« 連続降雨途切れる | トップページ | 西瓜 »

汁椀の蓋

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、午前中は薄雲が広がって、またまたはっきりしないお天気になるのかな、と訝しんだのですが、昼頃になって雲が取れてくると猛暑襲来という按配になり、どうやら小笠原高気圧はまだまだ健在の様です。

 本日は大したニュースもなく、小生も特段ご報告事項もありませんので、火曜日のことを書きます。

 火曜日の会社が終わった後、水泳部と称してプールに寄り、積極的に練習に取り組むでもなく(しかし久しぶりに背泳の練習をした!バックキックで足が攣りそうになった!)だらだらと泳いで、帰宅途中に愛用している「松屋」にて夕食を食べたわけです。

 いつもですと、カレーということになるのですが、火曜日はブラウンソースハンバーグ定食を注文しました。松屋だと食券を買います。
 暫し待って、このハンバーグ定食が運ばれてきました。何か、いつもと違う、何が違うのだろうか?と思って、味噌汁のお椀に蓋が付いている!更には、その味噌汁の椀の下に、小さな網の目上のシートが敷かれている。

 調理場から客の前に運ばれるまでに、何かが入り込むのを予防しているのでしょうか?とすると、ハンバーグやサラダ、ご飯の容器には蓋が無い事と整合性が取れません。なぜ汁椀だけに蓋が?と理由を考えると、これは味噌汁に起因した何か事故があったのかもしれない。
 例えば輸送中にお盆が傾いて、味噌汁がこぼれて客にかかるとかいった事故があったのだろうか、と想像すると、味噌汁椀が滑り難い様に椀に滑り止めシートが敷かれている理由がわかるような気がします。
 蓋がついたからと言って、味噌汁が美味しくなったわけはないのですけれどもね。

|

« 連続降雨途切れる | トップページ | 西瓜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65704286

この記事へのトラックバック一覧です: 汁椀の蓋:

« 連続降雨途切れる | トップページ | 西瓜 »