« 風呂掃除 | トップページ | パラワラですか? »

将棋の思い出

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝のうち、ごく弱い雨が落ちた様だったのですが、傘をさすまでもなく、基本的には曇り空の一日でした。

 昨日の夜だったか、今将棋界で一大ブームとなっている最年少プロ棋士・藤井四段がデビュー以来の公式戦無敗で29連勝となったとニュースになりました。実のところ、中学生で14歳のプロ棋士、というだけで十分凄いのに(現在10代のプロ棋士は彼を入れて2人しかいないそうです)その人が公式戦29連勝で、これは新記録。もう頭の中が「!」のマークだらけですね。
 まあ、人間の脳細胞というのは、小生の如く50代半ばともなれば、最早死滅していく一方であって、それを考えるなら脳神経細胞の働きのピークは良いところ20代で、それを過ぎればあとはそれまでの経験の蓄積でだましだまし脳みそを使っていくのだろうと思います。
 となれば、中学生の将棋の天才が出てきても、実はそれほど驚くことはないのかもしれない。

 ところで小生は、囲碁に比べれば将棋の方は、まだしも出来るのですが、これが全くヨワい。
 将棋は亡父に習ったのですが、センスが無いのか、何が悪いのか、暫くやってもさっぱり上達せず、上達しないと面白くないものですから、そのうちに将棋そのものを止めてしまいました。あまりにヨワいので、亡父は飛車角落ちというようにハンデをくれるのですが、それでも負けてしまう。小生が上達しないものだから、教える方も張り合いが無いらしく、亡父も途中からあまり教えてくれなくなりました。しかしそれはこちらにも言い分があって、「教え方が悪いから上達しないのだ」と思っていたのでたちが悪いですね。あれは、駒の動かし方が分かったからと言って上手くなるものでもないですからね。

 まあ、いずれにしても、藤井四段にはこのまま真っ直ぐに伸びてほしい。今研究開発の進展しているAI将棋もやっつけて、「人間の棋士健在」をアピールしてほしいと思います。

|

« 風呂掃除 | トップページ | パラワラですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65464727

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋の思い出:

« 風呂掃除 | トップページ | パラワラですか? »