« 理解の外 | トップページ | ポケモンGOのパチモン »

未来少年コナン

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京は、昨日降った雨は上がったものの、ほぼ終日どんよりとした曇り空で、ちょっとこれでは「関東甲信地方は梅雨明け」とはいい難いだろうなあ、と思われます。
 しかし昼過ぎからは曇り空のままでも気温は上がり、じんわりと蒸し暑くなりました。

 さて、若い人は全くご存じないと思いますが、遥か昔、小生が中学生の頃だったかと思いますが、NHK総合で「未来少年コナン」というアニメが放送されました。今やアニメ界では巨匠ともいうべき宮崎駿さんが初めて監督したアニメ作品であったと思います。
 主人公のコナンの声をアテたのが小原乃梨子さんで、コナンは超人的な身体能力を発揮して大活躍する「超少年」みたいなキャラクターであるのに対して、この小原乃梨子さんはダメ小学生代表ともいうべき存在のドラえもんの「のび太」の声(第1期)もアテていて、今して思うと中々凄い役者さんなんだなあと感心いたします。

 そんな昔のアニメをどうして思い出したかというと、Wikipediaのこのアニメの記事を読んでいて、ちょっと驚いたからなのです。

 アニメの舞台は人類が最終戦争を始めた結果、その多くが死んでしまい、その戦争から20年後というものなのです。で、その最終戦争というのが、2008年に勃発したのだと。で、それから20年後ですから「コナン」の舞台は2028年ということになりますね。でもって、主役キャラクターのコナンやラナが生まれたのは2016年という具合に推定されると。
 丁度、今年ではありませんか。今年は、コナンやラナが生まれた年であるなら、それを記念して未来少年コナンのリメイク版でも作ってくれればよいのになあ、と考えました。かつてのセルアニメの時と違って、今のアニメはCG制作でしょうが、それだけに画質というか表現力は格段に向上している筈。それはオリジナルの「宇宙戦艦ヤマト」とそのリメイク版の「2199」を見比べても明らかです。まあ、たぶん宮崎駿さんは今更監督してくれないでしょうが、現在は宮崎さんの後を継ぐ気鋭の監督がいますから、きっと素晴らしいコナンができると思いますよ。

|

« 理解の外 | トップページ | ポケモンGOのパチモン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/63974335

この記事へのトラックバック一覧です: 未来少年コナン:

« 理解の外 | トップページ | ポケモンGOのパチモン »