« 柔道家の耳 | トップページ | 山の日 »

受動喫煙対策

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日ほどではありませんでしたが、やはり今頃は一年で最も暑い時季でございますから、暑い一日になるのは致し方ないですね。

 オリンピックのリオ大会は何分日本とは時差12時間(何せ地球の裏側だから)のため、競技をリアルタイムで観ようとすれば、畢竟夜中に起きて観るしかなく、寝不足状態のままで出勤という方もおられるようです。寝不足に加えて熱中症にならないように、気をつけてくださいね。

 そして、リオ大会が終われば、次はいよいよ東京大会です。で、小池知事が、その東京大会に向けて、受動喫煙対策を前向きに進めるとのコメントを出されました。

 辞任に追い込まれた前知事も、確か当初はこの受動喫煙対策を進めると言っていたのに、何時の間にやら「こういったことは国が主導して・・」と東京都が規制するのは腰砕けになってしまったという過去があります。是非とも新知事には、そうしたことが無い様に、東京都が全国に先駆けて最も厳しい受動喫煙対策を打ってもらいたいものです。少なくとも公共空間や不特定多数の人間が利用する飲食店などの屋内では、一律に禁煙として、そうした規制をしない施設管理者には氏名の公表を含め厳しい罰則を科するという形にしませんと、実効は無いでしょう。
 営業施設に対しては、受動喫煙対策のための支出に減税措置があるとか、事業者の規模に応じて補助金を出すとかいった政策も必要になると思います。

 新知事には、強力なリーダーシップを発揮して推進して欲しいと存じます。

|

« 柔道家の耳 | トップページ | 山の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/64039654

この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙対策:

« 柔道家の耳 | トップページ | 山の日 »