« いってらっしゃい!金井さん | トップページ | 忘年会 »

ドアのこと

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日、どうも全国的に寒気が押し寄せているようで、東京も寒い朝になりました。なにやら最低気温がついにマイナスになったとか、昼のニュースで言っておりました。とは言っても東北や北海道に比べれば、雪の無い乾燥した晴天でありますから、何を贅沢を言っているんだ、位の話でしょう。

 小生の勤務先の会社が移転して2ヵ月が経ちましたが、ちょっと面白いことに気がつきました。といっても当たり前というか、そんなの当然、ということなんでしょうけれども、いわゆる「引き戸」というスタイルのドアがありますでしょ、端が蝶番で固定されているドアではなくて、橫にスライドさせて開け閉めするタイプのドア。

 あのタイプのドアは、今は下にレールと戸車が無くて、上の辺の方で吊っている、というかなんと表現していいかわかりませんが、上にレールが付いているかの様なんですね。
 日本語のボキャブラリーが少ないので説明が下手ですが、昔のスライドドアは下のレールでゴロゴロ転がしていたのが、今のは上の方でゴロゴロ動かしていると。懸垂式とでもいうのかわかりませんが、その吊っている状態が見えないので、機構がちょっとわからない。

 思い出してみると、カミさんの実家の山形の家をリフォームした後、新しくなった引き戸のドアが、やはりこのタイプだった。
 開け閉めに力が要らず、軽く開け閉めできるとか、たぶん利点があって、この方式が普及したのでしょうね。

|

« いってらっしゃい!金井さん | トップページ | 忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/66173417

この記事へのトラックバック一覧です: ドアのこと:

« いってらっしゃい!金井さん | トップページ | 忘年会 »