« 静電気 | トップページ | 踵を踏まれる »

ジンバブエ

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、午前中は、まあ薄雲はあってもそれなりに晴れているかな、という空でしたが、午後になると段々に雲が増えて厚くなり、どうも夜には西からの雨がやってきそうであります。(これを書いているのは未だ夕方です)

 昨晩、夕食後に少しお茶を飲み過ぎたためか、早朝4時30分頃に目が覚めてしまい、トイレに立った後ベッドに入ったのですが、どうも頭が動き始めてしまって2度寝はできずに1時間後には起きました。

 昼のNHKニュースで、ジンバブエで37年間にわたって大統領をやっていたアフリカの独裁者が、軍のクーデターでとうとう辞任に追い込まれた、とかいったニュースを流していました。ジンバブエってどのへんにある国だろう、恥ずかしながらアフリカのどこか、ということしかわかりません。昼食後に自席に戻って、グーグルのマップで探してみると、アフリカ大陸の南の方、南アフリカのちょい北で、モザンビークやボツワナ、ザンビアに囲まれた内陸国なのだ、ということがわかりました。
 それにしても、37年間も権力を握っていたというのも凄いですよねえ。文字通りの強権発動ができる独裁者であったということなのでしょう。昼のニュースの画面は、喜びに溢れたこの国の首都かな?の様子を伝えていましたが、いやしかし、軍のクーデターでないと独裁者をどけることはできなかったというのは、今後民主的な統治システムがきちんと機能しないと、また困った大統領が頑張っているときには、クーデターを起こさないとどけられない、ということであって、まだまだ前途多難なのではないかと愚考いたします。

|

« 静電気 | トップページ | 踵を踏まれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/66073495

この記事へのトラックバック一覧です: ジンバブエ:

« 静電気 | トップページ | 踵を踏まれる »