« つばさ192号 | トップページ | 山形土産 »

藤の花

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は薄曇りの朝でしたが、晴れに近い空と言って良く、気温も案外上がらなかった感じで結構快適でございました。
 昨日、山形から乗車した「つばさ」は指定席ががらがらで、大変快適でした。この路線はなんと言っても上り電車の場合には米沢~福島の所謂板谷峠越えの区間が、車窓としては白眉だと思っています。

 夕刻ではありましたが、昼の長い現在のこと、福島に着くまでに十分景色を堪能しました。

 で、あちらこちらで山に咲く「藤の花」を見かけました。
 「藤の花」というのは、どうしても藤棚を造って、その棚から下がる沢山の藤を連想し、小生は東京下町の出身ですから、亀戸天神の藤をよく見に行ったものです。
 しかし、山に生える野生の藤というのは、すごく大きな木になっていて、その大木からたくさんの花が下がっているというのも、楽しい光景です。残念ながら藤の花は春の季語で、東北の藤は今頃が見頃なんでしょうが、最早俳句には詠めません。

|

« つばさ192号 | トップページ | 山形土産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65344258

この記事へのトラックバック一覧です: 藤の花:

« つばさ192号 | トップページ | 山形土産 »