« 500円 | トップページ | 火星へ人間を »

北綾瀬始発

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝はずいぶんと霧がかかっていて見通しが悪かったのですが、霧が晴れてくると何やら非常に蒸し暑くなり、もうお彼岸も過ぎたのにこの蒸し暑さは何なの?という昼間の気温でした。

 郵便受け、という名称にもかかわらず、郵便ではない広告物が毎日たくさん突っ込まれているのですが、その広告物の中でもかなりの割合なのが、マンションの広告です。どこそこに新築マンションができたと言われても、そうそうポンポンと買える人はいないでしょうから、そんなに効率の良い広告とも思えないのですが、兎に角多い。

 で、北綾瀬の駅から徒歩で10分、という新築マンションの広告のうたい文句に「千代田線始発駅」というのがあった。たぶんこのチラシをよーく読めば、どこかに小さい文字で(2018年度末予定)とか書いてあるのでしょうが、2016年9月27日現在は、北綾瀬駅は(千代田線の支線の)始発駅であって、北綾瀬駅から出る電車は隣の綾瀬駅までしか行きません。

 いずれ、というか東京メトロとしてはもう公式に発表しているのですが、2018年度末を完成予定として、この北綾瀬駅のプラットフォームを10両編成の電車が発着できるように工事しているのです。すると現在代々木上原方面から来る綾瀬行きの電車が、全部北綾瀬行きということになり、綾瀬駅は現在の始発駅という地位を失ってしまって、今現在綾瀬始発電車に乗っている小生の様な人間は、北綾瀬始発電車の「若干マシ」な混雑具合の電車に乗らざるを得なくなる。
 JR常磐線各駅停車、即ち松戸の方から代々木上原方面へと乗ってくる人たちには、わざわざ一旦綾瀬で下りて、反対側プラットフォームへと移動して、優先乗車で綾瀬始発電車に乗る人もいます。そういう人たちは、北綾瀬始発になってしまったら、さすがに綾瀬で一旦下車する意味が無くなってしまって、綾瀬での乗り換えを止めることでしょう。綾瀬の地位沈没まで、あと2年半か。

|

« 500円 | トップページ | 火星へ人間を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64266000

この記事へのトラックバック一覧です: 北綾瀬始発:

« 500円 | トップページ | 火星へ人間を »