« ジンバブエ | トップページ | 運慶展 »

踵を踏まれる

 こんばんは、チェスです。

 木曜日、世間的には勤労感謝の日でお休みの会社も多いかと思いますが、小生の勤務先は本日は、年に何日かある祝日出勤の日の一日でありまして、いつも通りに起床していつも通りに朝食を食べて、会社へ行きました。午前中は結構強い雨が降っていて、しかしその雨はお昼頃には上がり、午後は青空が広がりました。しかし気温は低く、午後も晴れても寒いという一日でした。

 お休みの日の出勤で一つ良いことは、朝夕の電車が空いていることですね。
 これは本当に楽。もし小生が、土日ではなくて週の2日を自由にお休みにできるのであれば、火曜と水曜という具合にウィークディをお休みにして、土日は会社へ行きたいですな。

 まあそうはいかないので、普通は混雑電車に我慢して乗っているわけです。今日は空いていて楽だったのですが、乗換駅の西日暮里はそれなりに人が多く、地下鉄の改札からエスカレータを上がった所で、後ろを歩いている人に踵を踏まれてしまった。そうすると、靴が脱げそうになり、思わず後ろを見るのですが、誰が踏んだかはわからない。まあそれに、この「前を歩いている人の踵を踏んでしまう」というのは、実は小生もたまにやってしまうヘマなので、自分がやられても、極力怒らない様にしています。お互い様、という訳です。

|

« ジンバブエ | トップページ | 運慶展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/66078347

この記事へのトラックバック一覧です: 踵を踏まれる:

« ジンバブエ | トップページ | 運慶展 »