« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016都知事選

 こんばんは、チェスです。

 今日で6月も終わり。東京はいかにも梅雨らしいという空模様ながら、実際雨が降っているかというと殆ど降っていない。北関東も同様であるようなので、これは確かに渇水の危機にあるのは確かな様です。例年7月の前半は未だ梅雨の最中ですから、今後の雨に期待しましょう。

 舛添前知事が辞めて、現在東京都の知事職は副知事が代行している筈ですが、都知事選の公示前とはいえ、どうも中々有力候補の名前が上がってこない。どうなるんだろうか、と思っていたら自民党から小池百合子さんが「崖から飛び降りる覚悟で」(うーん、清水の舞台から、ではなかろうか)立候補するという意思を表明されました。されましたが、自民党の東京都選出議員は「前もって話は聞いていない」みたいなことを言っていて、どうも自民党としてはきちんと一本化はなされていないらしい。

 これに対抗する野党側の候補者はどうなるのか。こちらも未だ見えていない。

 都民としては、野心的な公約を打ち出す人よりは、身辺キレイで堅実に仕事をやってくれる人が良いと思いますが、そういう候補者がそもそも出てくるのかどうか。
 この選挙でも参院選に続いて若い世代に投票権があるわけですが、彼らの選択はどうなるか。あるいは彼らへの上手いアピールはできるか。

 さて、明日から7月で、今年も後半戦突入です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い込み

 こんばんは、チェスです。

 水曜日、東京は雨こそ降っていませんでしたが終日お日様を拝めない曇り空で、夕方には雨も落ちてきました。
 まあもっとも、水がめのダムにはこんなものでは全く足りないでしょうから、九州で大雨を降らせている雨雲は、北関東まで来て欲しいものです。

 話、唐突に変わりまして。
 「アルプス一万尺」という歌がありますでしょう。

 アルプス一万尺小槍の上で アルペン踊りをさあ踊りましょ

 という歌詞を、何故だかしらないが、「子ヤギの上で」とずーっと思い込んでいた、という話を、いつぞやネットかなにかで読んで記憶に残っています。
 子ヤギの上では絶対踊れませんが、でも「小槍」=槍ヶ岳の山頂も、踊りを踊れる様な広い山頂ではないということですが。

 で、実は小生もそのテの思い込みをしていたことが最近判明しました。
 この季節になると、口遊みたくなる「夏は来ぬ」という唱歌があります。文語で書かれた歌詞なので難しいのが原因だったのですが、1番の歌詞

 卯の花の 匂う垣根に 時鳥(ほととぎす) 「早も来鳴きて」

 の「 」の部分を「早や起き出して」と思い込んでいたのです。夏の朝は早く明るくなるから、寝ていたホトトギスも起きて飛んで来るのだろう、と勝手に解釈していました。
 「はやもきなきて」だったのですねえ。文語というのは、音で聞いただけではどうもさっぱりわからないところがあります。実は俳句も文語で書きますから、音で聞いただけでは意味がすうっと通らないことがあります。難しいところです。

 この「夏は来ぬ」は、作曲者の小山作之助の出身地の近くの新幹線「上越妙高」駅の発車メロディーに採用されたそうです。聞いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kindle読み放題

 こんばんは、チェスです。

 小生もタブレットのミーモちゃんや、時々kindle for PC で読んでおりますが、アマゾンがサービスを展開している電子書籍のkindle これの月額固定料金での読み放題というのが8月にも始まるのでは?というニュースが報じられました。

 以前の記事でもちょっと書きましたが、月400円程度で電子媒体の雑誌が読み放題になるというサービスの入会をちょっと考えたことがあったのですが、何分タブレットの画面は小さく、雑誌を読むには向いていないなあと思って止めました。しかし、文庫や新書版であれば、我がミーモちゃんでも十分いける。(というか、目下でも読んでいる。)それで、月額980円というと、これは新書版の新刊書のお値段が概ねこの位なんですね。つまり、月1冊くらい新書版の小説を買うお金で、読み放題だと。

 これは、コンテンツ次第であれば結構元がとれそうに思います。池波正太郎先生の未読の小説なんかも多いですし。

 まあ、出版社がどう考えるかでしょうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ながらスマホ

 こんばんは、チェスです。

 最初にお詫びですが、昨日の「マネーモンスター」のストーリー紹介部分は、一人合点をして随分舌足らずな書き方でした。そこで本日修正をしようとしたのですが、ココログに障害が発生しておりまして、ログインができませんで、修正も遅れてしまったのをお詫びいたします。

 週明け月曜日の東京は、今日こそは梅雨の中休み的なお天気でございました。

 ところで今朝の情報番組で、「歩きスマホによる事故」を扱っていました。

 実際、多いですよねえ、歩きスマホ。小生も西日暮里の駅の階段で、スマホを弄りながら階段を下りていて、階段を踏み外して踊り場まで落ちた女性を見ました。
 狭い歩道でも、殆どスマホから顔を上げないで向こうから歩いてくる人がいたら、「おーおー、いつこっちに気が付くのかなあ。」とわざと歩く進路とスピードを変えないで急速に接近してやります。大抵は直前で気が付いて躱してくれるのですが、あの状態でドーンとぶつかったら果たしてどういう態度を取るのでしょうかね。謝ってくれるだろうか。それとも逆ギレして怒り出すだろうか。
 ぶつかった衝撃でスマホを取り落としたら、ぶつかった相手に弁償しろと騒ぐかもしれないなあ。まあ、こういう世の中ですから、なるたけ面倒なことにならないように、前方にも注意を払わずに歩きスマホしている人には最初から接近しない方がいいですね。

 で、もっと怖いのは、スマホを弄りながら自転車に乗っている人。これは本当に命知らずとしか言いようがないですし、自分が怪我するだけならともかく、加害者にもなりうるわけですから、是非とも「ながらスマホ禁止条例」を制定して、見つけた場合には罰金取ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マネーモンスター

 こんばんは、チェスです。

 梅雨の中休みという感じで、東京は盛夏を思わせるお天気でした。ただ、それほど暑いという感じでもなかった様に思います。

 昼から、カミさんのリクエストで急遽映画を見に行きました。見た映画は「マネーモンスター」原題も同じです。ドラマ映画ということです。

 主演は今や大人気俳優の一人となったジョージ・クルーニー。他にジュリア・ロバーツ、小生はあまり知りませんでしたが、イギリスの若い俳優のジャック・オコンネルという方が大事な役どころで出ていました。

 監督はジョディ・フォスター。

 クルーニーがMCを演じる、テレビの財テク番組で紹介した会社の株を、全財産をつぎ込んで買ったあげくに全て無くしてしまった若者(オコンネル)が、その番組の本番放送中にスタジオに乗り込み、クルーニーを人質にとって番組自体を乗っ取ってしまう、というストーリーです。

 ストーリーはシンプルなのですが、もちろんそれだけではなくて、裏の話もあるのですが、比較的テンポ良く進み、脚本も良く書かれていると思います。映画を見ている時間が短く感じましたので、お勧めできる面白い映画であるといえます。
 まあしかし、劇場まで来なくても映像ソフトがレンタルに回ったら、家でゆっくり見る方が良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次はどうなる?

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝のうちは雨が残るとかいう予報だったのですが、実際には早いうちに上がってしまい、まあ終日曇り空でした。
 義母の見舞いのため、カミさんが一人で山形へと出掛け、新幹線も嵩みますから今回は小生は留守番。
 カミさんは日帰りで、夜には戻ってきました。

 さて、UKはEUからの離脱が決まり、残留派の旗頭のキャメロン首相は辞めることになったそうです。

 今朝の日経を読むと、離脱と決まってもそう簡単には離脱はできず、どうも2年位はかかるらしい。

 問題は、「あのUKですらが出ていくのだから、我々が出て行ってもなんの問題も無いはずだ」という、EUに不満を持っている他の国や地域が、同じように離脱を目指して国民投票に諮る様になったらどうなるか。

 「欧州は一つ」を目指して、ベネルクス3カ国から始まったEUが、「欧州はひとつひとつ」に戻ってしまう、その始まりになった、ということにはならないか。グローバリズムという流れは、逆流になってしまうのでしょうか。そいつは当然「ナショナリズム」というものなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国離脱

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、終日どんより低い雲が垂れ込めた曇り空、と言いたいところだったのですが、夕方4時30分頃になって小生の勤務先の東京の北の外れでは、雨がパラパラと落ちてきました。そういや、天気予報では会社からお帰りの時間は雨が降ると報じられていたような。

 ところで、このブログで何度となく取り上げていた、UKのEUからの離脱を問う国民投票が実施され、本日午後(日本時間)になって「離脱派の勝利」が伝えられてきました。

 この結果、時期はともかくとして、いずれUKはEUからの離脱を通告することがはっきりしたわけです。
 正直言いまして、小生は「結構ギリギリになるかもしれないが、最終的にはEUに残るという結果になるだろう」と思っていたので、この結果はかなり驚きました。
 欧州から遠く離れた日本に住んでいますと、実感がありませんが、どうもEU域内への中東からの難民流入や移民という問題は、思った以上に重くのしかかっているのだろう、ということですね。

 さっそく為替や株式市場が、この結果に反応しているのですが、もう決まってしまった以上は「これからどうなり、我々はどうするべきか」というのを考えた方がいいのです。ですが、こと、経済に関しては、よろしくないことばかりで・・ひょっとすると「リーマンショック」以来の「イギリスショック」という世界的な不況に繋がるのかも知れませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塗装工事

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、西から進んできた雨雲のため、朝から雨が降っておりましたが、午後3時頃には雲が無くなって青空が広がりました。
 今日は小生の勤務先の会社の株主総会で、昨年はこの日に小生はカミさんとサイパン島へ遊びに行ってしまい、何も仕事をしなかった(というか会社を休んでいた)のですが、今年はお役目が割り振られていたので、総会の会場に入って後ろの方に座っておりました。30年以上会社におりますが、総会の会場に入ったのは初めてかもしれません。まあ別に波乱も無く、淡々と無事に終了いたしました。

 小生が住んでいる賃貸の集合住宅は、目下足場が組まれてシーリング、防水、補修など外壁改修工事中なのですが、これらの工事も佳境に入ってきて、外壁の水洗い、そして塗装工事が行われるというスケジュールがエレベータに貼り出してあった。それは良いのですが、東側の窓の網戸に養生のフィルムが貼られてしまい、窓が開けられません。
 南側の窓は未だ開けられますからいいですが、南側と東側の両方の窓を開けますと、風が非常に良く通って涼しいものですから、目下は大変不便です。

 塗装工事も雨が降るとできませんから、たぶん今日は中止で日延べになっているのでしょうが、早く終わって欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参議院議員選挙

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、ほぼ曇りと言ってよい一日でしたが、どうも時折雨が降った様で、地面が濡れておりました。

 さて、参議院議員選挙がありますね。今回から、選挙権付与の年齡が20歳から18歳に引き下げられて、初めての国政選挙ということになります。
 しかし、どうなんでしょうか。2009年の当時の民主党が政権を獲った時の総選挙以来、投票率というのはずっと下降傾向にある。
 18歳からの若い人が、果たして投票に行くだろうか。それも、半数改選の参院選ですからね。

 そもそも論で言ってしまえば、参議院というのが本当に必要なのか、という議論もしばしば行われると聞きます。
 議会は衆議院の一つで十分ではないか、参議院なんていうの、要らないのでは?と言われれば、なるほど、それはそうだ、と小生も思います。
 2つも議会があるのは、国会だけです。他のすべての地方議会は、ただ一つ。きちんと十分な議論が尽くされれば、別に衆議院があればそれで十分だろう。

 しかし、確か2院で構成されるというのは憲法で決まっていた。(かもしれない。間違っていたらご指摘下さい。)となると、参議院を廃止するのは憲法を改正しないといけない。
 うーん、それは中々大変だ、ということになってしまう。
 まあ、ともあれ、投票にはなるべくなら行ってくださいね、皆さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康番組

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、午前中から雨が降っておりましたが、夕方には止みました。傘を忘れやすいパターンのお天気ですね。

 ここ数年のテレビ番組の傾向で、お医者さんが登場する「健康志向」の番組が何やら非常に増えたなあと思います。

 勿論長寿で健康というのは、概ね誰もが願うことでしょうから、手堅い番組のテーマと言えるでしょう。ですが、この手の番組があまりにも多く、こうした番組で推奨されている「長寿で健康」の食生活とか生活習慣とか、そういったものをくまなく全て実践しようとすれば、これは大変なことになります。
 なんというか、健康を目指すがあまり、そのストレスで病気になってしまいそうな。

 小生は、認知症だけはなんとしてでも避けたいとは思っていますが、それ以外は、健康も長寿も、まあホドホドでいいかなと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俳句のおけいこ

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、道路は濡れていましたが朝は雨は止んでおりました。但し大気の状態が不安定ということで、傘を持っての出社となりました。

 一昨日、土曜日のことですが、「日本一のミートソース」を食べた後、実家へ行き、ちょっと暑かったのではありますが、母親を誘い出してうちのカミさんと3人で図書館へと行きました。
 図書館というのは半分は口実で、母親に外出させて少し運動させようと思いまして。

 折角図書館に来たので、俳句関係の本でも読んで帰るか、と思って書棚を眺めていたら、「俳句のおけいこ」という目を引くタイトルがあった。ジャック・スタムというドイツ生まれのアメリカ人が著者で、江國滋さんが監修しているようです。この作者は、コロンビア大学で日本文学を学んだというので、素養はあったのでしょうが、マッカーサー占領軍の一員として日本に来た後、コピーライター、詩人など活動している傍ら、俳句に惚れ込んだらしい。江國さんも、在りし日のスタムさんとの俳句の交流を本の中で書いている。
 日本語で俳句を作ったことだけで十分凄いが、この人は同時に英語でも同じ俳句を詠んでいる。日英の句集になっているのですね。

 スタムさんの代表句

  梅咲いてまたひととせの異国かな

 1年の感慨を「梅」という季語の斡旋で詠んでいるところが凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏掛け

 こんばんは、チェスです。

 東京は終日曇り空で、昨日よりは少し気温も低めの日曜日でした。

 昨日の土曜日の夜から、小生の家では懸案となっていた、掛布団の夏掛けへの交代を、漸く果たしました。
 併せてベッドのシーツ、これまでの冬用掛布団の布団カバーなども次々と洗濯してしまい、やっと快適な睡眠ということになりました。

 午前中は、先日アマゾンで注文した網戸ブラシを使って、網戸を1枚試しに掃除。この網戸ブラシは繊維が細かく長いので、洗剤を使わずに水だけで網戸の目にくっついた埃などの汚れを絡め取るという触れ込みなのですが、良く汚れを取るということは、ブラシの本体がすぐに真っ黒になってしまうということ。
 真っ黒のブラシを使い続けても網戸は綺麗にはなりませんから、頻繁にブラシを水洗いせねばならない。これが結構面倒で手間がかかる。

 なかなか全てにおいて都合の良い製品というのはないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本一のミートソース

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、今日も梅雨のさなかとは思えない、朝からピーカン晴れの暑い一日でした。
 湿気は意外に無い感じで、風もあったので、暑いとは言え比較的過ごしやすかったでしょうか。

 用事があって、実家の鳥越に行くことになりましたが、JR浅草橋駅でいつも下車するので、昼飯を「東京MEAT酒場」で食べることにしました。いつぞやテレビで見たのですが、何でもこのお店では「日本一のミートソース」というメニューがあるそうです。

 行ってみると、さすがにランチ時であるためか、お店は満員で、待っている人が4人ほど行列を作っていました。ただ、実際に待っている時間はそれほどでも無く、すぐに席が空いてカウンターの端に座ることができました。

 で、その「日本一のミートソース」。

 ちょっと見、びっくり。どこにもミートソースが見えず、パスタしか見えない。
 しかしミートソースは下に隠れているのです。これは敢えてこういう盛り方をしていて、まずはパスタだけを食べてみて下さい、ということの様です。で、パスタを食べてみる。バターが効いていてモチモチしていて美味しい。

 そして、下のミートソースを少しづつ混ぜて食べていく。なるほど、日本一と名乗るだけのことはあるかな、と思いました。

 で、容器に少し残ったソースとパスタに、トマトスープをかけてもらうと(ランチの時はサービスだそうです)トマト味のスープパスタになる。
 夜は夜で、ちょい飲みオヤジの溜まり場になっていそうなお店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうするUK

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、昨晩の雨が上がった東京は朝から晴れて気温が上昇、暑い一日でした。

 小生自身については特に書くべき事項もありませんでしたので、久しぶりに海外のニュースを拾ってみました。
 そうなると、今月23日に迫ってきたイギリスのEU離脱か残留か、を問う国民投票でしょうね。

 スコットランドがUKから独立?とかいう時も、それなりに注目を集めましたが、実は今回の話はそれどころじゃない、どうも世界経済に相当の影響が及ぶ話らしい。
 キャメロン首相を始め、現在の英国政府要人は概ね残留派らしいです。が、昨日でしたか、残留派とされている女性議員が銃撃を受けて亡くなったというニュースがありました。
 そういったテロ的な方法で訴えるというのは、何しろけしからん話だとは思いますけれども、UK国内の国民にとっては極めて大問題であって、国論を二分する状況になっているのは確かなんですね。
 UKの外の、EUからも外の我々日本人からは、まあできれば経済にはあまり影響を及ぼさないであろうUKのEU残留、ということに決着してもらいたいとは思いますが、こいつも米国の大統領選挙と同じく、ただ眺めているだけしかどうしようもありませんから、日本時間の24日、注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一と声

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、ぶ厚い雲が一面に広がって、いかにも雨が落ちてきそうな空模様でしたが、東京では昼間は殆ど雨は落ちることは無く、夜になってから雨が降り出すという一日でした。
 梅雨入りしたにもかかわらず、先月の降雨量が少なかったということで、利根川水系6ダムの貯水率が危機的に落ち込み、このピンチを受けてまずは10%の取水制限が始まりました。ただ取水制限の段階では実生活への影響はまずないと言って良く、しかし都民全員が節水を心がけないといけないのは確かです。例えば、洗車は暫く控えましょう。
 ただ、梅雨前線が北上したことから、西から雨雲が来たのは確かで、夕方に国交省のXバンド降雨レーダーを見ましたら上手い具合に矢木沢ダムのある辺りには雨が降っているらしい。
 利根川水系のダムでも一番の規模が矢木沢ダムですから、もう暫くあのあたりに続けて雨が降るとありがたいですな。

 話飛びますが、週に一度、水泳部と称して会社の帰りに北区のプールにて泳いでから帰っております。その際に立ち寄るのは専ら「松屋」であることは以前に書いたと記憶しておりますが、この松屋のカウンターに常備されているサラダ用ドレッシングは、これまで「ゴマ」と「フレンチ」の2種類でした。今週も松屋に寄って、カレーを食べて帰るか、と入ったところ、ドレッシングに「和風」が追加されて増えていた。和風というから、たぶん醤油ベースなのだろうと思って試しにかけてみると、僅かに柚子の香りもする。無難な選択だろうと思いましたので、今後は「ゴマ」と「和風」を交互に使うということになるかな。
 で、「食い逃げ事件目撃」の記事の中で書いたように、牛丼業界のビッグワン「吉野家」は食後に支払いのシステムだそうですが、我が「松屋」は入店直後に食券を購入して前払するシステムなのです。そうなると、食べてしまった後は、もう退店するだけで、ごそごそと持ち物を持ってお店を去るということになる。どうもこれが、何となく気持ちが悪い=食い逃げ的な感じが拭えない。
 で、小生は食べ終わったので帰りますよ、という意思表示として「ゴチソー様」とか「ゴチソーサン」とか一と声掛けてから店を出る様にしています。既に正規料金は支払済みなので、黙ってでも堂々と引き上げてもよさそうなものですが、まあ気持ちの問題ですね。しかし、小生の如く一と声掛けてから帰るという人は、何気なく見ていると、どうも少数派ですね。仮にワンコインで済む食事でもコミュニケーションがあった方が楽しい、と思う方なので、料理を運んでくれたスタッフにはひと言ありがとうと言いますが、世の中にはどうも余計なコミュニケーションは苦手という人が多いのかもしれない。混雑した電車から降りる時も、一と声掛ければ降りやすいのですが、黙っていきなり後ろから押されるとムッとしますからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結局辞任

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、いかにも雨が落ちてきそうな雲行きで、しかし天気予報では「午前中に雨が少し落ちてくるかどうか」位の話でしたから、折り畳み傘も鞄から出して出社しました。しかし湿気をたっぷり含んだ冷たい風が吹いていて、どうも怪しい天気。しかし結果的には「曇り」というひと言で済むお天気でした。

 舛添都知事、「リオまではやらせてくれ」と往生際の悪い抵抗をしていましたが、都議会で各会派から不信任決議案が出されるに至り、もはやこれまで、辞任ということになりました。

 石原都政以降、2人続いて「政治とカネ」問題で都知事が任期途中で辞任というザマとなり、こんな人である、と見抜けなかった都の有権者も反省しなくてはならない。まあ、小生もその一人です。新しい都知事が選挙で選ばれるまでは副知事が職務を代行するのかな。「日本で直接選挙で選ばれる、最も大きな力を持つ首長」である東京都知事は、なにやら人気投票的な雰囲気が常に付きまとっていた様に思いますが、さすがに2人連続してカネ問題で辞任となると、我々有権者としても「もうちょっと慎重に選ばなくてはなるまいな」と思うかどうか。

 手堅い行政手腕と、清廉な人柄、といったあたりだと選挙には勝てないのか?しかし次回都知事選挙ではそんな人に一票を投じたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まあ見苦しい

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京は、朝のうちは昨日の雨がすっかり上がってこれは気持ちの良い晴天になるのかな、と思いましたが、その後は雲が広がってきて、意外に気温も上がらずに、何やら変な天気の一日でした。

 さて、東京以外にお住まいの方にとってはどうでもいい話を当ブログでは続けていますけれども、例の都知事閣下への公私混同ぶりの追及、都議会の総務委員会というところで行われた結果、どうも都知事閣下はみなを納得させ得る様な答弁ができず(まあ、ハナからできるとは思っていなかったけれども)、昨日のその総務委員会の終わりには自ら手を上げて、知事の給与は全額無給で働くので、リオデジャネイロオリンピックまではやらせてくれ、とまあ、一体何を言い出すのかと思ったら誠に見苦しいことを言い始めた。

 都議会の会派の中でも、日本共産党や民進党など野党は既に知事不信任を出すということで決まったらしく、ならば公明、自民の与党はどうするのか?まさか不信任を否決する様なことをやらかしたら、これは近く行われる参院選挙にも影響が及ぶとの危惧があるようで、どうもどうやら与党も知事不信任提出ということになるかもと報じられています。

 都議会で不信任が可決されれば、都知事閣下は辞職か議会解散かの二者択一ですが、もはや辞職以外は有り得ないでしょうから、辞職秒読み段階に入ったとみて良いでしょう。

 ならば、次の東京都知事を選ぶ選挙をしなくてはいけない。どんな候補者を立てるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長持ちしない

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日の東京は、朝から雨で、夕方までほぼ終日雨模様でした。風も強く、時折傘が煽られるので少し歩いただけでも濡れました。

 それだけでもうんざりなお天気でしたが、JR常磐線各駅停車が10分くらい遅れていて、車内は大変な混雑でした。西日暮里までの僅か10分がこういうときには大変長く感じる。
 京浜東北線も何やら遅れていて、どうも週明けの月曜日というのは鉄道会社にとっては厄日なのかもしれませんね。

 話は全く変わりまして、よくノベルティーグッズとして貰う、3色とか4色のボールペンがありますでしょう。ペンの軸が太いので、その太い軸部分に会社の名前なんかが書いてある。
 何せタダでの貰い物だから、インクが無くなって書けなくなったらそれで終わりの使い捨てですが、この手のペンが誠によく壊れる。
 せめて、赤色か青色か、どれか1色を使い切ってから壊れるなら、まあそんなものか、とも思いますが、中を見るとインクはまだまだ残っていて書けそうなのに、ペンの軸を出したり引っ込めたりする機構が、まず間違いなく壊れますね。
 あれは、3色とか4色とか、複数のインクの軸が内蔵されているから壊れやすいのか?例えば黒と赤の2色だけならもうちょっと壊れずに使えるものなのか?

 タダで配る大量生産の安物品だから、というのが理由なのでしょうが、まあ、インクが切れるまで使えた例がないですね。

 タダで貰えるペンではなくて、文房具屋で500円とか払えば、あんなに簡単に壊れない奴を手に入れられるのでしょうかね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回転寿司店にて

 こんばんは、チェスです。

 金曜夜から山形へ行ってきまして、先ほど帰京いたしました。
 関東甲信地方までは梅雨入りしていますが、東北南部は未だ梅雨入りしておらず、土日ともに山形は真夏を思わせる大変暑い日でございました。街中を走っているクルマの大半は窓を閉め切っており、つまりはこれはエアコンを効かせていたわけですね。

 土曜日の夜は、毎度よろしくという感じで大手スーパーの敷地内に併設されている回転ずしのお店へと行ったのですが、土曜日の夜という好条件のためか、非常に混雑していました。逆に言えば土曜日の夜でガラ空きの飲食店は、完全予約制でもなければ経営的にまずい状況と言わなければならないでしょうね。

 小生とカミさんは、まあそれでも暫く待ってカウンターの方の席に案内されました。

 さっさと食べて、さっさと帰ろうとか言っていたので、矢継ぎ早に注文を入れ、小生はあおさの味噌汁、カミさんはあさりの味噌汁を注文しました。あおさの味噌汁は割と早くにやってきたのですが、あさりの味噌汁が中々来ない。
 中々来ないので、その辺に来たホール係スタッフを捕まえて催促しようとしたのですが、捕まえられるスタッフもいないほど忙しいらしい。

 お寿司は順調にやってくるので、食事が大半終わってしまった頃に、やっとカミさんのあさりの味噌汁が到着しました。

 運んできた、たぶんバイトの女の子に文句を言っても仕方ないとは思いつつも、何か言わずにはおれないと思って、「食事は大半終わってしまったよ。もうお味噌汁はキャンセルしようかと思っていたぞ」と文句を言いましたら、「申し訳ありませんでした」と謝罪されました。

 バイトの人手が足りないのでしょうねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

口内炎

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、どうやら移動性高気圧が関東の真上あたりにやってきたらしく、昼頃には真夏を思わせるピーカンの快晴で、何やら暑い一日でした。

 確か、火曜日の朝食時だったと思うのですが、パンの一切れを食べている時に、うっかりと上唇の内側のあたりを噛んでしまったのですね。噛んだと言っても正確には「噛みそうになった」くらいのことで、その時には特に痛いということはありませんでした。

 が、しかし。

 口の中の、ほんのちょっとした傷というのは、こいつは大抵口内炎に繋がる。果たして昨日の木曜日の朝、噛んだあたりが腫れてきた様な感覚があったので、鏡の前に行って上唇を捲ってみたら、果たして口内炎ができていました。
 まあしかし、口の中のこんな場所は、いったいどうして噛むことができるのだろうと思える様な場所なんですね。口内に何も無い状態では、むしろ不可能ではあるまいかと思います。
 たぶん、何か食べ物を噛む時には、口の中では複雑微妙な歯の動きをしているのでしょうね。それでまああんな場所を噛んでしまうのでしょう。

 口内炎というのは中々治らないので、誠に鬱陶しい。熱い味噌汁が沁みたりするので、ビクビクしながら食事しないといけないというのも情けない。

 ところで、所用がありまして今晩の新幹線で山形に行きまして、日曜日の夜に帰京いたします。
 明日の記事の更新はおそらくございませんので、あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニホニウム

 こんばんは、チェスです。

 今年のお正月、1月5日付の記事に、「周期律表第113番目の元素について、IUPACは理化学研究所に命名権を与えた」とのニュースを書きました。
 昨日、その理化学研究所からの「この元素名として「ニホニウム」(記号はNh)を提案した」という発表がありました。

 元素の周期律表の空白のマスに、新たな元素名が入る、その名前が「ニホニウム」となれば、1月5日の記事にも書きましたが、やはり大変なことだ。

 昨日の理化学研究所の会見でも、この新元素を発見するための大変な実験のご苦労が説明されていました。曰く「ゴルゴ13の様に一発必中で当てられないので、下手な鉄砲も数打ちゃあたる、方式でやりました」と。もの凄い確率の低い話なので、膨大な試験回数を稼いで、その結果なのであると。しかし、この新元素は折角できても、あっという間に崩壊してしまう、誠に寿命の短いものなのであるそうです。

 兎に角、化学の教科書には必ず載っている周期律表に「ニホニウム」が追加されるのを、楽しみに待つとしましょう。まあ、これはそんなに時間はかからないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリントン対トランプか

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、天気予報よりはだいぶお天気が良く、上空の雲は薄く、むしろ「晴れ時々曇り」くらいの方があっているのではと思いました。

 さて、本ブログでも度々取り上げている、今年の11月にあるアメリカ大統領選挙の、2大政党の候補者が事実上決まったと言ってよいでしょう。
 共和党は例の「暴言王」トランプ氏。

 民主党の方が、アメリカ初の女性の大統領候補となるクリントン氏。女性初というだけでなく、夫婦で大統領をやるというのも、これは世界中探しても中々いない夫婦ということになるのではないでしょうか。(世襲制なんかだと、ありうるかもしれん。)まあ、こちらのほうは、民主党内の対立候補であるサンダースさんが「候補となるのを辞退しますよ」と言っていないので、まだ決定ではないにせよ、クリントンさんは余程のことがない限りは逆転されないでしょう。

 すなわち、11月の大統領選挙の本選では、クリントン対トランプという構図になるのは間違い無さそうです。

 どちらが勝ちそうか、ということよりも、日本にとって難しいのはどちらが大統領になった場合かということでしょうねえ。これはもう、トランプ大統領ということになったら、大変やっかいだ。なんと言っても日米安保を見直すとか言っているのだから。まあ、日本人はどうしようも無いのですから、ドキドキしながら結果を見守るしかないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これでも都議会は動かないか

 こんばんは、チェスです。

 東京は一日曇りの筈でしたが、小生の勤務先のある東京の北の外れでは、お昼過ぎの1時30分頃だったか、小雨というには盛大に雨が降ってきました。2~30分で止んだ様ですが。

 今朝の情報番組は(まあ昨晩からか)昨日の夕方の舛添都知事閣下の「第三者による調査報告」を随分と取り上げていましたね。

 色々な事例を挙げて弁護士先生(元検察官)がコメントしていたけど、全ては見られなかったが、結論は「一部不適切な処理はあったが違法は無かった」ということに集約されてしまうのでしょうか。こんだけ公私混同していても違法では無いとは、政治資金規正法というのはまあどんだけザル法なのかと、今更ながらですがガックリです。

 繰り返しになりますけど、都民が都知事を辞めさせるにはリコールという方法がありますが、どう考えても実現性は無いと言って良い。
 ならばというわけで、都議会が知事不信任を決議しないのか?と思います。都議会野党は、今頑張らないで、いったい何時頑張るのか。不信任案を提出して、そいつを都議会与党の自民党や公明党が否決に回ったら、絶好の攻撃目標になりますよね。公私混同の都知事閣下を庇うのですね~とやればいい。

 実際に現都知事閣下が辞めてしまった場合に、代わりにやってやる、という人材が居ないのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一つの感想

 こんばんは、チェスです。

 昨日の日曜日に、関東甲信地方が梅雨入りしたとの発表が気象庁からありました(そうです)。にしては週明けの月曜日の東京は、特にお天気は悪くなかった。雲は多かったし、朝などはスカイツリーの大部分が隠れて見えないほど雲が低く、こうした状況だと概ね雨が降りますが、結局雨は落ちては来なかった。
 今朝の情報番組では、東京の生活用水を支えている利根水系の6ダムの貯水率が、今年はかなり低いのだそうです。となると、やはり梅雨に入った以上はしっかり雨は降ってもらわないと後々困ることになりますなあ。

 ところで、昨日観た「スポットライト 世紀のスクープ」なんですが、映画の本筋とは別の感想というか、感慨を覚えました。

 ボストン・グローブという新聞社が舞台の映画にも関らず、喫煙しているシーンが殆ど無かったです。他にもあったかもしれないけれど、小生が記憶しているのは映画のプロローグのシーンで、ボストン市警察の何とか分署で、警察官がタバコ吸っているシーンがあった。
 なんというんですか、新聞社というと、いかにもヘビースモーカーの巣窟みたいなイメージ、ありませんかね。記事をガリガリ書きながら(まあ今だとパソコンを打ちまくりながらか)くわえタバコやっていて、机のあちこちにタバコの灰が落っこちているという。社会部の部屋なんて、もうもうと煙が立ち込めていて、その上全員更に吸っていると。

 こうなってくると、警察署なんかも喫煙が厳しくなっているのかもしれないなあ。時代は変わりましたね。(勿論良い方に。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポットライト 世紀のスクープ

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、朝のうちは小雨がパラついており、午前中は雲が厚かったですが、午後遅くなるほどお天気が回復して青空が広がってきました。

 さて、ウチのカミさんの希望で渋谷まで映画を見てきました。いつもは映画は隣町の亀有アリオに入っているMOVIX亀有で見ることが多いのですが、今日の映画は日本で公開されてから既に時間が経ってしまい、公開も終わりに近づいていたのでしょう。僅かの映画館でしかやっていなかったので、わざわざ渋谷まで足を伸ばした次第。

 で、観た映画なんですが「スポットライト 世紀のスクープ」。

 オスカー=アカデミー賞の作品賞・脚本賞に輝く話題作で、他にも多くの映画祭で受賞やノミネートされているという話題作です。

 モダンで洒落た音楽が後ろに静かに流れながら展開するストーリーは、実話に基づいているというだけに、かなり辛く重いテーマです。
 カトリックの教会の多くの神父が性的児童虐待をしながら、その事実を教会が隠蔽していたという事件を、ボストン・グローブ紙の特報チーム「スポットライト」が暴いていくというものです。

 「バットマン」を演じたマイケル・キートンが主演と言えば主演かもしれませんが、「スポットライト」チームの他の3人の俳優さんや、ボストン・グローブ紙の関係者、弁護士など事件を知りうるメンバーなど、脇を固める俳優さんのいずれも実力派揃いと思われました。

 派手な見どころは全くなく、淡々と、しかしテンポよく進む映画は、重いテーマにも関わらず観る者を引き付けます。
 さすがにオスカーW受賞、しっかり作られた映画でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京王百草園

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京は、昼頃まではかなり日差しの強い晴れでしたが、午後から雲が厚くなってきました。

 今日は、小生が会員となっている俳句結社の中で、吟行が開催されましたので、参加してきました。
 行き先は、「京王百草園」でございます。

 京王電鉄の準特急で府中まで行き、各駅停車に乗り換えて、その名もずばり「百草園」という駅で下車。改札口で本日参加の面々が集まり、昼食を買った後で百草園へ。
 それほど広大という訳ではないのですが、小高い丘の上にある園内は四季それぞれに咲く花がたくさん。また、昔はお寺であったということで色々な品種の梅の木がたくさん植えられておりました。

 ここでの見学を終えると、また京王に乗って千歳烏山へと戻ってきて、区民センターで句会。かなり俳句の出来は悪かったのですが、2つの句を採っていただき、何とか名乗ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは良かった・・が

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京では風は強かったので、会社の机の上が何やら埃っぽくなりましたが、お天気は良く快適な一日と言って良かったです。
 昨晩のニュースの中の天気予報で、明日の朝(つまり今朝)は冷え込むので、風邪を引かない様に、という注意がありました。で、もうそろそろ夏掛け布団に交換したいと思いながらも、冬の掛け布団のままで寝ましたら、朝は汗びっしょりになっていて、自分のかいた汗で風邪を引くのではないかと思った。もうさすがに掛け布団を交換する時期に来ていると思うのですが、カミさんが寒がりなので中々交換が実施できません。

 ところで、北海道の七飯町で置き去りになった小2の男の子が、その後に行方不明になってしまった事件、本日6日ぶりに発見され、特に怪我などもしていなかったということで、このニュースは書くべきかどうするかと迷っていたのですが、こうした結果になって本当に良かった。昼のNHKニュースは、会社の昼食時としては何時に無く注目を集めていました。
 ただ、自衛隊の演習場の休憩施設に居た、という報道なのですが、行方不明になった場所から、直線距離でも結構離れている。小生は、こんな小さな子ですから、置き去りにされてもまあ暫くはその場で呆然としているのではと思ったのですが、どうして早速にそんな移動ができたものか。水は飲めた様ですが、食べ物も無くよく耐えられたとも思います。色々他にも疑問もありますが、これだけのサバイバルができたのなら、陸上自衛隊としては大きくなったら是非にと彼をリクルートしてはどうでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

外壁補修工事

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京は、お天気は良かったものの北寄りの風が強く、その分気温が上がりませんでした。まあ、むしろ爽やかという感じでしたが。

 暫く前から、小生が住んでいる集合住宅の外壁補修工事を行うという連絡があり、1週間ほど前から足場を組み始めました。
 小生の住んでいる集合住宅は13階建てで、我が家は11階にありますが、窓の外に足場が組まれると、これがどうも鬱陶しいことこの上ない。しかしまあ、この建物も築年数から言ってそろそろ大規模補修が必要な時期になったということなのでしょう。

 でも、この位の高さでも足場はかなり大変だという感じがします。30階建てとかのタワーマンションであったら、どうやって足場を組んでこうした工事をやるのかな。まあ、超高層ビル用の足場とかがあるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹筋でも

 こんばんは、チェスです。

 もう6月です。早いものです。6月初日はあまり気温も上がらず、湿度も低くて快適な東京でした。

 さて、昨日の記事を書いてから、3週間ぶりに水泳部の活動のためにプールへと行きました。
 先週は咽喉が腫れて声がおかしくなっていたので、水泳は念のため自重。その前の週は、プールが換水・清掃・設備点検のため休業、なので、中3週となってしまいました。
 更に、小生自身、咽喉の腫れは治ったものの、痰が絡む様なすっきりしない状態は続くと、ちょっと不安でしたが、それだけのことなので、もう水泳は大丈夫だろうと。

 で、特に問題もなく、ノルマの1500mをチンタラと泳いで、あとは水中ウォーキングなどをして上がりました。

 問題は、帰宅後です。

 クロールを泳いでいる時に、「これはちょっと俳句になりそうな・・」という観察にもとづいた着眼があり、歳時記を開いて季語を確認しようと思ったのですね。
 で、索引を見ると、ページの数字が小さくて、老眼が進んできている小生にはどうにも良く見えない。うんざりして、眼鏡を外した時に、ちょっと背中を丸めて前屈みになったその瞬間、腹筋がビビビーンと攣った。
 げげ、腹筋もまあ確かに筋肉だし、攣るんだ、と思ったけれどもやはり痛いわけだ。痛くてもどうすれば良いのかわからず、攣っているあたりの筋肉を触ってみると、ビクビクと動いているのがわかる。1分も経過したか、と思いましたが実際にはたぶん10~20秒という所なんでしょうね。収まりました。

 結局、チンタラでも1500m泳ぐのに、多少なりとも腹筋を使っている証拠なんでしょうね。でもって、腹筋運動をして鍛えたのなんて、更に以前の話だから、久しぶりに使われて腹筋がくたびれていたのかもしれない。もうちょいジムも行って、腹筋運動も真面目にやらないといけませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »