« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

菊割れゴム

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京は、これまでの曇りや雨がちのお天気が回復して、爽やかなお天気になる、と予報では言っていた筈なのですが、うーん、意外にそれほどお天気はよろしくなかった様に思います。ただ、蒸し暑かった昨日に比べるとだいぶ気温は下がって、その点は確かに過ごしやすかった。

 今日で9月も終わり、明日から10月ですから、秋めいてくるのも当然と言えば当然でしょう。会社から帰る時も、暗くなるのが早くなったと感じますからねえ。

 ところで、山形のカミさんの実家の、台所の流し台の、排水が流れていく排水口についている黒く丸いゴム、あれがかなりくたびれてしまったので、1つ買っておいてくれ、とカミさんに言われて、そんなのはお安い御用だ、とばかりにアマゾンで注文しました。それが1週間ほど前であったかな。小生も商品名を知らなかったのですが、中心に向かって放射状に切り込みが入っているゴムで、「菊割れゴム」というらしい。それが昨日到着したのですが、箱を開けてびっくり。ゴムの径が明らかに小さい。どうもいくつか異なるサイズがあるらしい。間違えて買ってしまったのは、80mm径のものでした。ちなみにうちの排水口の径を測ると、145mmあったので、2倍弱は違うのですな。
間違えたのは小生ですから、やむを得ず、145mm径を注文し直しました。80mmの奴はどうするかなあ。
 大した金額ではないので、返品交渉するほどでもないですが、持っていても使い道が無い。ヤフオクにでも出して売り飛ばすか。しかしこんなのを落としてくれる人が果たしているか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ハム優勝

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日よりは気温は下がったものの、湿度が高くてまるで梅雨時の様な不快さを感じる一日でした。

 昨日の西武戦で日本ハムは1-0で勝ち、パ・リーグ優勝を決めました。セントラルリーグは9月初旬にすんなりと広島が大きなゲーム差をつけての独走優勝でしたが、パシフィックリーグの方はソフトバンクが独走していたのは夏ごろまでで、オールスター戦をしていた頃は多くの人が「今年もパ・リーグはホークスで決まりだな」と思っていたでしょうに、夏の終わりから秋に入る頃、日本ハムがぐいぐいと猛追。そして9月中頃にはとうとうソフトバンクを捉えて、しかしソフトバンクもなかなか譲らず、どちらが優勝するかは最後までわからないという展開になりました。

 まあ、それにしても一時は最大11.5ゲーム差があったのを逆転したのですから、よくまあひっくり返したものだなあと思います。ミスターがジャイアンツの監督をしていた時だからかなり昔ですが、2位のジャイアンツが逆転優勝した時、ミスターが「メーク・ドラマ」と言っていたのを思い出しました。

 優勝を決めた昨日の試合で西武打線を完封したのは「二刀流」大谷選手。日本ハムに入団した当初は高校生らしい初々しさが残っていましたが、今やすっかりプロ野球選手の顔つきになりました。いずれ彼はメジャーリーグへと移籍してしまうのでしょうが、これだけ大きな可能性のある選手がアメリカへ行ってしまうのは、これはやはり残念という気持ちもございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火星へ人間を

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日、一昨日と同様、蒸し暑さは相変わらずでしたが、お天気の方は下り坂で、雨が時折パラパラ落ちてくる一日でした。

 そんな昼休み、デリバリーの弁当を食べながら昼のNHKニュースを眺めていると、「火星へ人間を送る。100人くらい。費用は一人2000万円くらいにする。」なんていう、ちょっと耳を疑うニュースが流れてきました。

 アメリカの宇宙ベンチャー企業・スペースX社のCEO イーロン・マスク氏がぶち上げたという「火星へ人間を送る計画」をNHKニュースが伝えたわけですな。

 現在、ISSで各国の宇宙飛行士が半年位の長さで長期滞在しています。一方で火星までどのくらいかかるか?地球と火星の位置関係の最適になった時を狙って出発すれば、2~3ヵ月くらいで到達できるかな。だから、まあ現在のテクノロジーをもってしても、人間を火星へ送るのはそう難しいことではなさそうです。ただ、それは精々が3~5人くらいのチームを送り込むのがやっと(だって往復で半年以上の水や食料、他のエネルギーなんかを持っていかねばならないから)だと思います。それを、100人送るという。いったいどんだけ大きな宇宙船を作るというんでしょうかね。でもって、一人当たりの費用が2000万円とか(2億円の聞き間違いではなかろうか)言っていた。

 大風呂敷も、ここまでくると、いっそ潔いですね。小生もできれば後30年位は生きていたいと思っているので、そうなると生きているうちに「遂に人類火星到達」というニュースを見ることができるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北綾瀬始発

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝はずいぶんと霧がかかっていて見通しが悪かったのですが、霧が晴れてくると何やら非常に蒸し暑くなり、もうお彼岸も過ぎたのにこの蒸し暑さは何なの?という昼間の気温でした。

 郵便受け、という名称にもかかわらず、郵便ではない広告物が毎日たくさん突っ込まれているのですが、その広告物の中でもかなりの割合なのが、マンションの広告です。どこそこに新築マンションができたと言われても、そうそうポンポンと買える人はいないでしょうから、そんなに効率の良い広告とも思えないのですが、兎に角多い。

 で、北綾瀬の駅から徒歩で10分、という新築マンションの広告のうたい文句に「千代田線始発駅」というのがあった。たぶんこのチラシをよーく読めば、どこかに小さい文字で(2018年度末予定)とか書いてあるのでしょうが、2016年9月27日現在は、北綾瀬駅は(千代田線の支線の)始発駅であって、北綾瀬駅から出る電車は隣の綾瀬駅までしか行きません。

 いずれ、というか東京メトロとしてはもう公式に発表しているのですが、2018年度末を完成予定として、この北綾瀬駅のプラットフォームを10両編成の電車が発着できるように工事しているのです。すると現在代々木上原方面から来る綾瀬行きの電車が、全部北綾瀬行きということになり、綾瀬駅は現在の始発駅という地位を失ってしまって、今現在綾瀬始発電車に乗っている小生の様な人間は、北綾瀬始発電車の「若干マシ」な混雑具合の電車に乗らざるを得なくなる。
 JR常磐線各駅停車、即ち松戸の方から代々木上原方面へと乗ってくる人たちには、わざわざ一旦綾瀬で下りて、反対側プラットフォームへと移動して、優先乗車で綾瀬始発電車に乗る人もいます。そういう人たちは、北綾瀬始発になってしまったら、さすがに綾瀬で一旦下車する意味が無くなってしまって、綾瀬での乗り換えを止めることでしょう。綾瀬の地位沈没まで、あと2年半か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

500円

 こんばんは、チェスです。

 金曜日に有給休暇を取りましたので小生は3連休(記事に書きました様に秋分の日は出社)で、遊び呆けていましたから、連休明けの月曜日は辛いかな、と思いましたが、ごく普通に出社いたしました。
 雲は多かったものの、東京は雨は降らず、気温も昨日並に上昇して日中は暑さを感じる一日でした。

 ところで、昨日の記事「ジョンソンタウン」の続きでございます。

 歩き回って疲れたので、駅の近くの「ミスド」でドーナツとアイスコーヒーで一休みして、帰りの電車に乗るべく入間市駅へ向かいました。
 電車の表示板を見ると、今まさに「急行 池袋」行きが発車するところである、とプラットフォームへの階段を下りたのですが、惜しいところでこの急行電車には間に合わず、行ってしまいました。

 次の電車は何分後なのかな、と再び表示板を見ると、「特急 池袋」となっている。おお、特急なら、さっき間に合わなかった急行を途中で抜いてくれるのではないか、と喜んだのですが、この電車は「ちちぶ号」という奴で、乗るには運賃の他に特急券が必要なんですね。
 プラットフォームには特急券の券売機があるから、直ぐに買えば乗れそうなタイミングではある。しかし、ケチな小生は、特急料金がいくらかかるのかが気になって、どうしようか悩んでいるうち、その特急電車も行ってしまいました。
 結局その次にやってきた「準急 池袋」に乗って帰ったのですが、私鉄の優等列車、いわゆる特急が好きな小生としては、内心(あれに乗って帰ればよかった)と思ったことも確かです。

 帰宅後に、特急料金を調べてみました。西武鉄道は今年の7月に特急料金を改定していて、入間市-池袋の特急料金は500円でした。思ったより高い。たぶん300円位だったら悩まずに乗っていたけど、500円と知っていたら見送っていたな。確か日曜日の夕方の上り列車なのに、乗車率はあまり高くは無く、空席が目立つ列車でした。所要時間はどうか?というと、乗車した準急と比較すると5分くらいしか違わないのですね。そうなると500円というのは、必ず座って快適に行けますよという保証料と考えればいいのかもしれません。
 確か名鉄の場合には、特急料金の不要な特急電車の中に、座席指定されている車両が連結されているという電車があった様に思います。現在もそうなっているかは知りませんが、その例だと明らかに座席指定料金という意味合いになりますね。JRの普通列車のグリーン車に近い性格になると考えれば良いでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョンソンタウン

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京は、久しぶりと言って良い好天で、お日様を拝むことができました。そのせいか、気温の方も上昇し、ここの所涼しい日が続いていたためかなり暑く感じました。残暑復活という奴でしょうかね。

 昨日の土曜日の午前中は、まあ毎週土曜日同じ番組を見ているのですが、「旅サラダ」という一種の旅行情報番組を見ていて、埼玉県の入間市にある「ジョンソンタウン」というのを紹介していました。

 現在は航空自衛隊の入間基地になっていますが、日本が敗戦で、米軍が進駐してきた折には、ここは米空軍の「ジョンソン基地」という名称だったのです。で、そのジョンソン基地で働く軍人やその家族が住む住宅地の一角が、まるでアメリカの住宅地の如くに現在カフェなど飲食店や雑貨屋さんなどの店舗になっており、街の雰囲気はアメリカの住宅地の様になっているという触れ込みで「ジョンソンタウン」という名前で知られているのだとか。

 で、お天気にも恵まれた本日、カミさんの希望でこのジョンソンタウンへ行ってみることにしました。
 普段はあまり乗らない西武鉄道の準急に乗って約40分で入間市駅。駅から結構な距離を歩いてジョンソンタウンに着くと、なるほど、かつての米軍関係者住宅を改装したという店舗がたくさんある一角がありました。

 オープンカフェを覗いたり、雑貨店を冷やかしたりして歩くと、久しぶりの暑さに少し疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗ご飯

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京も、それほど強い雨ではなかったものの、ほぼ終日雨模様でした。
 結局今週は、ほぼ毎日雨が降っていた様に思います。秋の長雨というべきですかね。

 午前中は、小生が定期的に通っている秋葉原に近い病院。脳神経外科にお世話になっているのです。
 今日は、先月採血した時の検査結果を聞いて、その結果から投薬量を変えようか、というドクターの話を聞くためです。
 幸い、投薬間隔を毎週1回から2週間に1回にしても、特に数値は変わらず平常値を保っている、ということでしたので、ならば1回に2錠飲んでいる薬を半分の1錠に減らして、間隔も2週間に1回にしておきましょう、という所でした。

 午後は、ガスの保安設備の点検に立ち合い、夕方は暫くサボっていた散髪。

 そして、栗ご飯を炊きました。これは、「栗飯」という俳句の兼題が10月の句会で出ていたので、何かヒントが得られないものか?というしようもない理由なのです。栗はスーパーで剥き栗を買ってきましたが、今現在栗はお高いですねえ。
 栗ご飯は、まずまずの出来栄えでしたが、俳句の方はできなかったのでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円寺

 こんばんは、チェスです。

 昨日の秋分の日に続き、金曜日の今日も、雨模様の何ともスッキリしないお天気でした。
 結局今週は、月曜日~金曜日まで雨に降られて、お日様を拝むことができない日が続きました。

 
 さて、本日は全国的には所謂営業日でして、但し小生は父親の命日の墓参りということを理由にお休みを取りました。
 墓参りの日くらいはお天気になって欲しかったのですが、先程書いた様に終日傘が手放せないお天気。

 実家の墓のあるお寺は、杉並区の高円寺という所にあります。JRの駅よりは、地下鉄丸の内線の新高円寺の方が若干は近いのですが、時間はJRの方が早い。ところで、このJR高円寺の駅は、東京から出ている中央線快速電車の停車駅なのですが、土日祝日は通過してしまうのであります。ですので、これまで秋分の日に墓参りに行くときには、快速電車に乗って中野で降り、各駅停車に乗り換えてお隣の高円寺まで一と駅乗る、という面倒を強いられていたのです。今日は平日であったので、御茶ノ水から乗った快速電車でそのまま高円寺まで行くことができて、便利でありました。

 土日祝日は通過してしまう、というのは、まあそれだけ土日祝日の利用者が少ないということなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福原愛選手の結婚報告

 こんばんは、チェスです。

 今年の秋分の日である22日、小生の勤務先は出勤日であったので出社しましたが、東京は朝から結構本格的な雨となり、出勤時は靴の中まで浸水いたしました。

 昨日の夜~今朝の情報番組などで、卓球の福原愛選手が、台湾のやはり卓球選手と結婚したとの、二人揃っての記者会見の様子が流れておりました。以前より結婚近しと報じられていましたので、特にサプライズは無かったのですが、何やら部屋の鍵を渡してプロポーズしたとか、卓球をイメージした婚約指輪が約3000万円だとか、そこらへんが世間的には話題になったでしょうか。

 福原愛選手といえば、「泣き虫愛ちゃん」として小学生の頃から卓球選手として活躍しつつも、(本人は不本意でしょうが)泣き顔がすぐにテレビに流されてしまうというのが印象に残っている方でしたので、あの「泣き虫愛ちゃん」がとうとう結婚かあ、との感慨もありますね。
 どうでもいいですが、27歳で結婚というのは、小生の母親と同じだなあ、と思い出しました。末永く、お幸せに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋分の日

 こんばんは、チェスです。

 台風16号は、結果的には関東地方にはそれほど影響は無かったみたいですね。昨夜はかなり荒れるかな、と覚悟しつつ退社帰宅したのですが、雨は確かに本降りに近い降り方ではあったけれども、それほどでも無かった。そして台風16号の本体は関東に接近する前に勢力が衰えて温帯低気圧に変わったみたいです。この台風の場合には南九州が最も大変だったと言えるでしょう。

 その、台風から変わった温帯低気圧が東に去ったので、気持ち良く晴れるのかな、と思ったのですが、どうもそうはならず、水曜日の東京は終日どんよりと曇って、中々すっきりとした秋晴れの日になりません。

 秋晴れ、と言えば、明日の22日は秋分の日で、全国的には祝日でお休み。ではありますが、小生の勤務先はここを出勤日にしているんですね。小生の父親の命日が9月23日で、その年はこの日が秋分の日でした。秋分の日は、通称では秋のお彼岸、ということになっているので、春秋の彼岸に墓参りをする小生の実家では、父親の命日が秋のお彼岸というので、誠に都合が良い。(墓参りの回数が減る)
 しかし小生の場合には秋のお彼岸が出勤日になってしまったので、本来の命日の23日の方を休んで、墓参りをすることに致しました。そろそろこの辺で、秋晴れと成って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨ばかり

 こんばんは、チェスです。

 連休明けの火曜日の東京は、東に進んでくる台風16号の影響か、雨から雨模様でした。
 と言っても台風本体の雨雲が降らせる雨は、今日の夕方あたりからの本降りの雨であって、朝から降っていた雨はたぶん秋雨前線による雨でしょうね。

 昨日の記事にも書きましたが、三連休を使っての山形は、お天気が悪くて殆ど雨に降られてしまいました。
 東京に帰ると、また台風の接近により雨降りで、どうもこのところ雨ばかり降っている様な気がします。
 確か今年は、夏の初め頃までは台風の発生がなくて、台風1号の発生が例年に比べて遅い、とかいう内容の記事を書いた様な記憶がございます。ところがその1号が発生したと思ったら、後はもう箍が外れたとでもいうか、バカスカ台風ができては日本列島へ接近、上陸、とうとう観測史上初めて東北へ上陸する台風まで登場したというわけで、結果的には2016年は台風大発生という年として記憶されるのかもしれません。

 明日の通勤時には、たぶん16号は関東の南を通過して遠ざかっていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋煮会も雨天

 こんばんは、チェスです。

 金曜からの3泊4日の山形帰省から帰京いたしました。
 主に老健施設に入所中の義母の見舞いでしたが、主の居ない山形の家の庭には雑草が生い茂り、この草取りも中々大変でした。
 本日は、カミさんの叔父さんが住職をしております菩提寺にて、施食会がありましたので、このお手伝いもしてきました。

 行った日の金曜日を除いて、連日雨降りの三連休という、どうもあまりにお天気に恵まれない帰省となりました。山形市では秋恒例の大イヴェントである「日本一の芋煮会」が昨日の18日にあったそうなのですが(今日乗ったタクシーの運転手さんから聞いた)、雨が降ってしまってどうもあまり盛り上がらなかったそうです。

 連休明けには西から台風が接近してくるそうで、どうやら秋の長雨シーズンになってしまったようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリントンさん大丈夫?

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝のうち、パラパラと小雨が降っていましたが、まあ傘をささなくても大丈夫かな?という程度で、折り畳み傘持参で出勤いたしました。その後は終日、どんよりと曇り空の一日。

 毎日毎日、東京の築地市場の豊洲への移転問題が大炎上しているわけですが、地方の方にとってはどうでもいいような話かもしれませんですね。

 それよりか、まるっきりの外野の立場で気楽なことが言えるアメリカ大統領選挙の方が面白いかもしれません。
 健康不安説がまかり通ってはまずい、ということでしょう、クリントン陣営は、肺炎という診断があった他には特に健康に問題は無く、一時的に体調不良であった状態は現在は回復していて、遊説の方も再開する、とコメントを出している様です。
 よくよく考えてみれば、健康問題なんつーのは、ご本人がもっとも良く知るところ。仮に何か深刻な病気を抱えていて、健康に不安があるとすれば、そもそも大統領選への出馬はしないでしょう。もっともインターネットは面白いもので、「クリントン候補の病気を暴露した医師は社会的に抹殺されてしまう」とか出てきますから、本当は健康不安を抱えているのに、情報をコントロールしているのだ、という話もある。ちゃんとした報道ではありませんから、日本で言うところの夕刊紙レベルでしょうけどね。

 明日の16日金曜日は有給休暇をもらいまして、山形へ出かけます。帰京は19日(月)の予定です。記事の更新が滞ると思いますが、ご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンマのわた

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、曇り空ではありましたが、何とか雨は降らなかった(と言っても東京全域ではわかりませんが)様に思います。時折日が差す時間帯もあり、気温も昨日よりは高かったです。ということは蒸し暑かった。

 ネットのニュースを眺めていると、勿論築地から豊洲への移転の大問題なんかが次から次へと色々出てきて、これはもう2020東京オリンピックを睨んだ豊洲移転は無理なのではあるまいか、と思えてくる。これはもうオリンピックのことは諦めて(築地を迂回すればいいでしょ)関係者が納得する形で決着を図るしかないでしょう。

 そのネットのニュースに、どうでもいいような話もあって、「あなたはサンマのわたを食べるか食べないか」のアンケート結果なんてのも出てくる。
 実のところ、かつては小生は「食べない」派でした。苦いのがいやだったのですね。ところが、サバが大好きに変わったのと同じ時期かと思いますが、いつの間にか「食べる」派に転向いたしました。現在はサンマは頭と骨を残して食べる様になりました。食べる様になると気がついたのですが、わたと言っても、苦いわた、苦くないわた、色々ですね。これらも大根おろしにちょっと醤油を垂らして一緒に食べると、普通の身よりもむしろ美味しい。そうなるとサンマはわたを取らずにそのままで売って欲しいと思います。
 美味しいサンマをいただくためにも、豊洲移転は汚染土壌問題が完全に解決された形でやってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

核実験

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日。東京はだいぶ涼しくなってきました。昨夜から今朝は窓を締め切って寝ましたが、暑いと感じることは全く無かった。今朝は長袖のワイシャツで出勤いたしました。
 月曜日も雲が多く、雨こそ落ちてはきませんでしたが、おそらく明日頃から東京も雨になるでしょう。秋雨前線という言葉が天気予報に登場するようになりました。

 ここ数日のニュースで一番大きいのは、広島カープのセ・リーグ制覇、ではなくて、やはり北朝鮮がやらかした核実験でありましょう。北朝鮮は少し前に、長距離弾道弾を3発発射していて、これは北海道の沖の日本の経済専管水域に落下しています。

 北朝鮮はNPT(核拡散防止条約)脱退からこっち、とにかく核兵器とその運搬手段(つまり長距離ミサイル)の開発に血眼になって取り組んできた。この2つは車の両輪の様なもので、どちらが欠けても意味を成しませんから、両方同時に開発するのはまあ当然のことです。
 で、数年前までは専門家の分析が報道されているところでは「どうやら北朝鮮は、核兵器=原爆の開発には成功しているらしい。またミサイルの方も北米大陸の一部まで射程に収めているテポドン2の発射に成功している。但し、片方づつが成功したとしても、核弾頭として実用化できたか、すなわち必要なサイズへの小型化と、大気圏再突入に耐えられる性能構造になっているかは非常に疑わしい。」という様なものが多かったと思います。結局、開発としてある程度の所まではいっているけれども、実際のモノになるのはまだまだ先であろう、と。

 しかし、どうもかの国が自分で報道しているところでは、核爆弾の小型化、量産化に目処をつけましたよ、と言っている。そうなると、あと残すハードルは大気圏再突入性能を持つ弾頭の開発で、これさえクリアしてしまえば北朝鮮は北米へも核攻撃ができる核保有国ということになる。
 まあ、そうは言っても、それは「一応できますよ」という位の話で、いくら核保有国だからと言って、北朝鮮が世界の警察官と言われた世界一の軍事力を誇るアメリカ合衆国に正面切って戦争を吹っかけることができよう筈も無い。北朝鮮にしても、万に一つも核弾頭を搭載したミサイルを打つことになれば、報復がないことはありえないでしょうから、結局は「使えない核兵器」というのは認識しているでしょう。所詮は交渉のカードなのです。

 そうすると、どうなる。いくら国連の安保理が非難したところで、なんの影響もないのは分かりきっている。ここまで核開発を進ませてしまったら、もう交渉の相手国としてアメリカに出て行ってもらう他は無い。そして「アメリカはお宅に手出しはせぬから、核兵器開発は一切放棄しなさい」というのを飲ませる以外は無いのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急プラザ銀座

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京は、終日曇りがちで、時折小雨がぱらつく、あまりパッとしないお天気ではありました。昨日は蒸し暑かったですが、今日はかなり涼しい感じで、季節の方はどうやら残暑も終わりに近づき、確実に秋になっている様です。

 午前中出かけていたカミさんと待ち合わせて昼ごはんを外で食べて、かねてからカミさんが一度行ってみたい、と言っていた「東急プラザ銀座」へと出かけました。

 「銀座」と名前に付いていますが、場所的には有楽町の数寄屋橋交差点に近く、「銀座」というには若干無理がある感じ。ですのでJR有楽町の駅からでも歩いて5分程です。
 外見は非常に独創的というか、ハデなビルなんですね。一体、渋谷が本拠地で、概ね東京の西半分をテリトリーにしている東急が、なんでこんな所に進出してきたのか。ちと謎ではありますが、それは何かマーケティングなどの理由があるのでしょう。

 1階と2階は、お高い海外のブランドのお店が入っています。まあここらはちらっと中を覗くにとどめて、本来の入口の3階へ入るべく、エスカレータに乗って3階へ。
 洋服とか、靴とか、色々バラエティーに富んだお店が入っていて、中に三菱電機の事業を紹介しているイヴェントスペースがありました。三菱電機はそれこそ様々な事業を展開している財閥系の電機メーカーですが、イヴェントスペースではJAXAにからむ宇宙事業の紹介でした。日本版GPSを展開することになる衛星「みちびき」やISSへの輸送システム「こうのとり」などが紹介されています。

 で、上のフロアに上がっていくと個性的な雑貨などのお店が目立つ様になります。京都のチョコレートのお店だとか、薩摩切子を復元したお店とかですね。
 ただ全般的な印象としては、「ちょっとお洒落で専門的な東急ハンズ」という感じを受けました。まあ、取り敢えず一通り眺めましたので、当分行かなくてもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kindle unlimited

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、まずまずのお天気でしたが、何やら蒸し暑い。気温的にはそれほどとも思えなかったのですが、湿度が高かったのでしょうかね。

 本日は、小生が入会している俳句結社の月に一度の本部句会で、昼食を食べて早々に出かけました。成績はというと、1句に主宰選を含めての3点をいただきましたので、まず上々と言って良いと思います。

 ところで、6月頃に書いた、電子書籍サービスのKindleの読み放題サービス「kindle unlimited」が先月から始まった様です。月額は980円と1000円を切っているあたりが、なかなか憎い値付けですね。最初の30日間は無料体験できますので、お試しでやってみることも可能。
 気になっているのは、このサービスで読むことができる本にはどんなのが入っているのか、という点ですが、こればっかりは実際にサービスを体験してみないとわかりませんしねえ。ネットを見るとこのサービスのレビューを読むこともできますが、やはり自分で体験するのが一番でしょう。キリの良いところで来月頭からスタートしてみようかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンズ半額

 こんばんは、チェスです。

 週末の金曜日、東京は台風から変わった温帯低気圧も北に去って、終日良いお天気でした。日中は暑いくらいなのですが、朝晩、特に夕方が暗くなるのが早くなったぞ、と感じるようになりました。窓を開けて寝るのも注意した方がいいかもしれない。

 小生が普段使っている眼鏡、その左側のレンズが、どうも表面のコーティングが部分的に剥がれてしまってきているのか、あまり状態がよろしくない。今のところは支障はないのですが、やがて見えにくくなったらレンズを交換するか、眼鏡を新調しなくてはなるまい、とか思っておりました。
 そんなことを考えていたら、昨日だったか一昨日だったか、うちのカミさん宛てに眼鏡店から葉書が来ていました。大きな活字で「レンズ半額」と書かれているんですね。おお、こいつはいいじゃないか、丁度いいからレンズ交換をしようかな、と思ったのですが、その葉書を良くみたら「眼鏡を購入された方は」と小さな字で書いてあった。

 要するに、うちで眼鏡を買ってくれたら、レンズは半額にサービスしますよ、ということなのね。がっかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25年ぶり

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、お昼頃に荒れた天気になるのかと思いきや、台風13号は温帯低気圧に変わり、時折スコール状の雨が降りはしましたが、大したことはありませんでした。
 ただ、国交省のXバンドレーダーを眺めていると、局所的には非常に強い雨が降っているところがあった様です。

 今年のプロ野球はどうだったか、と回顧するには普通は未だ早いのですが、どうなるかわからないパ・リーグは兎も角として、セ・リーグの方は今日にも25年ぶりのカープの優勝が決まる、というところまで来ました。今年カープはやたら強くて、シーズン折り返しのオールスター戦の頃に早くも大独走。一時2位にいたジャイアンツがゲーム差を4.5ゲーム差にまで詰めたことがあったやに記憶していますが、それが精一杯で、それからまたドーンと突き放されてしまい、10ゲーム差以上の大楽勝。ここまで独走してしまったセ・リーグのペナントレースというのも久しぶりではないかなあと思います。

 昨年のカープの戦力や戦い振りを素人目に見ても、これは今年は結構良い線いくのではないか、少なくともクライマックスシリーズ進出はあるだろう、とは思いましたが、ここまで独走するとはね。勿論カープのチームとしての強さも第1に挙げなくてはいけないでしょうが、優勝候補とされるタイガースやジャイアンツが、どうにもあまりにも不甲斐ない戦い振りだったのではと思います。それに加えて、昨年覇者のスワローズ、これが一体どうした?というモロさで、結局この3チームがカープの大独走を許した戦犯ではなかろうかと。
 兎に角、25年ぶりのセ・リーグ制覇に広島の街は大いに盛り上がっていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13号は軽微で済むか?

 こんばんは、チェスです。

 昨晩は何と言うか、それほど気温が高いとも思われなかったのですが、湿度が高いのか、どうにも寢苦しく感じたので、窓を開けて寝ました。すると夜中に風が強くなり、風の音で起こされて起こされるハメになって窓を閉めました。
 今朝になると雨が降っており、こいつは早くも台風13号の影響が出てきたのか?と思って、折り畳みではなくて大きな傘をさして出勤しました。
 ところが朝の雨はそのうちに上がり、水曜日の東京は、日中概ね薄曇りという感じで、こいつは早まったと思いました。

 その早まった原因の、沖縄近海で発生した台風13号ですが、気象庁の観測では中心気圧は1000hPaということで、まあ台風としてはそんなに大したことはない。問題はこの台風の進路で、予想針路を見ると明日8日の昼頃に東海~関東のどこかに上陸しそうな感じです。先月8月上旬には、ダムの貯水率がどうの、雨がこうのとしょっちゅう記事に書いていたのですが、こうも次々と台風がやってくるとなると、人間現金なもので、「台風はもう良いよ」と言いたくなる。ですが今回の台風13号は、そんなに強い台風でもないですから、風雨の被害は軽微にて済むのではないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海老の尻尾事件

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京も、昨日に引き続き蒸し暑い一日でした。昼のNHKニュースでは、夜にかけて大気の状態が不安定になるため、局地的に豪雨や落雷があるので注意、と言っていましたが、少なくとも夕方までは東京は雨は降らなかったです。

 今朝のことですが、シリアル食品というんですか、大麦とかとうもろこし原料でドライフルーツなんかが混ぜてあり、牛乳をかけて食べる奴があるでしょう。あれを食べていたら、カミさんが口の中に異常を感じたらしく、何やら困った顔をしていた。カミさんが言うには、舌の奥の方に何かわからないけれどもひっかかる様なものがあると。で、それじゃあ医者に診て貰った方がいいよ、と言って出勤したのですが、昼過ぎのカミさんのメールでは、ピーナツの殻みたいなのが出てきて治った、刺さっていたみたいだ、という事でした。

 この一件で思い出したことがあります。数年前、カミさんと二人で八重洲地下街にある串揚げ屋さんで食事をしている時、小生はついつい癖で海老フライを丸ごと、つまり尻尾まで食べてしまったのですね。そしたら、咽喉の奥の方に何かがひっかかった感じがしました。魚の骨が刺さったら痛いですが、痛くは無く、しかし咽喉の奥に異物感がある。
 どうもこいつは、海老の尻尾が上手く飲み込めずに引っかかったに違いない、と思いました。ただ、その後も食べ物も飲み物も通るので、別段不都合は無い、と言えば無い。が、しかし如何にも気持ちが悪い。店を出た後、エヘンエヘンと空咳をしましたが、状況変わらず。
 で、これは耳鼻咽喉科を受診しなくてはいかんかな、と思いましたが、間の悪いことに翌日から山形へ行かなくてはいけなかったのです。
 それで、帰宅して入浴しているときに、舌の奥に指を突っ込んで、ゲェ~と凄い声を出してみたところ、見事海老の尻尾がぽろっと吐き出されてきました。非常にスッキリしました。

 教訓として、海老の尻尾は食べずに残した方が良い、と思ったのですが、実はその後もしばしば食べています。良く噛む様にはしていますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑厳しく

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は終日ほぼ晴れて残暑の厳しい一日でした。
 沖縄の南からゆっくり北上していた台風12号は、長崎県あたりに上陸した後、佐賀県を通って玄界灘に抜けた後勢力が衰え、既に熱帯低気圧になった模様です。
 こちらは今後はそう心配することは無いでしょう。

 ところが、東北、北海道を襲った台風10号の被害の方は、今なお大変なことになっている様です。道路が寸断されてしまって孤立してしまった住民の皆さんは救出されたと報道されていましたが、元の生活に戻るのは相当に時間がかかるかもしれませんね。

 昨日の夕方も蒸し暑かったのですが、何か俳句の材料はないか、と思って久しぶりに同じ綾瀬二丁目町内の南の方、葛飾区との区境のあたりへ散歩に行きました。
 古隅田川という、ちょろちょろ流れている溝の如くの小さな川があるのですが、何故かこのあたり、白鷺公園という区立公園と、レンゴーという会社の工場の脇を流れているところは川幅も水深もそれなりの川という風景を作っていて大きな鯉やら亀が多数泳いでおりました。水深が浅く小川風に流れているところはアメンボや小魚が泳いでいて、ちょっとしたビオトープになっておりました。お父さんに連れられた2人の子供が何やら糸を垂らしているので、何を釣っているの?と訊くと、ザリガニなんです、とお父さんの方が答えてくれました。言っているそばから糸にくっついたザリガニが上がってきて、子供が持っていた小さなバケツに入れておりました。たぶんアメリカザリガニという奴だと思いますが、良く見ればあちこちに姿が見えましたから、釣り放題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストリア航空が日本から撤退

 こんばんは、チェスです。
 日曜日の東京、曇り空で、時折俄雨が落ちてくる非常に蒸し暑い一日でした。夕方になって漸く雲が取れて青空が広がりました。

 今日はカミさんがお義母さんの様子を見に日帰りで山形へ出かけたため、今日は一日留守番です。午前中に料金代引きの宅配便が1個届く、と言われていたので、そいつを受け取ってから買い物にでも出かけるか、と思っていたのですが、午前中受け取りの指定なのに中々宅配便が来ない。正午まで残すところあと10分、という頃にやっと宅配便が来ました。一応午前中ですから、指定通りなのです。

 今日のネットに流れるニュースで、「オーストリア航空が日本撤退」と報じられていました。

 新婚旅行で初めて外国へと出かけるために乗ったのが、このオーストリア航空のボーイング777のウィーン行きという飛行機でしたので、思い出深いです。5月の連休で、ウィーン行きはほぼ満席。エコノミークラスの座席は狭苦しい上、前の乗客が一言も断らずにいきなり座席のリクライニングをガーンと倒してきたので、更に狭くなり、非常にウンザリしたのをまだ覚えています。

 まあそれでも、小さなトレイに色々と盛り込まれていた機内食や暖かいパン、途中で出てきたおやつの様なおにぎりなどは中々美味しかったので、機内のサーヴィスは良かったと思います。ウィーンから成田への帰国の便は、行きとは打って変わってガラ空きの機内でしたので、4人座席の両サイドをとってくれ、内側の2人分の座席も我々が使って良いといわれたので、座席に横になって寝て帰りました。

 成田からウィーンへの直行便が無くなってしまうと、不便になってしまう人もいるでしょうね。マエストロ佐渡裕さんとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ステーキけん どうした?

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、日中は真夏に逆戻りかと思うような暑さで驚きましたが、夕方から厚く雲が出てきて、雨がパラつく空模様になりました。

 ところで、小生の弟の誕生日となりましたので、彼の好きなステーキでもご馳走しようかと相談していたところ、質より量、雰囲気の良いお店より大衆店、という彼の好みのため、我が家から比較的近所にある「ステーキけん」でどうかな?と訊いたら「喜んで!」と返事がきたので、こちらに決定。

 夕方、弟の運転する車に母親と小生、カミさんが乗り、環七近くにある「ステーキけん」へと向かったところ、いつの間にやらこのお店、閉店してしまっておりました。
 単に内装工事とか、リニューアルでもやっているのかな、と後でネットで調べたところ、どうも最近、この「ステーキけん」は多くの店舗が閉店しているらしい。

 結構お客さんが入っていたと思うのですが、一体どうしたのか。経営に、なにかエラーがあって大量閉店に繋がっているのか。内情はわかりませんが、順調ではないのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水不足解消

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、まずまずというか、夕方少し雲が出てきたものの、ほぼ一日晴れて好天でした。

 東北、北海道では台風10号による大きな被害が出ているので、ちょっと書き難いのではありますけれども、その台風による雨も大きかったのでしょう、利根川水系8ダムの貯水率が相当に回復して、これまで実施されていた10%の取水制限が解除された、と報道されました。取水制限が解除、ということは、これは実質的に今シーズンの水不足の懸念はひとまず去った、と言ってよろしいかと思います。8月が終わって、屋外プールなどの水需要のピークが過ぎたことも理由でございましょう。

 台風10号は、我が日本にとってはちょっと異例とも言える針路で襲来しましたけれども、マクロ的に見れば台風の発生というのは地球の水の大循環の一つに過ぎない現象とも言える。日本がある位置から考えても、おそらくこれから年内一杯は多くの台風が発生し、そのうちの半数位は日本の何処かに影響を及ぼし、さらにそのうちの何個かが上陸してくるでしょう。
 言ってみれば、我が国は台風によって相当に助かっているとも言える。川の氾濫などがあるのに、そんな暢気なことが言えるのか、と反論を食らいそうですが、地震や津波と違って、台風は現在の観測技術をもってすれば相当の精度で予測が可能になりました。被害を限局することは可能になったし、仮に無制限に対策費予算をつける事ができるならば、現代土木技術の力で河川の氾濫を抑え込むことも可能でしょう。そういう意味で言えば、台風というのは十分に対応可能な災害ではありましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風去って・・

 こんばんは、チェスです。

 9月になりました。関東地方の場合、多くの小中学校は(高校もでしょうかね)今日から2学期です。夏休みが1ヵ月ちょっと、と長いものですから、この2学期のスタートというのは小生にとっては辛いものがありました。今でも記憶に残っているのは、中学1年生の夏休み、英語の教師が実に大量の夏休みの宿題を出していて、9月1日になっても終わらなかった。で、学校に居残って英語の宿題をやらされたというのです。いったいなんであんなに大量の宿題を出してきたのか?今して思えば、英文の筆記体を夏休みの間に習熟させよう、という意図があったのは明らかで、大量の宿題も別に頭を使うものではなく、言ってみれば「たくさん書いて慣れさせるドリル」であったので、いくら大量でもこんなのできるでしょうよ、という教師の考えだった。
 しかし、あれほど厳しい9月1日は無かったですな。

 で、今年の9月1日。東京は、昨日ほどでは無いですが、まずまず晴れて暑い一日でした。夏の続きです。

 そして9月1日は関東大震災の発生日ということで、防災の日になっています。折りしも、台風10号が東北、北海道に降らせた豪雨で、思いもかけなかった被害が出た。
 台風被害があまりなかった東北、北海道に大きな被害が出たというのが、台風という風水害への備えが、やや甘かったのではないか、という批判があっても仕方ないかもしれない。本来、早めの避難指示、避難勧告ができなかったのか、というマスコミの報道もあり、小生などもそう思いますが、東北、北海道の自治体にとっては台風襲来それ自体が、そうそうあることではなく、迅速的確な警報が出せなかったとしても、直接責められるものでもないでしょう。ならばどうするか。住民ひとり一人が個別に情報を収集して、判断しないといけない。結局は危機管理意識ということに収斂してしまうのだろうと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »