« 宅配便の限界 | トップページ | 意味ない分煙 »

運転間隔調整

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、午前中は少し雲がありましたが、まずまずのお天気。しかし気温は低めで全体的には寒かったです。2月があっという間に終わり、明日から3月です。

 少しばかり仕事が忙しくなり、会社を退社する時間が遅くなりました。お腹が空き、やや疲れて西日暮里でJRから地下鉄の千代田線に乗り換えると、その電車が中々発車しない。車内アナウンスで4分停車するという。何でも後続の電車が大幅に遅れているためだとか。

 夕方の通勤時間帯がピークを過ぎると、千代田線の場合には6~7分間隔での電車の運転になります。それを考えれば、4分停車というのは大した遅れでは無い様にも思えますが、しかし西日暮里駅は小生の様にJR線から乗り換える客が多いので、停車中の電車に、次々と客が乗ってきて、電車の車内はかなりの混雑になっていくわけです。
 それでも、後続の電車が大幅に遅れているとなると、その前を走る電車も駅で停車して、各電車の運転間隔を平準化しないと、特定の電車への混雑が大変なことになるから、まあ、これは理解できる。
 理解できないのは、車内が相当の混雑になっているにもかかわらず、スマホでゲームをやり続ける人間がいることです。
 みんな、自分の立ち位置を確保するのが精一杯という混雑状況なのに、スマホを手放さずに自分の目の前で両手で支え、肘を張っているものだから、肘は当たるし迷惑である。
 アルコール依存症とか、ニコチン依存症とか、ギャンブル依存症とか、世の中には色々な依存症がありますが、窮屈な満員電車でスマホのゲームをやり続ける人は、スマホゲームの依存症なのではないでしょうか。

|

« 宅配便の限界 | トップページ | 意味ない分煙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64954264

この記事へのトラックバック一覧です: 運転間隔調整:

« 宅配便の限界 | トップページ | 意味ない分煙 »