« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

さらば綾瀬駅前ドトール

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、雲は少し多めで、すっきり晴れ渡るという訳にはいきませんでしたが、まずまずのお天気でした。

 午前中、パソコンに向かっていつも見ているサイトを眺めていると、PCラックの下の板の上に載せてあるブラザーのプリンターが、何やらいきなり電源が入って、前面にある液晶操作パネルが明るくなりました。
 プリンターを買い替えた結果、接続ケーブル無しで使える様になったので、パソコン周りのケーブルが一本減って良かったのですが、無線LAN接続ということはどうも同じ周波数の無線を捕まえると突然立ち上がることがあるみたいですね。それによって人様の印刷出力が始まってしまったらそりゃ困ったことですが、さすがにそこまではありません。

 さて、昨日の「さらば民進党」に続いて、また「さらば」シリーズです。本日は9月30日。9月の最終日で、今日を以って綾瀬駅の東改札を出て目の前にある「リエッタ」内のドトールコーヒーが閉店となります。記憶確かならば、小生がこの街に引っ越してきてから、この「リエッタ」に最初からあって現在もある数少ないお店の一つです。後は文字通り改札口目の前のヴィ・ド・フランスと、反対側の端にある小生が通っている安い床屋さんの2軒があるだけ。そのヴェテランの3軒のうちの1軒が無くなってしまうのです。

 まあ尤も、無くなってしまうと言っても、ドトールコーヒーは日本中にお店を展開している大手のコーヒーショップであって、この1軒が閉店になったとしても、他にたくさんの店舗があるわけですけどね。ただ、何せ便利な場所にあるので、良くコーヒーを飲みました。小生はドトールのミルクレープというケーキが好きですので、綾瀬から無くなるのは残念は残念です。夕方行ってみますと空席がありましたから、ここの最後のコーヒーを飲んできました。カップが無く、紙コップになってしまったのは残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば民進党

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、昨日の雨はすっかり上がり、気持ちの良い晴天で、昼間は気温も上がりました。ただ、朝晩はそれなりに気温が下がるようになりましたから気温差で体調を崩す人も増えてきました。皆様もお気をつけ下さい。

 昨日の記事の続きですが、例の衆議院本会議場でのバンザイは、出席している議員の殆どがバンザイしていたのですね。というのも、総理による解散に抗議している野党などは、抗議のために本会議を欠席しているためで、ということは本会議にいたのは与党ばかりだということ。

 そして総選挙となるのですが、なんでも第2党の民進党は、その所属議員の立候補にあたっては、党の公認を出さないのだそうです。それじゃどうするのか、というと、例の小池新党、希望の党に公認してもらえと。それでは事実上、民進党は消滅なんですね。
 なんというか、民進党の前身、民主党のあの政権交代が、すごく昔のことの様に思えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議なバンザイ

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨夜からの雨がかなり激しく降っており、一部の鉄道路線では遅れが発生していたようです。下車駅から会社までの間にそれなりに濡れるのではないかと覚悟して出社したのですが、駅を降りると案に相違して雨は小降りになっており、助かりました。

 昼休みにデリバリーのお弁当を食べつつ、NHKの昼のニュースを見ると、衆議院が解散したことを報じていました。官房長官が何やら重々しい箱を衆議院議長の席に運んで行くと、議長はこれを開けて中の書類を読み上げて、解散になると。

 毎度この解散の光景を見て不思議に思うのは、議員が立ち上がってバンザイをしていること。NHKの画面なので衆議院の一部しか映っておらず、衆議院の全議員がバンザイしているかはわかりません。ひょっとすると与党自民党と連立している公明党だけがバンザイしていて、他の野党は憮然と着席しているということなのかもしれません。
 でも、議会を解散したということは、議員では無くなった、議員をクビになって只の人になったということなのに、それでどうしてバンザイなのかがよくわかりません。選挙に立候補して当選しなければ、そこには戻ってはこれないのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納豆ごはん

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、どうも西からお天気が下り坂であるらしく、しかし東京は日中はどうやら雨は降らずに済みました。おそらくは今夜半あたりから雨が本降りとなり、ピークは明日の朝あたりになるのではないかということです。

 一人暮らしをしていると、自分の朝食と夕食の面倒をみないといけない。朝食の方は、これはパンだから殆どルーティンワークであって特に悩みはありませんが、夕食の方は毎度どういうメニューにしようかなと悩むことしばしばです。
 時間とお金に余裕があれば、いくらでも作るメニューは考え付きますが、だいたいにおいて週末の土曜日か日曜日に次週の4日あるいは5日夕食分の材料をまとめて買ってしまうので、週末は兎も角、ウィークディは簡単に作れるおかずにならざるを得ない。
 仕事の都合で帰りが遅くなると、その簡単なおかずも作るのが面倒と感じる日もありますが、そういう時の強力な味方が納豆です。

 大豆原料の納豆は、まず良質なたんぱく質であり、ナットウ菌は胃酸に耐えて生きたまま腸まで届くので、整腸作用も見込めるそうです。あるいは免疫作用を高めるとか、諸々ご利益があるそうです。これだけありがたい食品なら、多少不味くても我慢して食べるべきでしょうが、これが納豆はご飯にかけて、つまりは「納豆ごはん」にすれば、これだけでご飯を食べてしまえるくらい旨い。地方によっては納豆は(たぶんアンモニア由来の)臭いで嫌いである、という人が多いそうですが、食べ慣れていれば全く気になることはありません。
 これだけありがたい食品な上に、納豆は貧乏人の味方とでも言える程安い。まあ概ね、スーパーでは一般的な量販品で3個1パックが100円以下で売っていますね。
 という訳で、我が冷蔵庫には納豆を切らしたことはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙が来る

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京も、ここ数日と同じ様な、終日穏やかなお天気でした。

 ところで、ニューヨークの国連総会に出席していた安倍総理が帰国して、「衆議院を解散します」と言われました。解散した衆議院は選挙ということになります。総選挙です。最近は総選挙が流行っていて、「○○総選挙」というのがよく聞かれますが、以前のこの記事でも書いたと思いますが、日本においては「総選挙」というのはただ一つ、「衆議院議員選挙」だけです。解散が無く、任期6年、3年毎の半数改選になっている参議院と違って、一気に全ての議席が選ばれる、だから総選挙なんですね。
 で、この総理の「解散宣言」に先立って、小池東京都知事が国政に打って出ることを発表した。都知事在職のままで、「希望の党」という新党を立ち上げ、その党首というか代表になるのだそうです。都知事はそのままやるそうだから、国会議員にはならないのですね。国会議員ではない人が、国政の政党の代表ってのもそれはどうなのか?という気もしますが、別に問題はないのでしょうね。
 上野動物園のパンダの名前がシャンシャンに決まったそうですが、公開は未だ2ヵ月位先だそうです。たぶんですが、この総選挙で自民党は多少なりとも議席を減らすだろうと思います。が、希望の党が大躍進というのも無いだろうと思う。自民党が減らした分を希望と他の野党が少しずつ分捕り、しかし衆議院の勢力図はそれほど大きく変わりませんでした、というのが小生の予想ですが、果たして?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼食の問題

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日、昨日に引き続き東京は穏やかな日よりの一日でした。

 さて、小生の勤務先の社屋が新しい建物に移って一週間が経ちました。この間、昼食はこれまでと同じデリバリーをしてくれるお弁当屋さんのお弁当を食べていたので、何ら変わりはありませんでした。

 しかし。

 当ブログを昔から読んでくださっている読者の皆様はよくご存知かと思いますが、小生は肉類が苦手(ハムやソーセージ、ひき肉を除く)という困った偏食の持ち主です。それで、デリバリーのお弁当のメニューを検討してメインのおかずが肉であるときは、弁当はとらずに自前で調達していました。
 昔の本社の時には、歩いて1分という近さでテイクアウト專門のお弁当屋さんがあり、ここに買いにいけば良かった。

 今度は、そんな近さにはお弁当屋さんがありません。で、本日はそのデリバリー弁当を注文していない最初の日でありました。
 昼休み、歩いて3分ほどの、最近開店したと思われる定食屋を発見し、入ってみました。ランチメニューは5種類くらいかな。あとテイクアウトのお弁当もやっている。アジの焼き魚の定食を頼んだところ、結構時間がかかりましたが、アジは大きくて割合美味しかった。コンビニでの調達よりはいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして親知らずは

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、時折雲が広がる時間帯もありましたが、全般的には穏やかで過ごしやすい一日でした。

 さて、先週土曜日の時点で、左下の親知らずが虫歯になっているというのを歯医者さんの検診で指摘されたことを記事に書きましたが、当方は歯の麻酔の注射が痛くて怖いから、という理由で治療の予約を入れておりました。しかし、良く考えてみると何しろ親知らずは一番奥で、ブラシが届き難いために虫歯になりやすいのです。ここで治療をしても、問題は先送りにしただけで、いずれまた虫歯になる、となれば、今抜いてしまった方が後顧の憂いを絶つ、という意味では良いのではないか、と思って、歯科医院に行ってから、その様なことを訊いてみました。

 すると、これまでの歯科医師ではなくて、院長の男性の先生が現れて、我が親知らずの状況を診てくれました。その結論としては、左の親知らずは上の歯も残っているから、下だけ抜いてしまうと上の嚙み合わせの歯が無くなってしまう、だから抜かないで治療しておき、今後もきちんと管理しておけば、大丈夫ではないか、ということでした。左下の親知らずは、たぶん20歳頃に生えたのだろう、とすると、30年以上は今の状態に管理できていた訳だから、ちゃんとメンテナンスに来てもらえばいいでしょう、との由。

 なるほど、そうか、と思って、抜くのは撤回して、治療してもらうことにしました。すると、その院長と思しき先生自ら虫歯の箇所を削ってくれて、その後を埋めて、治療は完了。ほんの5分位で終了です。
 治療代も1500円ほどで、これは定期検診より安いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋彼岸

 こんばんは、チェスです。

 土曜日、秋分の日の祝日で、休日です。所謂「彼岸の中日」で、まあ世間的にはこの日を「お彼岸」と称していると思います。
 東京は、昨日からの雨が朝のうちは少し残っていた様ですが、午前中で止んで曇り空。昼からは雲が切れて、日が差し込んできました。

 小生の父親の命日は、本日、9月23日です。つまり毎年墓参りに行く秋のお彼岸ということで、非常に覚えやすい。もっとも自分の父親の命日ですから、他の日だと忘れてしまうというのは、親不孝の誹りを免れないとも思いますが、ともかく我が父の場合には、どうも「必ず墓参りがある日にあの世へ行った」ということになっているわけです。

 弟は、もし今日が荒れた天気になってしまったら、墓参りは日曜日に延期と言ってきたのですが、実は明日の日曜日は歯医者で治療の予約を入れてしまっています。日曜日の延期はまずいので、何とか雨が上がってほっとしました。

 実家の墓のある、杉並区の高円寺の寺で弟と母と合流し、お昼前に墓参りを済ませて、一緒に昼食を取って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼休みの歯磨き

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、午前中は何とか曇り空で持ち堪えていましたが、昼過ぎからポツポツと雨が落ち始め、時折かなり強く降りました。
 おそらく西から進んできた秋雨前線の雨雲だと思いますが、明日の朝くらいまで雨が残る様です。

 ところで、昨日の夜にあった句会ですが、前半の被講では全く名乗れず、この調子だと2回連続のスコンクか、と覚悟した時に、漸く小生の句が読み上げられました。結局名乗りはそれ1回限りで、つまりは一句一点という結果ですが、まあ句会報には小生の作と名前が載るので良しとします。

 以前より小生は、会社で昼休みに歯磨きをするようにしていたのですが、歯磨きの場所としてはいわゆる「流し」で磨いていました。湯呑み、カップ、グラス類を洗う流しで歯磨きをするのは如何なものか、とは思っていたのですが、会社のトイレは建物が古いことが原因で下水の臭いが漂い、どうも歯磨きをしたい環境とは言い難かった。他の歯磨き仲間も「流し」を使っていたみたいです。

 今週の月曜日から、本社は新しい社屋に引っ越しをいたしました。で、トイレに行ってみると、これがさすがに広々としてキレイで、当たり前でしょうが下水の臭いなど微塵もしません。更に手洗いの水は、温水が出てくるというシステムです。これであればトイレで歯磨きしても十分快適で、新社屋では昼休みにトイレで歯磨きをしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコンクはいやだが

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、移動性の高気圧に覆われて、終日秋晴れの好天でした。気温は30℃に近いところまで上がった様ですが、湿度が低く乾燥していたためあまり暑さは感じませんでしたね。もっとも日中外に出ることは無かったのですが。

 さて、本日は木曜日の夜に開催されている句会があります。先月、8月開催のこの句会で小生は無念の無声に終わりました。句会の用語だと思いますが、出句した句全ての句に対して、どなたも採って下さらなかった場合、被講の時に名乗ることができないわけですから、声を上げること無し、つまり無声という意味なのでしょうね。小生はどなたにもわかりやすく、無得点=スコンクと言っています。
 でも、別に句会の場というのは、得点を競う場ではないわけです。勿論3点、4点入った句の作者は、後で皆から祝福されます(5点も入れば十分高得点)が、勝った負けたという話ではない。
 問題は、その句会が終わったあとで、事務方というか、お世話役の方が、句会の結果をまとめた「句会報」というのを作って、会員に配信して下さいます。この句会報には被講された句だけが掲載されますので、すると無声に終わってしまうと、句会報には何も載らないということになる。折角あれこれと無い智恵を絞り、自分なりに工夫した句を持って参加したにもかかわらず、句会報の上では参加していないも同然になってしまう。
 これはどうも、いかにも寂しい。

 ただ、句会で高得点を取りたい、皆から褒められたい、というのが動機で、俳句を作っている訳ではないのですね。俳句を作るのは、あくまで自分のためであって、句会への参加は作句のための勉強の意味が主なのです。ところが一度無声をやらかしてしまうと、上記の様な理由から、「次回は必ず、最低1回は名乗りたいものだ」と強く念じてしまい、作句の際に「採られるかどうか」と邪なフィルターを自分で入れてしまう。これはまずいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩行喫煙や自転車喫煙も

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、割とぶ厚い雲が覆っている朝でしたが、天気予報は雨の心配はない、と言われていたので、傘は持たずに家を出ました。
 がしかし、途中でポツリポツリと雨が落ちてきて、なんじゃこりゃ~と思ったのですが、大したことはありませんでした。

 国連総会が始まり、毎度お騒がせ男の米国トランプ大統領は、北朝鮮を相当に罵る演説をしたみたいです。全部を聞いたら面白いのでしょうね。今度は、あの北朝鮮の例の女性アナウンサーはどんな放送で反応するのか。
 まあ、何しろ軍事的なオプションはリスクが大きすぎて、如何にトランプ大統領が脅しをかけようと、それは実施できないのです。となると、北朝鮮を核保有国家として認めるより他はないのか、と、だんだん困ったことになってきた。過去のことを言っても詮無いですが、結局昔やっていた「6ヵ国協議」というのは、北朝鮮にとっては核開発の時間をもらった様なものでしたね。

 話変わって、喫煙の問題です。国のレベルではどうも飲食店に対する受動喫煙対策は大幅に後退してしまいそうですが、東京都は小池都知事になって、ギリギリバリバリとやるようです。まずは第一段として、こんな条例案が都議会に出されたそうです。
 都議会は、都知事与党の都民ファーストと、事実上与党の公明党を合せて過半数ですから、この条例案は可決されるでしょう。
 そして、第二段、第三段と受動喫煙防止条例案を繰り出し、タバコの煙をお店から締め出してくれれば有り難いし、これだけをもって小生は小池都知事を名知事として評価いたします。
 更には、歩きながらや、自転車を走らせながら、タバコに火をつけて煙を吐き出している連中も、条例違反でビシビシと取り締まってくれる様にしてくれれば、次の都知事選は小生は小池都知事を支持いたしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勤務先の昼食

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝は少し雲がありましたが、その後は概ね晴れました。

 昨日は午後出勤はしたものの、ほぼ引っ越しのみで時間は過ぎていき、実質的に新しい社屋での業務開始は本日からです。

 昼食の時間、昼休みになると、新社屋では、「カフェテリア」と呼ばれているスペースで昼食をとります。前にも書いたかもしれませんが、以前の本社の食堂に比べれば大変にお洒落で綺麗な空間です。なるほどこれなら「カフェテリア」と呼ぶのも納得です。

 但し、テーブルに「出来ますもの一覧」のメニューがあるわけでなし、食べるのは従来と変わらずの仕出弁当屋のデリバリーされたお弁当です。
 しかも、前の本社では、近くにテイクアウト專門のお弁当屋があって、小生は結構重宝していたのですが、新本社では近くにはそうしたお店は見当たらない。更にはコンビニも少し遠くなってしまった。ということで、新しい本社では、食べる環境は綺麗になったものの、昼食そのものは全く変わらず、どころか仕出弁当屋に大幅に頼らざるを得ない、という状況です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本社引越し

 こんばんは、チェスです。

 台風は、富山県から日本海に抜け、速度を速めて北上、北海道に再上陸して、日本列島を大縦断していきました。台風が抜けた東京は文字通りの台風一過、晴れて残暑厳しい一日でした。

 敬老の日、世間的には休日になっていますが、小生の勤務先は元々出勤日のカレンダーとなっておりました。
 しかし、本社の社屋の引っ越しに充てられていたので、運送業者さんが最後の詰めをしており、我々が出社するのは午後2時ということになっておりました。
 それで、午前中はいつも水泳部で練習に使っている北区の公営プールに行って少し泳ぎ(あまり泳ぐと午後の仕事に差し支える)本社へと行きました。最初はこれまでの本社で、積み残しが無いかというチェック。

 そして新本社へ。実は小生は、今日が初めて入る日で、どんな様子なのかワクワクしました。
 さすがに新しくなにもかも綺麗で、ここで今度は仕事をするのか、と思うと、まるで転職でもしたかの様な気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プール静寂戻る

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、やはりというか、朝から雨が降っており、時折強く降る時間帯もあって、台風が秋雨前線を刺激して雨を降らせているのだろうと思います。その台風ですが、東シナ海を北上しているときにはいかにも速度が遅く、時々気象庁のサイトを見ては様子をうかがっていたのですが、その方向はともかくとして、速度の方が「ゆっくり」とか表現されていると、台風が接近している鹿児島県の南の方の方々はいらいらしていることだろうと思います。

 その台風は鹿児島県に上陸して、宮崎県から一旦海上に出て、再び高知県に上陸した様です。さすがにこのあたりになると、所謂偏西風という強い西風に乗って、台風の速度も上がってきた模様です。先程、また気象庁のサイトで台風情報を確認しましたら、北東に35kmという情報になっていましたから、おそらく今夜中には速度も上がってきて、四国から大阪あたりに再上陸、石川県か富山県のどこかで日本海に抜けるという進路を取るのではないかと思います。この進路だと、東京はあまり大きな影響は受けずにすみそうです。

 今週の木曜日は、先月スコンクという不覚を取った句会があります。その句会へ出句する俳句を揃えておく必要がありますが、昨晩あたりからどうも唸ってばかりで良い発想が浮かんでこない。仕方ないので、スポーツクラブへ行って泳いでこようと思い、午後少し遅い時間になりましたが、出かけました。
 8月の間は、日曜日も子供達のクラスがあって、プールは大層賑やかであったのですが、今日はキッズのクラスは無しで、プールには静寂が戻っておりました。

 さて明日はいよいよ小生の勤務先の本社が移転して、最初の日となります。午前中は未だ運送業者の仕事中ということで、新社屋には14時出社という話ですが、どんな社内になっているのか、中々楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親知らず

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝から雲が厚く垂れ込め、いつ降り出してもおかしくない空でしたが、何とか一日曇りで持ち堪えたかな・・と思っていた夕方、ついにポツポツと雨が落ちてきた模様です。明日の日曜日は本格的な雨になりそうですね。

 今日は、約3ヵ月に一度の歯科医院の検診チェックの日でした。朝10時の予約に合わせて行きまして、実は少々気になることがあったので、歯のクリーニングの前に説明しました。
 約1か月くらい前、丁度お盆休みの頃かな、上の左の奥の方の歯が、冷たいものに触れるとちょっと沁みる様な感覚があり、こいつは虫歯かしらん、とは思ったのですが、それが何故だか次第に無くなって今は何ともなくなってしまったのですね。
 で、これこれだ、と言ったところ、この先生、若い女性の歯科医師なんですが、歯のクリーニングが終わってからちょっと見てみましょう、と見てくれたのですが、少し黒くなっているかなあ、位のことで、今治療が必要な状態ではない、ということでした。

 それは良かったのですが、その下、つまり左の下の奥歯、これは親知らずが残っている所なんですが、ここが虫歯でちょっと穴が開いていると。親知らずだから、抜いてしまうといい、と言われたのですが、小生の場合、そう言われても、ハイそうしましょう、と簡単に言えない理由があるのです。
 歯を抜くとなると、当然ですが、麻酔の注射を歯茎に打たれる。この、歯茎に打たれる麻酔の注射が、痛くて怖いのです。
 麻酔薬が入っていくところが、ともかく痛い。
 と思っているので、できれば抜歯は避けたいと考えているのです。で、その説明をしたところ、それなら抜かずに治療しましょうか、ということになり、来週改めて予約を入れて、その左下の親知らずの治療をしてもらうことになりました。

 歯の麻酔の注射、最後に打たれたのは10年位は前だと思うのですが、今も特に変わってはいないのでしょうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カッシーニ 任務終了

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京はまだ穏やかな一日でした。
 小生の勤務先ではいよいよ本日、本社の移転という大イヴェントの当日となり、昼からは通常の仕事はほぼ止まり、在籍の全員が引越し荷物のパッキングに追われました。
 夕方になると運送業者がやってきて、さていよいよ引越しが始まります。
 月曜日の午後、今度は移転先の新本社へと行って、荷物を出す仕事があるわけです。

 大イヴェント、と言えば、NASAが1997年に打ち上げた土星探査機「カッシーニ」が、本日ついに土星の大気圏に突入し、その任務を終えました。
 この探査機は、7年かけて土星へ着き、ホイヘンスプローブを衛星のタイタンに突入させ、タイタンの観測を成功させました。
 勿論カッシーニ本体は、土星の様々な観測を続け、膨大な知見とデータを送り続けました。
 イタリア出身で、フランスの天文学者であるカッシーニは、土星の環の隙間を発見したことで、その隙間に名前が付きましたが、今度は偉大な探査機に、その名をとどめることになったわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不倫報道

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、南西諸島では台風が不気味な動きをしていますが、東京は今の所穏やかで風もなく、残暑で昼間は蒸し暑い一日でした。
 勤務先の会社は、いよいよ明日に迫った移転の引っ越しのため、事務所は戦場のごとき様相になっています。

 ところで、最近は政治家とか芸能人の不倫に関する報道が盛んで、小生など、まことに鬱陶しいとうんざりしております。

 小生としては、例えば政治家であれば、そちらの手腕、能力がしっかり発揮されれば、不倫問題なんつーのは、どうでもいいとは言いすぎですけれども、それは言ってみれば個人的な問題であり、公人としては切り離して考えるべき、と思っています。
 芸能人であってもそれは同じ。
 なんだかんだと記者会見していますけれども、そんなのも不必要だろうと思っています。不倫がバレたなら、配偶者から責められるでしょうけれども、それをマスコミを前にして赤裸々に報告しなくても別にいいでしょう。結局、「大衆が知りたがるから、マスコミは報道するのだ」ということになるのでしょうが、そうだとすると我々国民は大したことはないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車内読書

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日の怪しいお天気から回復して、晴れ間広がり気温上昇という一日になりました。

 当ブログの読者様は小生の通勤経路をご存知と思いますが、毎朝、東京メトロ千代田線からJRの京浜東北線に乗り換えてあります。京浜東北線の北行電車は空いているため、今朝も空席を見つけてヤレヤレと座らせてもらい、何気なくお向かいに座っている面々に目を流すと、ロングシートの端に座っている30台位の男性が気になりました。
 この人、スマホを熱心に眺めている様子で、別段それ自体は珍しくもなんともありませんが、その表情たるや、面白くて仕方がない、という笑顔でにやついている。
 最近の漫画週刊誌を買わなくなって久しいので、どんな漫画が流行っていて主流なのか知らないのですが、漫画週刊誌を読んでいて、可笑しくて仕方無い、とにやついているならば、これはその表情は面白い漫画を読んでいるのだろうね、と容易に推測できます。
 処がスマホの画面に表示されている、いったい何が面白いのか、となると、これはわからない。ツイッターやラインの画面なのかもしれないし、ひょっとすると電子書籍で漫画や小説の読書中なのかもしれない。それにしても人前であんなに表情を崩してしまうというのは、ちょっとどうなのだろうね、自分で気にならないのかな、と思ってしまいます。そんなに面白い本や漫画なら、ちょっと読んでみたいとも思うけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日暮里駅のホームドア

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝から小雨が降ったり止んだりという一日でした。
 湿度が高いためか、気温のわりに蒸し暑さがある、梅雨時を思い出すような不快な感じでした。

 JR東日本の、首都圏を走る電車の路線では、真っ先に山手線が走る各駅にホームドアが設置されていきました。ホームドアの導入は東京メトロがかなり積極的で、小生の勤務先の近所を走る東京メトロ南北線では、開通時からプラットフォームと線路とを完全に分離するホームドアが設置されて、注目を集めたものです。
 現在は、既に開通してかなり経つ路線にも、徐々にホームドアが導入されていますね。

 では、JR東日本は、山手線は兎も角、他の混雑路線はどうなのか?というと、これが実のところ、中々進んではおりません。

 しかし、プラットフォームからの転落事故というのは、「ながらスマホ」の激増もあって、近年頻発しているらしい。「ながらスマホ」は大怪我でもして痛い思いをしなければ、多分止めないでしょうからね。
 で、転落事故防止の決定的対策として、ホームドアが有効なのは、これは誰しも認めるところである。そこで、特にプラットフォームが朝夕猛烈に混雑する駅を重点的に対策していく、という方向になったらしいのです。
 ホームドアの設置が無かった、京浜東北線においても、赤羽駅では何時のまにやら設置が済んでおりました。赤羽駅というのは、宇都宮線、高崎線という両中距離通勤路線からの京浜東北線への乗り換え客が多いことで有名です。で、真っ先に対策の対象になったのでしょう。
 そして、我が西日暮里駅です。元々、常磐線各駅停車との直通運転を計画された地下鉄千代田線との乗り換え駅として新設された駅だけに、千代田線とJRとの乗り換えは真下と真上で便利にできています。それだけに乗り換え客は多い。朝など、プラットフォームがぎっしり一杯になることもあります。それでJR東日本としても、「対策が必要」となったのでしょう。
 本日から、京浜東北線の停車位置が日暮里寄りに移動することになりました。ということで、工事が始まるものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十字屋ついに閉店

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日の東京は、薄雲広がるもお天気の崩れは無く、まずまずのお天気でした。西から低気圧を含む前線が伸びてきているので、明日あたりは雨が降るやもしれません。

 先週末、東京に来ていたカミさんからの情報ですが、山形市内の残り2軒になっていたうちの1軒、「山形十字屋」が、とうとう来年1月末をもって閉店になる、と聞きました。
 JR山形駅の東口~元々こちらが賑やかで中心街に面しています~から、山形県庁へ向かう広い道路を東へ向かうと、最初の交差点の右側に立っているのが十字屋という百貨店です。十字屋という会社が営業していたそうですが、地方の百貨店は営業不振で次々閉店、頑張っていたこの山形店も、中合という会社に営業権を譲渡してしまったので、現在は中合の経営による百貨店であったのですが、売上は持ち直さず、更に入っているビルが耐震基準を満たさないことが判明。ビルの所有者とは耐震改修の折衝をしたようですが、工期が長くなることや、その後に賃貸料が高くなることなどから、ついに閉店の発表となった模様です。

 十字屋の立地は、前に書きました様に決して悪くはありません。但し、山形に限ったことではないのですが、駅の近くのかつての中心街から、郊外の広大な土地を持つ巨大ショッピングモールや複合商業施設に、買い物客の流れは完全に移り、いかんともし難いのでしょうね。
 同じく山形市街中心部にある、残り1店となってしまう百貨店は大沼と言いますが、果たしてどの程度粘れるのか。また、十字屋が閉店した後のビルの処理はどうするのかなどが次の関心事になりますが、ドーナツ化を食い止めるのは困難でしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロコモコ丼

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京も、昨日同様、晴れて気温が上がり、残暑の一日でした。ただ、昼間は確かに暑いのですが、日が落ちるのが早くなったためか、夕方からの風は涼しく、これはやはり秋だな、と感じる次第です。

 金曜日から来ていたカミさんが昼過ぎの新幹線で山形へと戻るので、小生の実家の鳥越に寄ったあとで上野駅まで一緒に来て、上野駅の中で昼食を食べました。昨日の昼はちょっとお金を使いましたので、今日は質素で、ロコモコ丼というのを食べました。
 カレー皿の様な器にご飯、その上にハンバーグ、野菜、温泉卵なんかが盛られている奴で、ハワイの方の「ロコモコ」という料理の日本風なんだろうと思いましたが、まずまず美味しかったです。

 カミさんは無事に山形へと戻っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺のフレンチ・イタリアン

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、久しぶりに朝から晴れて気温が上がり、「残暑厳しい」という感じの日が戻ってきました。

 カミさんが東京に来ている週末ですので、昼から2人で表参道に行ってみました。
 一頃非常に人気を博していた「俺の」のフレンチなどは、立食のレストランであったと思いますが、この表参道にある「俺のフレンチ・イタリアン」はちゃんと椅子がありました。外から見ると空席も見られたので、入れるかと訊いたところ、OKだというので、入って昼食を食べることにしました。

 なるほど確かにお料理の値段は安いのですが、「テーブルチャージが600円、飲み物を注文すること」という仕組みであり、これらを含めたランチのお値段としては、特に安いと強調することはできないな、と思われます。

 ただ、我々が入店してすぐに、ピアノとフルートの生演奏が始まり、これは中々良かったです。
 「俺の」シリーズも、当初とはスタイルがだいぶ変わっているのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドトール撤退

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は暑さ戻りました。
 綾瀬駅東改札を出ると、ドトールがあるのですが、貼り紙があって、9月30日で閉店と告知されておりました。
 結構お客さんが入っていたので理由は不明ですが、さて、後はどんなお店がはいるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日産リーフ

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昼頃からポツポツ、午後は時折しっかりと、という感じで雨が落ちてきて、しかし降り方は弱い雨でしたので、天気予報を信じて長い傘を持ってきたのはちょっと失敗だったかな、という感じ。しかしこれが逆の方向に予報が外れると、猛烈に怒ることになるでしょうね。

 昨日の水曜日の夜は、結社の中でも比較的若い人中心の、少人数句会の日でした。先月の木曜日の句会で、久しぶりのスコンクをやらかしてしまった、という記事を書いたので、今回はちょっとビクビクして「スコンクだけは避けたい」と念じて投句しましたが、2句に1点つづが入りましたので、まずは一安心です。

 話変わって、クルマの話題です。我が国でのエコカーの主流は、プリウスに代表されるハイブリッドカーですが、100%蓄電池=バッテリーで公道が走れる純粋の電気自動車もありまして、それが日産自動車のリーフです。
 2010年の登場以来、7年が経過しましたが、つい昨日、フルモデルチェンジされた2代目のリーフが発表になりました。販売は来月からになるそうです。
 電気自動車の弱点は、登場以来言われてきたことですが、一回の満充電でどの位走れるかという、いわゆる航続距離の問題。そして充電に要する時間がかかり過ぎる点。それから充電施設、特に急速充電ができる施設が少ないという点。

 最後の1つは、インフラの問題ということになりますので、ひとり日産のみではなかなか充実させるのは困難なのですが、少なくとも高速道路のサービスエリアや、道の駅などには設置されるようになったとのこと。この7年で相当に増えたそうです。
 で、今回のモデルチェンジで、航続距離も200km程度まで伸びたとのこと。勿論これはカタログスペックでしょうから、クーラーをガンガンかけたらまた短くなるなどでしょうが、少し実用に耐えるようになったかと思います。
 問題は充電時間で、これがガソリン並とは言わないけれども、5分くらいで満充電できると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米寿

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、出勤時は未だ曇り空だったのですが、昼頃からポツポツと雨が落ちてきて、午後は道路がしっかりぬれる程度に雨が降りました。気温も昨日の蒸し暑さからだいぶ下がって、涼しい一日でした。

 さて、山形のカミさんの母~小生からみると義母ということになりますが、7月末で満87歳になりました。
 現在我々は誕生日が来たときの「満年齢」で年齡を数えますが、昔の人は「数え年」で年齡を数えることが多かったらしいです。即ち、生まれた「年」のみが重要なのであって、誕生日というのはあまり意識されなかったのでしょうね。数え年だと、生まれた年は「1歳」に数えてしまい、次の1月1日が来たときに1歳年をとる。
 この数え年方式だと義母は今年88歳になってしまうわけです。
 ところで、長寿のお祝いは、還暦以降色々とあって、88歳は「米寿」になります。88を漢数字で書くと、八十八で、「米」の字を分解すれば八十八と読めるからだそうです。結構強引な気もしますが、まあそれはいいでしょう。

 現在の日本の平均寿命からすれば、この米寿あたりからが「長寿」の実態に即しているとも言え、これはやはり米寿のお祝いをせねばなるまい、ということで、カミさんが週末に東京に戻りますので、そのあたりの相談をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうやら判明

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨日と似たような曇り空でしたが、随分涼しかった昨日とは違って気温が上がり、この季節なりの蒸し暑さがありました。

 ところで、小生の家で育てている(たぶん)観葉植物の名前が、ひょんなことから判明しました。
 コルディリネ、あるいはドラセナ、のどちらかだろうと見当をつけました。

 元はと言えば、かなり昔にうちのカミさんが、派遣で働いていた会社から退職した時かな、貰ってきた花束を花瓶に挿していたのですが、花がだんだんと枯れていく中、細長い綺麗な緑色の葉っぱのみだったその元の方から根が出てきて、これはひょっとすると着くのではあるまいか、と植木鉢に植えたらこれが見事に着いて、更にぐんぐんと背を伸ばしてきたため、鳥越の実家にあった大きな鉢を持って来てこいつに植え替えたところ、更に背を伸ばし、しかし葉が出てくるのは伸びた上の方だけで、下の方は全くの坊主状態になってしまった植物なのであります。名前も知らないのに水や時々肥料をやり、育てておりました。

 どちらかというと、コルディリネ、ではないかなあ。もう、そろそろこれ以上背の高さを伸ばすのは止めにしたいのですが。リヴィングルームの中で葉っぱが顔に当るくらいで些か邪魔になってきましたのでね。と言って、切ってしまうのも可哀想かと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季重なり

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、ひんやり涼しい曇り空でした。午前中は雨も落ちてきましたが、もはや半袖では寒いという気温ですね。
 例の北の核実験のために、本日緊急の国連安保理が開かれる予定ですが、そうこうしているうちに、韓国の国防省の発表では、北は次のミサイルを発射する兆候がある、ということ。今度はICBMかもしれないとも言われていて、もうやりたい放題です。

 この件は、小生如きがあれこれ言ってもどうしようもありませんから、報道番組の解説でも見る事にしましょう。

 ところで、この週末は前にも書いた様に、俳句を作ったりその推敲をしたりする時間を、かなり割きました。

 俳句は未だ初心者のレヴェルを抜け出せないでいるのですが、その初心者がたぶん必ず悩むのが、「季重なり」という問題です。

 一応、俳句を作る上での注意点として「季語は一句の中には一つ」というのがあります。季語というのは、歳時記に季節別・項目別に編集されて載っていますから、「この言葉は季語になっているか」と思ったら歳時記の索引を引くか、電子辞書で調べればわかる。ですので、面倒がらずに怪しいと思ったら調べればいいんですが、季語というのは思った以上に多いです。
 ただ、上記は厳格なルールという訳ではない、というのが、益々初心者には分かり難いところ。有名な俳人の作品には、一句に複数の季語が入っているのが結構あるんですね。で、「メインの季語として使っているのはこれだよ」と読んでわかるように使えばいいのだ、ということなのですが、うーん。
 初心者は、「一句に一季語」を守っていた方が無難の様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の核実験

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、もはや完全に秋の空気感が支配しているという一日で、昼まで家の中でのんびりしておりました。
 俳句の方をそろえていかないと、今月中旬に締め切りのある俳句結社が募集する賞へ応募できなくなってしまいます。
 当初作った俳句を少し経ってから冷静に読んでみると、これが何だかつまらない俳句に思えてしまう。そこを何とかしようと推敲するわけですが、色々いじってもダメなものはダメ、という時は、これはもうすっぱり切って、別の素材に変えるしかない訳ですが、そんなことをやっていると時間がいくらあっても足りない。どうも今年もよろしくない調子です。

 さて、昼頃に、どうもカリアゲ独裁者の北の国が核実験をやったらしい、と政府が発表しておりました。概ね、地震波が観測され、その地震波は自然のものではない、となったらこいつは核実験でしょうと推測されるらしい。
 そうこうするうち、北の国の放送が「水爆実験に成功した」と報道しました。さすがにこれはもう間違いないでしょう。

 いよいよ、核爆弾と長距離を飛ぶミサイルとが結合して、かの北の国はどえらい軍事技術を手に入れたということでしょうね。

 一旦手に入れた核ミサイルを、何か言われたからといって手放す筈もなく、隣に住んでいる我々としては、いったいどうしたものかと困り果てるわけです。まさかこうなったら、こっちも対抗して核武装か?という話にはならないと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風は東寄り

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝のうちは雨が降っており、気温も低めでした。昼頃までは曇り空でしたが、昼過ぎからだんだんと雲が取れてきて、夕方にはすっきりと秋晴れになりました。気象庁のウェブサイトで台風情報を見ると、小笠原に大雨を降らせた台風15号は、勢力は依然として強いもののコースはどうやら日本本土にはほとんど影響のでない東寄りを北上するようで、おそらく明日の日曜日には北海道の東あたりまで行ってしまうでしょう。

 懸案というか、心配事として、鳥越の実家の雨漏り対策の工事、9月1日~5日の期間ということでしたが、どうなるだろうか、と思って、夕方鳥越に行ってみました。
 まだ南側側面に対する足場はかかっていましたが、弟に訊くと昨日の金曜日にシーリングの工事は終わったらしい、ということ。
 取り敢えずはひとまず雨漏りの対策はできたと言ってよいでしょう。

 明日の日曜日に誕生日の弟のために、母親と3人で食事にでました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルゴデスク

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、台風15号の影響がじわりじわりと出始めているためか、東京も少し怪しい雲行きではありましたが、しかし金曜に限っては雨は落ちてはこなかった様です。

 さて、小生の勤務先の会社の、本社移転がいよいよ約半月後に迫り、今日は運送会社により引っ越し関係の説明会がありました。
 会社で小生が管理している資料類についても、引っ越しの荷物に入れるもの、この際だからと捨ててしまうものと分けておりましたが、その「捨ててしまうもの」についてもラストスパートで紐で縛って捨てまくりました。
 現在の会社の建物の裏手に、古本古雑誌古新聞などをまとめておく小屋があり、そこへ入れるのですが、途中、パソコンデスクが(たぶん)廃棄物として置いてある。そういえば、昔のパソコンは本体もモニターも大きかったし、プリンターは本体に直接繋いで使っていたので、プリンターを置くためのスペースも必要だった。モニターも、昔のテレビ(CRT=ブラウン管)の如きものだったので、大きく嵩張るもので場所を取ったものです。それらを一まとめに設置するためのキャスター付きのオフィス家具がパソコンデスクという訳です。
 今は液晶ディスプレイなので普通の事務机の上に置いていますし、パソコンの本体も小さくなって場所を取らなくなりました。モニタ一体型の本体というのもありますしね。従って、パソコンデスクなんていうのは不要になったわけです。

 実は小生は、昔「エルゴデスク」というのを買って、使っておりました。パソコンのモニターがCRTの時の、専用パソコンデスクです。普通のパソコンデスクはキーボードの奧にCRTを水平に置くだけですが、エルゴデスクの場合には、CRTの表示面が斜め上を向くように、キーボードの向こうの下側に沈み込ませる様にCRTを設置します。そちらの方が人間の健康にとっては良い、とか、視線が下を向く方が自然で疲れない、とかもっともらしい理由がついていたと思います。

 パソコンのモニターがCRTの時には重宝して使っていたのですが、液晶ディスプレイに代えたとたんに、これは使えなくなりました。致し方なく粗大ゴミとして処分したと思いますが、昔のCRTを水平に置くタイプのパソコンデスクであれば、転用が効いたのです。という訳で小生は会社から不用品として出てきたパソコンデスクを未だに家で使っています。エルゴデスクは確か特許を取っていて一社が独占して製造販売していたと思いますが、あの会社は果たしてあの後どうしたのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »