« 久しぶりにスコンク | トップページ | プール »

みちびき3号機打ち上げ

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京は、もうこの言葉は使い飽きたという感じですが、まさに梅雨空の続きというが如しで終日どんより曇り空で・・と思っていたら夕方から西の方から雷と黒い雲が押し寄せてきて、かなり激しい雨が降りました。豪雨で、本日開催予定の多摩川の花火大会は中止になってしまった様です。

 関東地方は斯様な不安定なお天気だったのですが、西日本は晴れていたようで、本日14時29分、種子島宇宙センターから「みちびき3号機」を搭載したHⅡAロケットは無事に打ち上げに成功、衛星を分離して軌道に投入しました。
 これで、2010年に初号機が上がった「みちびき」は2号機、3号機と合わせて3基となり、更に10月には4号機を打ち上げて4基体制で来年のサービス投入になる予定だそうです。

 今回の3号機は、赤道上空3万6千キロに投入される眞正の静止衛星だそうですが、4基併せて使われる位置測位システムとしては「準天頂衛星システム」というのだそうです。天頂というのは、文字通り、頭のてっぺん、真上のことでして、例えばカーナビなどに使われる位置測位衛星は、常に日本の真上に占位してもらうのが理想的です。ではありますが、我が日本のある場所は地球の中緯度でありまして、この真上にいつも衛星を留め置くというのはできない相談です。そこで、4基の衛星を使ってどれかの衛星はいつも日本の真上にあるような軌道に投入することで、従来のGPS衛星と併せて物凄く精密な位置測位ができるようになる・・のだそうです。

|

« 久しぶりにスコンク | トップページ | プール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65685161

この記事へのトラックバック一覧です: みちびき3号機打ち上げ:

« 久しぶりにスコンク | トップページ | プール »