« 会社の旅行 | トップページ | 咽喉が・・ »

北陸新幹線

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は今シーズン一番の冷え込みというか、寒くなりまして、何やら風邪引きが増えそうな雰囲気です。

 昨日の記事にちょっと書きましたが、1泊2日の会社の旅行で、金沢に行って来ました。正確には、宿泊したのは金沢から少し西の片山津温泉という所にある大きな温泉旅館でした。
 北陸新幹線が開業して、もう早や2年が過ぎたのですが、小生は今まで乗ったことが無かったため、まあ北陸新幹線に乗るのを一番楽しみにしていたと言っても良いでしょう。
 途中の長野まではだいぶ以前に開業していて、「あさま」という名前の新幹線が走っていました。(この頃は「長野新幹線」と呼んでいましたね。)これは前に上高地に行った時に乗りましたが、今度は糸魚川で日本海側に出て、富山、高岡を経て金沢へと走る。ここを新幹線で乗るのは初めてのため、どんな感じなのかなと思いました。
 ただ、糸魚川に出るまでは、やはり長大なトンネルが多いですね。これはもう仕方ないでしょう。相当の大工事だっただろうと感じます。

 我々が乗ったのは「はくたか」という列車ですが、最も速いのは「かがやき」で、東京金沢間の所要時間を比較すると30分も違います。
 面白いのは、富山と金沢の両駅だけを結んでいる「つるぎ」という列車があって、たぶんこの間は20分もかからないのではあるまいかと思います。乗客の需要があるのかしらん、と思いますが、どうなのでしょう。

 途中駅の上越妙高までは、駅名の看板が見慣れたグリーンの奴だったのですが、次の駅からはブルーの駅名表示に変わりました。ということは、この駅がJR東日本とJR西日本の境なのですな。

|

« 会社の旅行 | トップページ | 咽喉が・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65925145

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線:

« 会社の旅行 | トップページ | 咽喉が・・ »