« ひまわり9号 | トップページ | パトカー柄猫 »

大川小津波訴訟判決

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日より気温は下がったかと思いますが、お天気は相変わらず良く、秋らしい気持ちの良い一日でした。

 ところで、本日、仙台地方裁判所にて一つの訴訟の判決が出ました。石巻市大川小津波訴訟と言われているもので、教員、児童合わせて84人が津波で亡くなった事件です。仙台地裁判決では学校側の過失を認め、石巻市と宮城県に14億円を遺族に支払うように命じています。

 昨年夏のことですが、小生は、お世話になっていた水泳のコーチのご案内で、他のメンバーと共に、この訴訟の現場となった大川小のあった場所へ行きました。東北地方太平洋沖地震が発生し、津波が北上川を上っていった日と異なり、北上川は大河として静かに流れておりました。しかしかつての大川小は、その無残な姿を震災の時のままに残していました。

 もし、石巻市の広報車が津波の警報を報じてから、速やかに全員で裏山へ避難していれば、みんな助かったであろうに、判断ミスを犯してしまった大人のために、大勢の子供たちが死んでしまった。これはきちんと検証されなくてはいけないし、今後の危機管理に活かされなくてはいけない。その1点のみでも重要なニュースでした。

|

« ひまわり9号 | トップページ | パトカー柄猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64406645

この記事へのトラックバック一覧です: 大川小津波訴訟判決:

« ひまわり9号 | トップページ | パトカー柄猫 »