« 秋立つや | トップページ | 柔道家の耳 »

クロールのブレス

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日も引き続き暑い一日でございました。暑さの真っ盛りということで、熱中症で病院に搬送される人が増える。というのは好ましくないので、熱中症への対策としての注意喚起の定型文としては「家の中であっても水分を小まめに取り、適切に冷房を使用して下さい」と言っていますよね。
 思えば、東日本大震災が勃発した2011年の夏は、日本中の原発が止まるという事態になって、夏の電力供給がピンチになると言われました。輪番停電なんていうことも実施されましたね。
 で、今年の原発の稼働状況は如何に、というと、2011年の夏と、殆ど変わっていない。九州電力の川内原発が再稼動した位で、後は止まっている。
 そういう状況で、別に電力の供給が大変だ、という話は聞かれないし、「冷房は使いなよ」とアナウンスできるわけだ。それなら原発は元々要らないんじゃね?という話にならないのかな?

 まあ、電力各社も色々と努力されての今日なのでしょう。

 ところで、リオ大会での日本人金メダル1号になった萩野選手のレース。400m個人メドレーですが、最後の100mは自由形で泳ぎます。萩野選手の右のコースをアメリカの選手が追い上げてきていた。で、この様子を見ていたウチのカミさんが「萩野さんは右側呼吸だから、右の選手が見えて良かったよね」と言いました。
 まあ、トップスイマーなのですから、萩野選手はクロールのブレスなんか両側でできるに違いありません。しかし決勝のレースの場合、気をつけるべきはアメリカのカリッシュ選手なので、萩野選手は敢えてクロールでは右側ブレスにして、最後抜かれないように頑張ったということなのではないかと思うのですが、どうでしょうかね。

 ちなみに小生はクロールは右側ブレスだけです。左側ブレスをやると、しくじって水を飲みますので、やりません。勿論上手い方は両側のブレスができるので、右で呼吸したら次は左で呼吸と、左右交互にブレスして泳いでおられる方もいらっしゃいます。ただクロールの場合には両側呼吸できれば便利ではありますが、マストというわけではなく、どちらか片側できれば十分である、という指導者もおられる様です。

|

« 秋立つや | トップページ | 柔道家の耳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64030142

この記事へのトラックバック一覧です: クロールのブレス:

« 秋立つや | トップページ | 柔道家の耳 »