« 地下鉄テロ? | トップページ | 見頃短いが故 »

激昂電波に乗る

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日からの好天は続き、春らしい暖かい一日でした。ただ、春のお天気というのは長くは続かず、移動性高気圧は既に東に去り、西から低気圧が近づいているため、明日あたりから東京もお天気は崩れてくるらしいです。
 国賓としてスペインの国王陛下夫妻が来日している、と昼のニュースで報じていましたが、今日までのお天気の中で歓迎式典ができたのは良かった。

 ところで、今朝の情報番組で流れていましたが、昨日の閣議の後の記者会見で、今村復興大臣がエラく激昂したのですね。
 相手は、新聞社やテレビ局の記者ではなくて、フリージャーナリストということだったのですけれども、確か福島県から自主避難している人に対して住宅の補助が打ち切られることに対してどうだとか・・ただ、この質問した人はどんな内容の質問をして、今村大臣はどんな答えをしていたのかというあたりは放送されてはいなかった。最後の、激昂した場面だけがテレビに流れてしまったというのは、これはちょっと大臣にとっては不本意なことでしょうね。(その後今村大臣は、この件について謝罪しています。)

 結局、マスコミにとってのニュースの価値というのは、記者会見の内容ではなくって、「今村復興相が激昂した」という部分なんですね。そのためここだけが切り取られてテレビに流されてしまった。
 小生の推測ですけれども、この質問者、今村大臣を怒らせる様に、記者会見で挑発的な質問をして、大臣の株を落とそうという意図もあったのではないですかね。それにまんまと嵌った今村大臣も、ちょっと軽率だったと言えるでしょう。
 ただ、頭に血が上って激昂、という経験をしたことは、小生も実は無いことも無いので、実のところ小生は今村大臣には同情的です。老練な政治家でも、口が滑ることはありますよ。あの吉田茂だって、国会で呟いた「バカヤロー」というひと言が解散の引き金になったこともあるのですからね。
 そして、面白いところだけを切り取ってテレビに流したマスコミは、全く困ったもんだと思います。

|

« 地下鉄テロ? | トップページ | 見頃短いが故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/65111732

この記事へのトラックバック一覧です: 激昂電波に乗る:

« 地下鉄テロ? | トップページ | 見頃短いが故 »