« オーストリア航空が日本から撤退 | トップページ | 海老の尻尾事件 »

残暑厳しく

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は終日ほぼ晴れて残暑の厳しい一日でした。
 沖縄の南からゆっくり北上していた台風12号は、長崎県あたりに上陸した後、佐賀県を通って玄界灘に抜けた後勢力が衰え、既に熱帯低気圧になった模様です。
 こちらは今後はそう心配することは無いでしょう。

 ところが、東北、北海道を襲った台風10号の被害の方は、今なお大変なことになっている様です。道路が寸断されてしまって孤立してしまった住民の皆さんは救出されたと報道されていましたが、元の生活に戻るのは相当に時間がかかるかもしれませんね。

 昨日の夕方も蒸し暑かったのですが、何か俳句の材料はないか、と思って久しぶりに同じ綾瀬二丁目町内の南の方、葛飾区との区境のあたりへ散歩に行きました。
 古隅田川という、ちょろちょろ流れている溝の如くの小さな川があるのですが、何故かこのあたり、白鷺公園という区立公園と、レンゴーという会社の工場の脇を流れているところは川幅も水深もそれなりの川という風景を作っていて大きな鯉やら亀が多数泳いでおりました。水深が浅く小川風に流れているところはアメンボや小魚が泳いでいて、ちょっとしたビオトープになっておりました。お父さんに連れられた2人の子供が何やら糸を垂らしているので、何を釣っているの?と訊くと、ザリガニなんです、とお父さんの方が答えてくれました。言っているそばから糸にくっついたザリガニが上がってきて、子供が持っていた小さなバケツに入れておりました。たぶんアメリカザリガニという奴だと思いますが、良く見ればあちこちに姿が見えましたから、釣り放題ですね。

|

« オーストリア航空が日本から撤退 | トップページ | 海老の尻尾事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64161471

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑厳しく:

« オーストリア航空が日本から撤退 | トップページ | 海老の尻尾事件 »