« 残暑厳しく | トップページ | 13号は軽微で済むか? »

海老の尻尾事件

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京も、昨日に引き続き蒸し暑い一日でした。昼のNHKニュースでは、夜にかけて大気の状態が不安定になるため、局地的に豪雨や落雷があるので注意、と言っていましたが、少なくとも夕方までは東京は雨は降らなかったです。

 今朝のことですが、シリアル食品というんですか、大麦とかとうもろこし原料でドライフルーツなんかが混ぜてあり、牛乳をかけて食べる奴があるでしょう。あれを食べていたら、カミさんが口の中に異常を感じたらしく、何やら困った顔をしていた。カミさんが言うには、舌の奥の方に何かわからないけれどもひっかかる様なものがあると。で、それじゃあ医者に診て貰った方がいいよ、と言って出勤したのですが、昼過ぎのカミさんのメールでは、ピーナツの殻みたいなのが出てきて治った、刺さっていたみたいだ、という事でした。

 この一件で思い出したことがあります。数年前、カミさんと二人で八重洲地下街にある串揚げ屋さんで食事をしている時、小生はついつい癖で海老フライを丸ごと、つまり尻尾まで食べてしまったのですね。そしたら、咽喉の奥の方に何かがひっかかった感じがしました。魚の骨が刺さったら痛いですが、痛くは無く、しかし咽喉の奥に異物感がある。
 どうもこいつは、海老の尻尾が上手く飲み込めずに引っかかったに違いない、と思いました。ただ、その後も食べ物も飲み物も通るので、別段不都合は無い、と言えば無い。が、しかし如何にも気持ちが悪い。店を出た後、エヘンエヘンと空咳をしましたが、状況変わらず。
 で、これは耳鼻咽喉科を受診しなくてはいかんかな、と思いましたが、間の悪いことに翌日から山形へ行かなくてはいけなかったのです。
 それで、帰宅して入浴しているときに、舌の奥に指を突っ込んで、ゲェ~と凄い声を出してみたところ、見事海老の尻尾がぽろっと吐き出されてきました。非常にスッキリしました。

 教訓として、海老の尻尾は食べずに残した方が良い、と思ったのですが、実はその後もしばしば食べています。良く噛む様にはしていますけどね。

|

« 残暑厳しく | トップページ | 13号は軽微で済むか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64166875

この記事へのトラックバック一覧です: 海老の尻尾事件:

« 残暑厳しく | トップページ | 13号は軽微で済むか? »