« 地域ブランド調査 | トップページ | 放置自転車追放キャンペーン »

ドラフト会議

 こんばんは、チェスです。

 木曜日、東京は朝から良く晴れて、日中も気温が上がり、季節的には1ヵ月は戻ってしまったのではないかと感じるほどでした。しかし日中は気温が高くても朝晩はしっかり下がるわけですから、体調を崩しやすい。実際通勤の車内でマスクをして具合の悪そうな人を見かけます。皆様もお気をつけ下さい。

 サッカーのJリーグの人気がかなり高くなり、これに伴ってプロスポーツとしてのサッカーの地位も上がっているとは思いますが、我が国でのプロスポーツの人気No.1は、差は小さくなってきたとは言え、依然として野球ではないかと愚考いたします。

 で、そのプロ野球の各チームにとって、来年以降のチーム力向上に極めて重要なイヴェントが、本日開催されるドラフト会議です。でも、この優先入団交渉権を決めるこのイヴェント、どうして「会議」というのでしょうかね。
 何となくですが、昔はこんなのは無くて、どのチームも自由に入って欲しい選手と交渉ができたと記憶しています。ミスタープロ野球も世界のホームラン王(で現在はホークスの会長)も、なんの障害もなしに読売ジャイアンツに入団できたのです。ところがそうやってジャイアンツにばかり人気(と実力のある)選手を取られた結果、ジャイアンツばかりが強くなり、戦力の平準化を図りましょうよ、ということで取りたい選手を予め各チームがリストアップして、重なってしまった選手はくじ引きで交渉権を決めましょう、となったと。
 でも、「会議」というのは、議題というか、検討課題があって、それを関係者が集まって話し合って結論を出しましょう、というプロセスかと思います。でもそういうのは全くなくて、単なる「公開のくじ引き」を会議と言っているのは何故なんだろうと思います。それとも、今は兎も角、昔は指名した選手が重なった時には、一応関係者の間で会議したとかいう歴史があるのでしょうかね。「うちは○君は止めるから、代わりに□君を指名したい」とかね。

|

« 地域ブランド調査 | トップページ | 放置自転車追放キャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64375175

この記事へのトラックバック一覧です: ドラフト会議:

« 地域ブランド調査 | トップページ | 放置自転車追放キャンペーン »