とランチということで、昼前に出かけていきました。
 カミさんがランチに行っている間に、小生はスーパーに出かけていって昼ごはんを買いがてら、手頃な大きさの段ボール箱を一つ貰ってきました。というのも、カミさんが山形に送りたい荷物があるというので、それでは段ボール箱が必要だと思ったからです。

 カミさんが帰ってきてから、荷物を一緒に作り、ずっしりと重くなった段ボール箱をコンビニへ持って行って、宅配便として出しました。非常に便利なのですが、宅配便最大手のヤマト運輸が暫く前に料金を値上げしたため、思ったよりお金がかかる。ではありますが、この重さの荷物を新幹線で自分で運ぼうとしたら、海外旅行に使う様なスーツケースが必要と思われるため、それを考えたら安い物かとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分断国家

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、どうも西からお天気は下り坂ということで、朝から雲の多い空でしたが、結果的には夕方まで何とか曇り空で持ち堪え、綾瀬では18時近くになってポツリポツリと小雨が落ちてきました。

 昼過ぎに山形からカミさんがやってきたので、上野駅まで迎えに行きました。浅草にちょっと寄ってから鳥越の実家へ顔を出し、八重洲ブックセンターで買い物をして帰宅。

 ところで、昨日開幕した平昌冬季オリンピック大会ですが、昨夜の開会式を見損なってしまったので、今朝民放が流していた開会式を見ました。
 選手の入場では、開催国の韓国が最後の入場となるのが恒例ですが、今回は北朝鮮の選手との合同で、旗も韓国の国旗ではなくて、朝鮮半島全体が描かれている旗でした。確か、ソウル五輪の時にも同じような演出だったと記憶しております。

 朝鮮半島が、政治体制の異なる2つの国家に分断されてしまったのは、これはまあ第2次世界大戦終結後の戦後処理の結果と言えるのですが、韓国と北朝鮮の他、いくつかの分断国家が世界にはありました。

 ヴェトナムでは、ヴェトナム戦争の結果として北ヴェトナムが統一を成し遂げ、ドイツでは平和裏に東西ドイツの統一が実現しました。(まあ、西ドイツが東ドイツを経済的に圧倒していたので、西が東の面倒を見ることになったとは言えるでしょう。)
 中国は、台湾という存在がありますが、まあ、ここは、共産中国が「一つの中国」を言い張っていますから、実情は兎も角として表向きは「二つの中国」というのは無いということになっています。

 そんな中、依然として分断されたまま、統一という見通しがつかないのが、南北朝鮮です。
 経済的には、つまり国力としては南が北を圧倒しているのは、周知の事実なのです。ところが北は軍事独裁政権で核武装に走り、更にはミサイルも開発して、これのみで存在意義としていると言っても良い。我が国とすれば、韓国の経済力でもって北を圧倒して、統一韓国ができれば、それが一番良いだろうと思うのですが、それは中国やロシアが困る。そういった地政学的問題が、この分断国家の統一を阻んでいると言って良いでしょう。統一ができないのならば、せめて北の政権が大人しくなるようにクーデターでも起きれば良いが、と思うのですがねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩行者対面通行

 こんばんは、チェスです。

 嬉しい週末金曜日、東京は朝から冬晴れで、しかし明日あたりはお天気は西から下り坂、と聞いていましたので、いつもより早めに今朝洗濯を敢行し、綿毛布も洗って干してから出社です。
 そして色々話題の平昌五輪が開幕しましたね。我等が日本選手の活躍に期待いたします。

 株価が暴落、五輪開幕位が大きなニュースで、そんなことを書いても詮無いので、常々思っていたことを書きます。

 自動車の対面通行というのは、これは道路交通法できちんと決まっていて、わが国は自動車は道路の左側を走るということになっています。車両の左側通行です。

 では、歩行者はどうか、というと、遠い昔、小学生の頃かな、車は左側通行で、人は右側を歩きなさい、みたいに教わった様な気がします。気がするだけで、確たる記憶はなく、怪しいのではありますが、おそらく歩行者は道路のどちら側を歩くなんていうことを定めた法律は無いのではあるまいかと思います。
 道路ではなくて、例えば多くの人で混雑する駅の構内などは、「ここは左側通行」とか注意書きがある場所もございます。あと、プラットフォームへと昇る階段も、混乱を避けるためにか、上りと下りを分けている駅も多い様です。

 ではありますが、道路においては歩行者の対面通行の決まりは、たぶん無いでしょうね。たとえあっても、守りようが無いかもしれませんし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初午

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、お天気としては相変わらずに冬晴れで、カラカラに乾燥した空気のためか、インフルエンザが流行しています。

 ところで昨日の7日は、初午の日でございました。稲荷神社のお祭りなんですね。小生の勤務先からそれほど離れてはいない、王子稲荷神社も、昨日はお祭りでございました。このお稲荷様、結構昔からある神社らしく、関八州の稲荷神社の元締めというか、まあそんな存在らしい。
 で、お稲荷さんとくれば甘く煮た油揚げの中に酢飯を詰めた「稲荷寿司」となるでしょうが、この王子稲荷の初午の場合には「火防(ひぶせ)の凧」というのがお守りとして売られるのだそうです。凧は「風を切る」ことから、火事除け守りになると考えたのでしょうね。

 昨日の夜の句会の二つの兼題のうちの一つが「初午」であったので、実際にこの王子稲荷のお祭りを見て、火防凧を買っていこうかと考えていたのですが、夕方打ち合わせが入ってしまった結果、会社を出るのがギリギリになってしまい、初午に立ち寄ることはできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B級映画

 こんばんは、チェスです。

 水曜日、東京は、朝晩は寒いものの、昼間はそれなりに気温が上がって、まあこんなもんかという寒さでおさまっています。
 しかし、北陸、福井の雪は凄いですね。これはやはり、いずれ「サンマル(30)豪雪」と呼ばれる様になるのでしょうか。

 昨晩は、特段の緊急の要件もなかったので、早めに帰宅できました。そうして時間ができれば、俳句の勉強でもすればいいものを、KDDIの「ひかりTV」で配信されているたくさんのチャンネルのうち、映画を見てしまったのであります。
 これがまあ、極め付きの所謂「B級映画」という奴で、頭が5つもあるお化け鮫が現われて、ビーチはパニックになる、という中身です。ストーリーも何もあったものではなく、説明しろと言われれば、この1行で終わってしまいます。

 制作費も安いので、残念ながらこのお化け鮫が人間を食べてしまうような緊迫したシーンも、ちょっと笑ってしまうような作りであって、それは仕方ないのでしょうが、演じている俳優の面々も残念な演技ではございました。で、一番魂消たのはそのお化け鮫の頭の付き方で、頭が4つに割れていて、口が4つあると。で、あれ、もう一つはどこにあるのかな、と思ったら、なんと尻尾の方に頭が一つついている。
 まあ確かに、これだけぶっとんだ作りの鮫がいたら、これは生け捕りにして水族館の目玉にしたい、と思うのも、無理はない、と思いましたです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平昌五輪

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、寒さは昨日並、といったところでしたでしょうか。兎にも角にも、東京は基本的には雪が殆ど降らないというのは誠に有り難いというか、助かる地域的な特色になっている訳であります。
 ところが、またまた大陸の方から寒波が押し寄せてきている。その寒波は日本海を越えてやってきて、日本海側の山にぶつかって雪を降らせるので、寒波による気流の流れで、日本海側の地域によっては大雪となってしまうのです。

 今日の昼のNHKニュースのトップは、福井県の豪雪でした。豪雪の原因は大陸からの寒波でありますから、雲の流れの次第によっては福井県以外にも大雪となる可能性はどこでもある。日本海側の各県は暫く大雪への警戒が必要です。

 ところで、今週末から平昌で冬季五輪が開幕です。日本に押し寄せている寒波は大陸の方からですから、その端っこの半島にある韓国の平昌でも当然に寒いことでしょう。屋内競技は良いとして、外で行う競技は大変でしょうね。寒さ厳しい北欧からの選手が、大活躍するかもしれない。
 この五輪開催期間中は、さすがに北は挑発はしないでしょうが、核もミサイルも放棄するつもりはさらさらないでしょうから、五輪期間も大車輪で開発が進むことでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝坊の反動

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日、東京は、まあ、何時に変わらぬ冬晴れで、乾燥した一日でした。となると、猛威をふるっているインフルエンザも中々収まらないということでしょうね。どうも会社でも、ポツポツと感染者が報告されて、1週間お休みという人が出てきています。サンデーモーニングのMCをやっている関口宏氏もインフルで番組をお休みしていましたね。

 土曜日の記事に書いたかな、ベッド用の敷き毛布が来たので、土曜日の夜から早速敷いて寝ています。これがさすがに暖かくて快適なんです。
 おかげで、日曜日の朝は、7時頃にトイレに起きて、そのまま起きてしまおうかな、と思ったのですが、ベッドの中がいかにも暖かくてついついもう一度ベッドに入ってしまい、小1時間程二度寝をしてしまいました。

 ただ、これをやってしまうと、明らかに生活のリズムは狂うのですね。で、週明けの月曜日にはまず起きるのがツラい。
 仕事が忙しく、土日も会社に行っている時には、寝坊はしていられないので、普段と同じ程ではなくても、まずまずの時間に起床していたわけです。そうするとリズムはほぼ崩れなかったので、月曜日も同じ様な感じで出社できました。

 ということは、土日もお休みではあっても、あまり寝坊しないで早く起きて、普段と同じ様な時間に朝ごはんを食べれば良さそうなんですが、夏はともかく、冬の寒い時期は布団の誘惑から逃れられない。精神力の問題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SS-520で衛星打ち上げ成功

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、午前中は薄雲が広くかかっていましたが、午後からは晴れて、昨日よりは少し気温も上がった様に思います。
 昨日は、歯医者の予約だとか、全日空の株主優待券を金券ショップに売り払うのとか、それなりに用事があったのですが、本日は久しぶりに何もない掛け値なしの休日で、のんびりしました。とは言っても、暫くさぼっていた家の掃除、トイレ掃除などはしなくてはならず、夕方はこれも久しぶりにスポーツクラブへ出撃して、プールで1200mほど泳いできました。とは言っても最近はスポーツクラブもめっきりジムには行っていませんので、「お風呂のついでにちょっと泳ぐ」みたいな感じです。

 昨日の土曜日のことですが、JAXAの内之浦の宇宙空間観測所から、SS-520の5号機により、東京大学が開発した超小型衛星の打ち上げに成功しました。

 元々は観測ロケットであったSS-520を使って衛星を打ち上げるという実証実験は、昨年1月に一度行われましたが、この時にはロケットからの通信が途絶して、失敗に終わっています。今回は1年後に、見事リベンジ成ったということですね。

 小さなロケットで、小型の衛星を安く打ち上げるというのは、今後も需要がある分野なのだそうで、このロケットを使っての衛星打ち上げは、今後は民間企業に移ってやることになるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敷毛布

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、相変わらず風は冷たいものの、お天気はまずまずで、昼間薄雲が広がることはありましたが基本天気の崩れはありませんでした。

 さて、今年はどうも、例年に比べると寒さがきつい。節分を迎えて暦の上では春に入っていくものの、3月一杯は実感としては冬の続きです。
 それなのに何時ぞやの記事で書きました様に、電気式の湯たんぽが故障というか、壊れまして、加熱ができなくなりました。電気式で電気が入らないと、これはどうしようもありません。

 で、今までは薄い綿毛布をシーツの上にかけて、敷毛布の如くにして使っていたのです。毛布の使い方として、多くの皆さんは掛け毛布を掛布団との間に掛けて寝ているとは思いますが、実際に暖かさとして効くのは、下に毛布を敷いて寝る方式です。こちらの方が効きます。

 で、勿論専用の敷毛布も売られている訳で、山形ではニトリの「Nウォーム」という奴を買ってきて寝ています。これは中々の優れもので、自分の体温で直ぐに暖かくなり快適です。

 そこで、Amazonで同じ奴を買おうと思って、検索してみますと、売られていたはいたのですが、シングルサイズで、ウチのダブルベッドには寸法が足りない。勿論ニトリのオンラインショップにはダブルサイズのも売っているのでしょうが、Amazonに出品はされていなかった。

 で、Nウォームは諦めて、別のメーカーのを買うことにしました。確か木曜日の朝に注文したのですが、それが本日早くも着きました。
 早速ベッドに敷いて、本日より敷毛布体制で寝てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速バスのバス停

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、概ね予報通りに、昨夜からの雪は、朝も降っていて、家々の屋根は白くなっておりましたが、幸い降り方としては大したことはなく、歩道であっても積もることはありませんでした。東京の交通機関の混乱も、まあ最小限という感じでしたから、今日も中学受験があったとしても無事に実施されたことかと思います。

 午前中に降っていた雪は、概ね昼過ぎには上がり、これもほぼ予報通りと言って良いかと思います。天気予報の精度はこの10年位の間に飛躍的に高くなっているな、と思います。

 小生は、JR王子駅を降りて会社に向かいますが、都営バスのバス停1つ分を歩いたあたりのところに、高速バス専用の停留所があります。
 小生の通勤時間ですと、丁度佐野新都市バスターミナル行きのバスが停車していることが多いです。

 夕方の時間だと、会津若松行きとか、福島行きのバスがやってきて、お客さんを乗せて発車していきます。

 おそらくは、東京駅とか、あるいは新設された新宿のバスタあたりから走ってきて、首都高速へ乗る手前でもう一度お客さんを拾う場所なのだろうと思いますが、何せ駅からバス停一つ分位の距離ですから、大きな荷物を持って高速バスに乗るお客さんには不便です。王子駅北口前のタクシー、バスターミナルは、確かに決して十分な広さとは言えないのでしょうが、この高速バス用の停留所一つ位は確保できなかったのかな?と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤銅色

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝のうちは未だ晴れていたのですが、昼頃までにすっかり曇り、あまつさえ小雨も落ちてきました。
 で、問題は今夜からあすの朝にかけて、またぞろ雪が降ると予報されている点で、前回の時の様などっさり積る様な雪になると、東京は鉄道も道路交通も雪に弱いですから、混乱するでありましょう。大したことはないと良いのですが。

 今朝、西日暮里の駅でJRのプラットフォームに上がると、母子連れという様な組み合わせが随分たくさんいる。で、どうやらこれは中学受験を受ける人たちなのね、と合点しました。西日暮里の駅のそばには開成中学-開成高校という、東京でも有数の私立進学校があるのです。
 試験は今日一日で終われば、特に問題は無いですが、もし明日、2日目があるとすると、上記の雪の問題がある。試験開始時間に電車が遅れたら、これは大変で、本人も「遅れたらどうしよう」と心配、動揺してしまい、本来の実力を出せないとまずいですね。

 さて、昨夜は意外にも、小生の家のある足立区の南端部分では、ほぼばっちり、皆既月食を見ることができました。昨日の記事にも書きました通り、月食は日食とは異なり、月の光が全て無くなるわけではないのですが、それでもかなり光量が落ちて暗くはなります。そして、めったに見られないあの不気味な赤銅色の月、あれを見るだけでも価値がありましたね。皆既が終了して元に戻り始めて、見る見る雲が増えてきましたので、昨夜は幸運だったとしか言いようがなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ