« 将棋の思い出 | トップページ | 投票先が・・ »

パラワラですか?

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、午前中雨が降り、午後はどうやら上がりましたが雲は取れずという感じで、梅雨空の一日でした。

 都議会議員選挙で毎日五月蝿い東京ですが、どうも都議会自民党はイマイチ勢いが無いようです。稲田防衛大臣という困った人の困った言動も自民党の足を引っ張っていますが、既に自民党からは離党したとは言え、大変な人が代議士やっているな、と思ったのが、連日、秘書への暴言に暴行をはたらいた報道が流れている豊田真由子氏。
 経歴みると、超のつく進学校の中・高校を出て東大法学部を卒業、当時の厚生省に入省したキャリア官僚で、官僚時代にアメリカのハーバード大に留学。帰国後は厚生労働省の課長補佐になり、その後に官僚を辞めて自民党の埼玉県の選挙区から出馬、当選。
 官僚を辞めて政治家を志したのは、東日本大震災の復興が進まないことがきっかけだったそうです。(以上はWikipediaより)

 もう、絵に書いた様なエリートですね。東大法学部から中央官庁のキャリア官僚。そこから自民党代議士への転身。

 ところが、この人の事務所では秘書が次々辞めていくのだそうですね。今回の報道に接するに、そりゃそうだろうね、と思うのは小生だけではないでしょう。今回の秘書に対する暴言について「パワハラ」と表現した報道も当初あったかに思いますが、もし殴って怪我をさせていたというのが本当ならば、それはパワハラどころの話ではなくて、傷害罪になりますよ。刑事事件です。

 パワハラというのは、優越的な地位や立場を利用して、部下などに対して嫌がらせや行き過ぎた指導などあった場合をいうのであって、今回の報道された事件は、それどころではない。ところが、労働環境を守るための役所である厚生労働省のキャリア官僚だった人からこういう事件が明るみになったというのは、これ以上の皮肉はないでしょう。
 自民党を離党した、というのは都議会議員選挙への悪影響を最小限に抑えるためなのでしょうが、手遅れですよ。衆議院議員を辞職しないのであれば、次の衆院選はどうするのだろう。まさか無所属で立候補なんて鉄面皮なことは無いでしょうが、そんな人はばっさりと落としてもらいませんとね。

|

« 将棋の思い出 | トップページ | 投票先が・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65468597

この記事へのトラックバック一覧です: パラワラですか?:

« 将棋の思い出 | トップページ | 投票先が・・ »