« 無事帰京&母親退院 | トップページ | プロ野球両リーグ終戦 »

蕎麦屋のナポリタン

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、晴れて気温が上がり、10月第2週というのに残暑を感じる一日でした。もっとも昼間は暑くても朝晩は涼しいという感じではありますけれども。

 昨日の山形での話しです。

 小生は蕎麦好きを自負しておりまして、東京生まれの東京育ちですから、蕎麦といえば更科系の白くて細めの、まあ上品な麺に馴染んでおりました。それで初めて山形のお蕎麦を目にした時には、その黒い色といい、太めの麺といい、歯応えといい、随分びっくりしたものです。ところが慣れというのは恐ろしいもので、この山形のお蕎麦に馴染んでしまうと、今度は東京のお蕎麦がなんとも物足りない。山形のあのお蕎麦こそが、本来のお蕎麦であって、東京の奴はお蕎麦とは言えない、とまで思う様になりました。(勿論異論は認めます。東京のお蕎麦が嫌いな訳ではないので)

 で、山形滞在中は、最低必ず一回は市内のお蕎麦やさんで、大盛りか板蕎麦を食べる様にしています。板蕎麦はお店によってはかなりの分量なので、初めてのお店で板蕎麦というのは実は危険でもありますから、初めて入るお店では大盛りにしておくのが無難です。
 で、昨日入った「翁(おきな)」というお店では、最初大盛りを注文したのですが、2色盛りの方が多いですよ、と薦められるままにそちらを注文し、大いに満足いたしました。
 で、このお店にはお品書きに「蕎麦屋のナポリタン」というのが堂々と書いてあり、何故か半熟卵(温泉卵?)付き、となっておりました。
 蕎麦屋で、どうしてナポリタンなのか、という疑問はさておき、これが大人気で、多くの人がナポリタンを注文するのです。うちのカミさんも、ナポリタンを食べておりました。不思議なメニューですね。

|

« 無事帰京&母親退院 | トップページ | プロ野球両リーグ終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65900640

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦屋のナポリタン:

« 無事帰京&母親退院 | トップページ | プロ野球両リーグ終戦 »