« 冬近し | トップページ | 博多駅前道路陥没 »

決戦前日

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日の東京は良く晴れて気持ち良い一日でした。朝出かけるときは少し寒いかな?と思ったのですが、まあこの季節なりの気温でしょう。

 人様の国のことだから、見守るしかない・・・と言いつつも、そう言う割には良くブログ記事に取り上げてきた、「アメリカ大統領選挙」。約1年がかりにおよぶ選挙戦もいよいよ明日が投票日ということで、今日の7日は言わば「決戦前日」です。最後までガタガタしていたヒラリー・クリントン女史の私用メール問題については、FBIが「訴追する必要はなし」という見解を出したことで、一応の決着がついた形です。トランプ氏は不満タラタラでしょうけどね。

 「嫌われ者同士の戦い」などと言われた今回の選挙ではあっても、兎に角どちらかが勝ってアメリカ合衆国の大統領~ということは、目下世界一の力を持つ権力者~になるわけです。仮に僅差ではあっても、まあクリントン女史が勝つだろうと小生は予想しますし、その予想が多いだろうと思っていますが、しかし、何しろ「まさか」は有り得るからなあ。

|

« 冬近し | トップページ | 博多駅前道路陥没 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決戦前日:

« 冬近し | トップページ | 博多駅前道路陥没 »