« NHK俳句 | トップページ | 果たして「ひとみ」後継機は上がるか »

悪玉コレステロール

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、西日本の様に猛暑というほどではないのですが、蒸し暑さ感がなかなかという、これはむしろ梅雨の延長の様な感じではないかと思える一日でした。

 昨日、小生の会社の人事部から先月受診した健康診断の結果表が配られました。概ね問題は無く、「良し!」と頷いて終わりにしたいところだったのですが、そうは問屋が卸さない項目が一つあった。そいつがLDLという血液検査の「脂質」の項目の一つだったのですね。
 かつて小生は、会社の健康診断では中性脂肪が基準範囲より高いという結果であったことがありました。幸い、中性脂肪の方は今は正常範囲の中に収まっています。

 一つ良くなれば、別の一つが悪くなる、というわけか。LDL、というのは、最近良くやっているテレビの健康番組では「悪玉コレステロール」という通称で紹介されています。一方、HDLという項目もあり、こちらは「善玉コレステロール」という通称。こっちは、LDLとは逆で、正常範囲より「低い」と問題にされるんですね。小生の場合、HDLは正常範囲でした。

 今回の健診結果では、唯一このLDLの数値が、正常範囲を超えた高い数値だったので、3ヵ月後に再検査しろ、という判定が出ていました。

 ただですねえ。こういう血液検査による諸々の診断は、実は半年ほど前に、小生がかかっている脳神経外科で受けているのです。いつもは「プロラクチン」というホルモンの数値だけを調べるのですが、少しお金は余計にかかるけれども、他の諸々も調べてはどうだろうか、とドクターに薦められてやってみた。その時の結果でも、小生の記憶ではLDLが少し高かったのです。ところがドクターは「最近血液検査の脂質の項目は見直されていて、特にこのコレステロール関係は、以前の基準値から広がっているから、この位の数字なら気にすることはない」とまあそんな話だったのでございます。
 その際の記憶だけではちょっと心許ないので、ネットで調べてみると、確かに「日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が新しい基準を検討中」という記事がありました。およそ150万人分の人間ドックの検査データを元に、新しい基準を定めて、移行することを検討しているのだそうです。まあ、現在はまだ従来の基準なんですね。
 それで小生の健診結果の数字を、その新基準と比べてみると、ちゃんと正常範囲に入ってしまう。勿論、LDLを下げる努力はした方がいいのでしょうが、急いで対策を打たねばヤバイ、という状況でもなさそうであるな、と考えた次第です。

|

« NHK俳句 | トップページ | 果たして「ひとみ」後継機は上がるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64007074

この記事へのトラックバック一覧です: 悪玉コレステロール:

« NHK俳句 | トップページ | 果たして「ひとみ」後継機は上がるか »