« 悪玉コレステロール | トップページ | 名古屋は赤出汁味噌汁? »

果たして「ひとみ」後継機は上がるか

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、まあどうやら不安定なお天気というのは解消して、例年の如くの「暑い夏」がやってきたかの一日でした。
 もっとも例の利根川水系8ダムの貯水率を上げるためには、群馬県北部の局地的豪雨というのも歓迎ではあったのですけれどもね。実際に、この1週間ほどでは、少しばかりですが貯水率の回復が見られた様です。問題はこの8月を乗り切れるかですね。

 小生のブログでは「何とか早く『ひとみ』の後継機を打ち上げるべし」という論陣を張っていたのですが、当のJAXAにおいても漸く「ひとみ」後継機の検討問題が公式文書として公開されるようになりました。問題になるのは、これはやはり費用ということになりますけれども、我が国は4年後にオリンピック・パラリンピックを開催しようという金持ちの国なんですから、何とか調整して捻り出して下さい。だいたいオリンピックの開催費用なんて「2兆だ、3兆だ、というもはやお豆腐屋さん状態」(by 都知事閣下が候補者の時)の大盤振る舞い。それに比べれば「ひとみ」後継機の開発と制作、打ち上げの総費用なんて小さい小さい。そして「ひとみ」後継機が現代天文学に貢献できることは、とてつもなく大きいですよ。

|

« 悪玉コレステロール | トップページ | 名古屋は赤出汁味噌汁? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64011612

この記事へのトラックバック一覧です: 果たして「ひとみ」後継機は上がるか:

« 悪玉コレステロール | トップページ | 名古屋は赤出汁味噌汁? »