« 日本のプロ・オーケストラ | トップページ | 短かった五嶋龍音楽会 »

俳句に何を詠むか

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、寒くなってはきましたが、概ね冬晴れの一日でした。

 ところで、始めて2年ばかり経過した俳句ですが、夏頃は結社の先生に褒められたり、先生の選に毎回入ったり、と好調ぶりが続いていたのでありますが、昨年の秋が終わって冬に入るあたりから、それまでの勢いはどこへやら、めっきり先生の選から漏れるようになってしまいました。

 句会の同人、ヴェテランに訊いてみると「そういうのはよくあること。最初は作る俳句も新鮮だから句会でも点が入るし、基本的なことがわかれば伸びる。ところがあるところまでいくと、色々勉強した結果、俳句の形が先人の句に似てきてしまう。そうすると、当初の新鮮な感じは失われてしまう。よくそういう状態を『踊り場』とかいうよ。」
ということでした。

 考えてみると、毎日の生活の中で俳句の題材を見つけようとしても、それは中々苦しい。取材対象も決まっているし、「なんだか何時か作った様なのになってしまう」と思ってしまいます。何でも俳句の対象たりうる、とは言っても、やはり吟行に行くなどして取材の幅を広げないといけませんね。

|

« 日本のプロ・オーケストラ | トップページ | 短かった五嶋龍音楽会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64871807

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句に何を詠むか:

« 日本のプロ・オーケストラ | トップページ | 短かった五嶋龍音楽会 »