« WBC開幕 | トップページ | いよいよどうなる韓国 »

イスラエル

 こんばんは、チェスです。

 WBC開幕~という記事を書いて、早速第2戦、侍ジャパンはオーストラリアと戦い、4-1で勝ちました。まあこれで残りは中国を残すのみ。昼寝していても勝てるとまでは言いませんが、余程油断しなければ大丈夫な相手でしょう。我らが侍は、まず2次ラウンド進出を決めたと言ってよろしいかと思います。

 お隣の韓国で行われている1次ラウンドの方は、地元の韓国が消えてしまいました。主力の故障や不調で、何やら今年のチームは「史上最弱の代表」とか言われていた様で、まあしかし、現在韓国は野球どころでは無いということなのかしらん。
 韓国に代わって、イスラエルが3戦全勝で1次ラウンドをトップ通過だそうで、うーん、今大会の台風の目になりますかねえ。
 第2次大戦後の建国で、その後のアラブ諸国との4度にわたる戦争で、この「ユダヤ人の国」は人口800万程の小国にもかかわらず、とにかく戦争は強い。最初は西側の兵器を輸入したのでしょうが、今や自前の戦車から戦闘機を持ち(明言はしていないがかなりの確率で核も持っている)、自前の人工衛星を打ち上げています。最先端の科学技術を持っていて、1人あたりの名目GDPは日本を上回るといわれます。しかし、極東の島国で、長い歴史と伝統を持ち、日本人だけでやってきた我々の日本国とはありとあらゆる点で異なっているのがイスラエルという国ですが、今回のWBC第4回大会では、とうとう侍ジャパンと直接対決ということになるわけです。イスラエル対日本、などという対戦が実現することになるとは、本当に驚きです。どんな試合になるでしょうか。

|

« WBC開幕 | トップページ | いよいよどうなる韓国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64992065

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエル:

« WBC開幕 | トップページ | いよいよどうなる韓国 »