« 鶴見で日帰り温泉 | トップページ | ひとまず安心か »

リフォームの問題

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京はどんよりとした曇り空で、昼頃には雨も落ちてきました。午後も小雨が降っていましたが、夕方には雨は上がり、結果的には傘は使わずに済みました。

 ところで、現在計画している山形の家のリフォームには一つ問題があります。

 家の廊下や台所は板敷で、畳の部屋と、居間の絨毯敷の部屋とがそれぞれ高さが異なるので、段差ができてしまうのです。義母は歩くのがやや不自由になりつつあるため(杖を使えば歩けますが)段差にひっかかって転ぶ様なことがないように、段差をなくしてバリアフリーにすることをリフォーム工事の目的の一つにしています。

 とは言え、居室の床の高さを変えてしまうと、それまでの建具が使えなくなってしまい、新しく作り直しになってしまう。そいつは費用が嵩むので、居室の床はいじらずにおきたい。とすると、廊下や台所の板敷の高さを上げるということになるのです。

 それをやると、二階へと上がる階段の最初の一段の高さが低くなってしまうのですね。それは二階から階段を下りてきた時に、最後の一段でリズムが狂って転倒しやすいといわれているのです。

 うーん、そいつは困った、と思って、ならば階段の各段の踏みしろを、廊下の床の高さを上げたのと同じ高さだけ上げれば、結果として全部の階段の高さが揃うのではないか、と思って、今日業者さんに相談してみました。そうすると、その工事にもそれなりに費用がかかると言われてしまい、一応見積もりは出してもらうことにしたのですが、元々予算オーバーな所へもってきて、更なる予算の増加は、困ってしまうわけです。

|

« 鶴見で日帰り温泉 | トップページ | ひとまず安心か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64980937

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの問題:

« 鶴見で日帰り温泉 | トップページ | ひとまず安心か »