« 黄色いブロック | トップページ | お裾分け »

下剤の効果

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、朝から、空をほぼ一面雲に覆われた様なお天気で、しかしこの雲はお天気を崩す様なことはなく、曇り空で終日おさまりました。

 さて、本来は夏ごろにある生活習慣病健診が、今年は小生の場合、日帰り人間ドックの年にあたっており、朝8時開始という指定を受けていたので7時頃に家を出ました。人間ドックを受診する先は、鶯谷健診センターという所です。

 ここは、男女別のフロア構成になっていて、色々と工夫もされている評判の良い健診センターです。まあ、鶯谷という駅の近所はあまり良い立地ともいえないのですが、それに目をつぶれば確かに中はホテルの様に快適で、中にはまるでCAさんの如き案内をするスタッフがたくさんいて、つまりは「健康診断を受けに来ている」という感じがしないのです。

 一部を除いて、検査結果は当日に説明をしてくれ、それによれば再検査が必要な注意すべき項目もなく、まずは目出度い結果でした。

 ただ、胃のレントゲン撮影のために飲んだバリウムを排出するため、下剤をくれたわけですが、小生の場合にはこいつが極めて迅速に訊いてくる。
 これは、ほぼ例外無しにそうです。今日も、昼前に飲んだ下剤が、午後2時頃には早くも効き出し、トイレに行って第一波を出してきました。
 それで済むわけもなく、第2波、第3波と排出し、もう無いだろうと思っても効き目は残っているわけです。これが困る。

 下剤を飲む量を、半分にしておけば良かったです。

|

« 黄色いブロック | トップページ | お裾分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/66162019

この記事へのトラックバック一覧です: 下剤の効果:

« 黄色いブロック | トップページ | お裾分け »