« ジョンソンタウン | トップページ | 北綾瀬始発 »

500円

 こんばんは、チェスです。

 金曜日に有給休暇を取りましたので小生は3連休(記事に書きました様に秋分の日は出社)で、遊び呆けていましたから、連休明けの月曜日は辛いかな、と思いましたが、ごく普通に出社いたしました。
 雲は多かったものの、東京は雨は降らず、気温も昨日並に上昇して日中は暑さを感じる一日でした。

 ところで、昨日の記事「ジョンソンタウン」の続きでございます。

 歩き回って疲れたので、駅の近くの「ミスド」でドーナツとアイスコーヒーで一休みして、帰りの電車に乗るべく入間市駅へ向かいました。
 電車の表示板を見ると、今まさに「急行 池袋」行きが発車するところである、とプラットフォームへの階段を下りたのですが、惜しいところでこの急行電車には間に合わず、行ってしまいました。

 次の電車は何分後なのかな、と再び表示板を見ると、「特急 池袋」となっている。おお、特急なら、さっき間に合わなかった急行を途中で抜いてくれるのではないか、と喜んだのですが、この電車は「ちちぶ号」という奴で、乗るには運賃の他に特急券が必要なんですね。
 プラットフォームには特急券の券売機があるから、直ぐに買えば乗れそうなタイミングではある。しかし、ケチな小生は、特急料金がいくらかかるのかが気になって、どうしようか悩んでいるうち、その特急電車も行ってしまいました。
 結局その次にやってきた「準急 池袋」に乗って帰ったのですが、私鉄の優等列車、いわゆる特急が好きな小生としては、内心(あれに乗って帰ればよかった)と思ったことも確かです。

 帰宅後に、特急料金を調べてみました。西武鉄道は今年の7月に特急料金を改定していて、入間市-池袋の特急料金は500円でした。思ったより高い。たぶん300円位だったら悩まずに乗っていたけど、500円と知っていたら見送っていたな。確か日曜日の夕方の上り列車なのに、乗車率はあまり高くは無く、空席が目立つ列車でした。所要時間はどうか?というと、乗車した準急と比較すると5分くらいしか違わないのですね。そうなると500円というのは、必ず座って快適に行けますよという保証料と考えればいいのかもしれません。
 確か名鉄の場合には、特急料金の不要な特急電車の中に、座席指定されている車両が連結されているという電車があった様に思います。現在もそうなっているかは知りませんが、その例だと明らかに座席指定料金という意味合いになりますね。JRの普通列車のグリーン車に近い性格になると考えれば良いでしょうか。

|

« ジョンソンタウン | トップページ | 北綾瀬始発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64259454

この記事へのトラックバック一覧です: 500円:

« ジョンソンタウン | トップページ | 北綾瀬始発 »