« ミスドの値下げ | トップページ | 朴槿恵大統領 »

大戸屋騒動

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝は少し雲がありましたが、やがて青空が広がり、気温も上がって誠に気持ちの良い一日となりました。
 本日は小生が参加している俳句結社の中の、水曜日夜にある句会の吟行がありまして、小生も参加を楽しみにしていたのですが、昨日になって急遽この土日に結論を出さねばならなくなった仕事が入り、止むを得ず吟行はキャンセル。
 この良いお天気にもかかわらず、会社という残念な一日になりました。

 残念、と言えば、先日ネットで読んだニュース。小生が結構好きで贔屓にしている定食屋チェーンの「大戸屋」が、目下残念なことになっているのだそうです。

 一言で言えば、大戸屋を起こした創業家と、現在の経営陣とのお家騒動、ということになるのでしょうか。

 現在の様な、比較的評判の良い定食屋チェーンを起こした創業者社長が急逝されてしまったのが、お家騒動の発端ですな。
 その創業者社長の未亡人と、創業者社長の息子さんに対するに、現在の経営陣が色々と大変対立しているらしい。

 会社は、ある程度大きくなると、もう社会的にも責任が生じます。何時までも創業者のものではなくなる。ホンダやパナソニックと言った日本を代表する大企業を見ればわかります。そうすると、現在の経営陣がしっかりしないといけないでしょうし、創業家もいつまでも昔のまま、という意識はまずいでしょうにね。

|

« ミスドの値下げ | トップページ | 朴槿恵大統領 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大戸屋騒動:

« ミスドの値下げ | トップページ | 朴槿恵大統領 »