« 掃海部隊 | トップページ | 東陽町 »

ダイヤ改正の影響

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、気温が昨日ほど上がらなかったのか、若干ひんやりした感じはありましたが、基本的には良いお天気でした。

 月曜日頃の冷え込みのためか、もう散ってしまっただろうと思った東京の桜は、意外に未だ花が残っていて、今日も木によっては未だ十分に見頃ではありました。

 ところで、4月も中頃になって、朝の通勤電車がだいぶ混んでくるようになりました。勿論直接的な原因は、学校の新学期が始まったためでしょうが、単なる新学期の開始ではなくて、新年度の始めだと「混雑する電車に慣れていないたくさんの人々」が通勤電車に乗るようになる、という大きな混雑要因がある。中には初めて通勤時の混雑電車に乗るという人もいると思われる。
 そういう人たちは、ドア付近に乗っていて、乗降客の多い乗換駅でも一旦降りるということをやらない。まあ、知らないだけなので仕方が無いのですが、そうすると降りる人がスムーズに下車できず、時間がかかる。乗降に時間がかかって電車が遅れると、次の駅で客が溜まり、また電車が遅れる。例によっての悪循環です。しかし混雑電車にもそろそろ慣れてはいくでしょう。

 しかし、小生が朝いつも乗っている地下鉄千代田線の始発電車が、どうもかなり混雑するようになった。どうもこいつは、春のダイヤ改正の影響らしい。改正前には始発電車としては、小生が乗っている10分前にも1本「霞ヶ関行き」があったのですが、どうもこの時間の電車が始発ではなくなったらしい。電車の本数が減ったわけではないので、おそらくJR常磐線からの千代田線への直通電車が増えた、ということなのだろうと推測しているのですが。
 たぶん、全体としての利便性は増しているのですよ、と説明がつけられるのでしょうが、綾瀬からの始発を選んで乗っている人間としては、始発電車が減るのは困るのです。

|

« 掃海部隊 | トップページ | 東陽町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65145751

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤ改正の影響:

« 掃海部隊 | トップページ | 東陽町 »