« 布団袋がパツパツ | トップページ | まだるっこしい »

線路へ飛び降りて

 こんばんは、チェスです。

 昨日のニュースでしたか、東急田園都市線の青葉台駅で、痴漢の疑いをうけた男性が線路に飛び降りて、電車にはねられ死亡したというニュースがありました。

 何と言いますか、最近このようなニュースが多くなりましたね。小生の想像なんですが、単純に混雑している電車で痴漢を疑われて、警察に逮捕されたというだけでは、そんなのは日常的にありすぎてマスコミが伝えないだけで、線路に逃げるとその影響が大きくなるので、マスコミがニュースとして取り上げるということなのかなと。
 実際問題、首都圏の多くの混雑路線を使って通勤している人は、誰でも常に痴漢の被害にあう恐れがあり、男性側としては全くの無実にも関らず、痴漢冤罪とされてしまう恐れがある、というのはみんな実感することだろうと思います。
 以前の記事にも書きましたが、首都圏通勤路線を使っている限り、意図せざる異性との身体の密着は避けられないのです。
 痴漢の疑いを受けないためには、まずもって男性としては「女性の近くに乗らないこと」を第一に考えないといけない対策である。ところがそうしておいても、途中駅で女性が乗ってきて、その女性が後から押されてくっついてしまうということも有り得る。

 それで冤罪なのに、痴漢の疑いをかけられてしまったら、どうしたらよいか。駅の事務室へ連れていかれたら、これはもう不味い。その後に警察がやってきて、逮捕という流れになってしまう。であるから、駅のホーム上であくまで「自分は無実である」と頑張り、できれば弁護士を呼ぶのが良いらしいです。その時に、事務所に連れていかれてはヤバいから、と言って線路に飛び降りて逃げるのが、どうも最悪の結果を招いたのが前述のニュースですね。(無論、冤罪ではなくて、本当に痴漢だったということも有り得るが)
 疑いをかけられたらどうする?という対策も大事かもしれませんが、卑劣な痴漢から女性を守り、痴漢冤罪を防ぐならば、女性専用車両を増やすしかないのではないかなあ。小生が乗っている東京メトロ千代田線は、朝の混雑時に限り1号車(代々木上原寄り)が女性専用車に設定されていますが、10両編成の電車の1両だけを女性専用車としても、不十分でしょう。まずは両端、1号車と10号車を女性専用車としてはどうでしょうか。

|

« 布団袋がパツパツ | トップページ | まだるっこしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65287204

この記事へのトラックバック一覧です: 線路へ飛び降りて:

« 布団袋がパツパツ | トップページ | まだるっこしい »