« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

九月尽

 こんばんは、チェスです。

 西からお天気は下り坂とか、朝の天気予報では言われていましたが、今日のところは東京は未だ良いお天気が続いていて、秋らしい過ごしやすい好天でした。
 そして今日は9月30日。今日で9月が終わります。9月が尽きるということで、秋の季語に「九月尽」というのがあります。
 もっとも歳時記に載っている「九月尽」は陰暦であって、現在の陽暦であれば概ね1ヵ月後ろへずらさねばなりませんから、10月の終わり=即ち秋の終わりということをバックに意味している季語と捉えねばいけないのでしょうね。

 カレンダー的には、会社は第2四半期、若しくは上半期が終わって明日からは第3四半期、若しくは下半期がスタートするという、結構区切りの一日となりますね。

 その「九月尽」ではないですが、小生が今年入った俳句結社に限らず、多くの俳句の会、句会では、予め「兼題」といってこの季語を使った俳句を作って句会に出して下さいよ、という課題というかテーマが出ます。概ね、出席した句会で次の(1ヵ月先の)句会の兼題が発表される。
 この兼題を見て、小生の如き俳句の初学者は色々困ったり悩んだりする訳です。しかも10月の兼題に「菊枕」というのがあり、これには本当に困りました。まず「菊枕」と言われてもどんなものなのかイメージできない。ネットで調べて、どうやら菊の花を摘んで乾燥させたものを枕の中身として詰めたものらしい。しかしそんなものは実物も見たことは無いし、さて、この季語を斡旋してどうやって一句捻るか。
 テストの問題を見た時に、一見して解くのが難しそうだ、と思ったら、それは後回しにして易しそうな問題からやっつけるのが効率の良いテストの解き方ですよね。でも、俳句の兼題でそれをやると、結局何とかなりそうなのを作って「菊枕」は最後まで残ってしまいそうである。ここは一つ何とかせねばならない。ということで、「枕は高くできない」のであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名月や

 こんばんは、チェスです。

 天気予報が言っていたほどには晴天ではなく、時折雲が広がる時間帯があったりしましたが、東京はまずまずのお天気の一日でした。

 一昨日は仲秋の名月、昨日は地球-月の距離が最も近い日にあたるのだとかで、それを「スーパームーン」と言うそうで、小生も夜ヴェランダへ出て月を眺めてみました。
 俳句の季語でも「月」は秋の季語ですし、「名月」は無論のこと、月に関係する季語の色々が秋にあります。空が澄んでくると同時に月が美しくなる秋が、やはり「お月見」の季節ということなのでしょう。

 太陽系の8つの惑星の中で、月より大きな衛星を持っているのは木星、土星、海王星というところですが、これらは地球との比較で言えばガス状の巨大惑星です。質量や特質が地球と比較的似ている水星、金星、火星のうち衛星があるのは火星のみですが、火星の2つの衛星は月とは比較にならないほど小さい。
 とすると、母惑星:衛星の質量比が最も大きな組み合わせは、太陽系の中では地球:月が一番です。
 地球の外の一番近い自然の天体が、あの様に大きく美しく輝いているというのは、文学芸術の対象としても大きいでしょうが、宇宙開発という科学技術の面からも「何とかなりそうな手頃な目標」として大きな存在ではなかったかと思います。月が無かったら、次なる目標は火星か金星か、ということになりますが、これらは月とは比較にならない遠方ですから、目標としてはハードルがかなり高いので、少なくとも人間を送るというのは厳しいです。月という「手頃な目標」が宇宙開発を手助けしてくれたと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野東京ライン初乗車(今頃?)

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日、昼間は秋晴れとなり、気温が上がって「暑さが気持ち良い」という一日の東京でした。東京でした、と書きましたが、昼前から勤務先の会社の平塚市にある工場に用事があり、東海道線に乗って出かけていたのです。
 用件の方はサクサクと片付き、再び東海道線に乗って帰京。乗った電車は東京経由の宇都宮行き。わざわざ「東京経由」と書くのは、新宿を経由して埼京線から北へと行く「湘南新宿ライン」の電車もあるからなんですね。ややっこしいことになったものです。

 となれば、これまでは東京駅で下車して乗り換えていたのが、上野まで乗車して上野で乗り換えれば良い。つまりは例の上野東京ラインにやっと乗車できるというわけだ。
 小生は、「用事が無くても電車にわざわざ乗りに行く」という程の鉄道好きでは無いです。(うーん、過去にそれに近いことはやったことはある。)
 だいたい、上野と東京の間なんて、一体これまで何回往復したことか。東京とその近郊にお住まいの方なら、同じでしょうがね。別段新鮮な景色が見えるわけでもない。
 とは言え、どんな感じなんだろうか、と東京を出た電車の車窓を眺めておりました。存外にゆっくり走るんですね。予想とおりとは言え、別段面白くはありませんでした。

 記事のアップが遅くなりました。書いたのに上げるのを忘れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレッドミルの傾斜のこと

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京。ほぼ一日曇り空でしたが、確か今日は仲秋の名月にあたっていた筈。この曇り空では無理か、と思っていたのですが、幸いなことに夕方から雲が切れ始めて、十五夜の美しいお月様を見ることができました。

 さて、カミさんは朝から料理教室へと出かけたため、トイレ掃除などを片づけて、昼前にスポーツクラブへと出撃。
 昼食は「大盛り(蕎麦)」で簡単に済ませてしまい、今日は久しぶりにジム。だいぶさぼっていたため、身体にはキツいのではないかと危惧されましたが、果たしてどうか。
 まあ何とかいつもの機械を動かしたり、腹筋台で腹筋運動をやって、恒例のトレッドミルを始める。
 そのトレッドミルなんですが、2ヵ月位前にスポーツクラブの休憩室で読んだ「ターザン」という雑誌に、気になる記事があった。
 確か、トレッドミルのベルトの部分に傾斜を付けて走るのは、トレーニング方法としてNGであると。
 それまでは小生は概ねいつも3%の負荷をかけて走っていたのです。

 なんでも、トレイルランの著名な選手は、トレッドミルに10%もの傾斜を付けて走るらしい。

 まあしかし、そういった方のケースは特殊なんでしょうね。

 上記の記事を読んでからは、傾斜をつけるのに手加減するようになってしまいました。今日も前半30分は2%で、後半1.5%、1%と傾斜を緩くしていってしまいました。
 ただ、傾斜を緩くすると、「ベルトに走らされている」感じが強くしてしまって、ちょっと前傾姿勢になってしまいます。傾斜がついている方が自分で走っている感じがします。あのトレッドミルのベルトというのは、設定した速度より強くベルトを蹴ってしまうと、速く回るということはあるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通過駅と思っていたが

 こんばんは、チェスです。

 昨日の東京は9月とは思えない寒い一日でした。今日はそれよりはもう少し気温が上がるのかと思っていましたが、一日曇りがちであまり気温は上がらなかった様に感じました。

 午後、カミさんが登録している人材派遣会社の「ファミリーサンクスディ」というイヴェントがあり、ちょっと覗いてみるかとカミさんと出てみましたが、思ったより手作り感とでもいうか、こじんまりとした小規模なイヴェントでした。

 で、実は小生の勤務している会社が保管していた、戦時中の海軍の色見本帳(正式名称はちょっと違います)が、国立科学博物館の「未来技術遺産」というものに登録されて、明日の日曜日まで展示されているというので、果たしてどんな感じで展示されているのだろうと見に行くことにしました。

 東京駅のプラットフォームに上がると、山手線の外回り電車が発車してしまう所。しかし並行して走っている京浜東北線快速電車が僅かに遅れて入線してきたので、「これに乗ればさっきの山手線の電車を追い抜いてくれる」と予言して、その快速電車に乗車。

 ああ、ところがですねえ。快速だから通過してくれると思った、神田駅、御徒町駅の両駅に停車していくではありませんか?
 結局、小生の大予言は脆くも外れて、大恥をかきました。

 一体、何時から京浜東北線の快速電車は神田と御徒町停車になったのだ、責任者出てこい。いや、御徒町については確か歳の暮れのアメ横需要期には停車していたとは思っていたけど、神田も御徒町も停車するようになったとはなあ。(後で調べたら、御徒町は土日休日のみの停車ということでございました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増長天

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、9月とは思えない寒く雨の一日でした。

 22日に帰宅した際、南の方に見えた何やら高い塔の白色フラッシュライト、あれはどうも全く一時的なものだったらしく、翌日の23日からはもう見えなくなってしまいました。18日~21日の間は東京にいませんでしたので、この白色のフラッシュライトが点滅していたかどうかは不明です。
 何かのイヴェントがあったのかもしれませんね。

 イヴェントと言えば、今回山形へ帰省した目的の一つは、お寺のお施餓鬼(お寺の表記では施食会となっていた)という行事に参加することでした。これは仏教の各宗派の中では真宗を除いてはみな行なわれている行事だそうで、無縁仏に食事を出して弔うことの様ですね。お寺では檀家を招いて精進料理を出すのが一般的だそうで、うちの菩提寺でもお赤飯とおかずの入ったお弁当が配られました。
 小生は前の日にお寺へ行ってお土産を渡したのですが、その際に、この行事用に臨時に設えられた棚を初めて見ました。
 飾り棚の四方には、東西南北の四方を守護する、所謂「四天王」の名前の書かれた細長い紙が下がっていたので、何気なく見ていたのですが、多聞天、廣目天、持国天と並んで、増長天というのが気になりました。

 たぶん仏教においては四天王の一ですから大きく成長した強い神様という様な位置づけなのでしょうが(小生のいい加減な解釈です)現在の「増長」という言葉の意味としては、どうもあんまり良い意味では使われてはいないのではないかと思います。「あいつは最近増長している」とか言いますと、これは思い上がっている、とかつけあがっている、という意味で言っていますよね。大きく成長したと言うなら「成長した」とか「大きくなった」というように、その様子を直接形容すると思う。
 そうなると、増長天というのはちょっと気の毒な気がいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 こんばんは、チェスです。

 連休明け、東京は西から進んできた前線による雨雲で昼過ぎからパラパラと雨が降り出し、夕方はもうすっかり雨模様でした。
 どうもこのまま週末は雨雲が主役のお天気になるらしい。まあ、連休はまずまずお天気に恵まれたと言って良いので、仕事が始まってからお天気が悪くなる方が良いと言えば良いですが。

 ところで、18日~22日の山形帰省では、出会った何人もの人から「嵐の仙台のライヴ」のことが話題に上がりました。
 ジャニーズのトップアイドルグループが、この連休中に同じ仙台という街で4日間もライヴを敢行したというのが前代未聞だったということでしょうね。

 いくら5連休という条件だったにせよ、仙台は東北一の大都市です。普通であれば、宿泊施設が全て埋まってしまうなどということはまず有り得ず、観光地、リゾートホテルの予約が取れなかった人が止むを得ず仙台のビジネスホテルに宿泊するという感じでありましょう。
 ところが今回は、アイドルグループのライヴとしては動員力が桁違いの嵐が4日間も!同じ街で!と「!」ばかりになってしまう状況で、仙台のホテルが取れなかった人は、お隣の山形に目をつけて、山形のホテルがどんどん埋まっていったのだそうです。
 仙台と山形はJR仙山線ですと時間がかかりますが、山形自動車道を経由する高速バスであれば所要時間は40分ほどですから、これは意外に近い。後は南の福島という手もあったでしょう。こちらは新幹線が使えるから時間距離は短い。
 それにしても、嵐のライヴ4日間の効果は凄かったのですね。彼らより先輩のTOKIOやSMAPであったら果たしてどうか。(TOKIOやSMAPにはメンバーに既婚者がいるという違いはあれど)。知名度・人気という点においてジャニーズの数あるアイドルグループの頂点にいるのが嵐というのが現状なのですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の命日

 こんばんは、チェスです。

 9月23日、秋分の日ですが、「秋のお彼岸」などとも言いますよね。彼岸の中日ということです。
 この日は小生の父の命日でありまして、元々実家では墓参りは春秋のお彼岸の前後くらいに行っていましたから、秋のお彼岸が命日というのは誠に都合がよろしい。命日を忘れませんし、その日にお墓参りをしますからね。

 ということで、小生の実家のお墓のある杉並区の高円寺のお寺に、母親、弟と現地集合。

 お墓用の花はこちらで買っていったのですが、弟のクルマの方が先に着いてしまい、もう墓に線香を供えてしまったとか。
 で、改めてお墓へ行って、お花を供えて、手を合わせて今年の墓参りは無事に終了。

 東京は、穏やかで良いお彼岸の中日でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あのやけに明るいフラッシュライトは?

 こんばんは、チェスです。

 18日~22日まで4泊5日という結構長丁場の山形帰省から戻ってまいりました。

 19日の土曜日にはウチの菩提寺でお施食会(お施餓鬼とも言う)があり、住職の親戚筋であるため、駐車場整理係などでお手伝いをしました。
 翌20日~21日は義母を連れて赤湯温泉に一泊し、温泉を堪能いたしました。

 本日帰宅しますと、南の方に、見慣れない、やけに明るいフラッシュライトが点滅しています。よく清掃工場の高い煙突なんかには航空機への衝突防止灯がついていますが、あの類なのか。それにしても、付近の赤い衝突防止灯と比較しても、どうにも明るい白色点滅なので、一体あれは何?という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形におります

山形におります
こんばんは、チェスです。

本日より山形へ帰省中でございます。

今日の駅弁は深川めしを裏切って、季節限定の栗おこわ弁当でした。やはり深川めしの方が良かったと若干後悔しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デモと投票率

 こんばんは、チェスです。

 朝から雨模様の東京でした。ほぼ終日降り続き、気温も低かった。20℃をちょっと上回った程度じゃないのかな。
 それにしても、連日報道されている国会議事堂周辺のデモンストレーション。勿論政府与党がこの国会で成立を期している安保関連2法への反対を訴えているわけですが、我が国は間接的な議会民主制を採っている以上、立法権は国会にしかないわけで、その国会を構成しているのは言うまでもありませんが両院の国会議員です。そうすると、この雨にも負けずに国会議事堂周辺でデモンストレーションをかけているというのはまるっきりの無意味か?というと、まあそうでもなくて、上記の法律の成立に反対している野党への応援というか、「反対している国民はこんだけいるんだから、野党は頑張れよ~」というあたりの意味になるでしょう。

 とは言っても、この法案は衆議院では既に賛成多数で通っている。参議院でも、本会議の手前の特別委員会の所でもめているけれども、採決ともなれば参議院でも過半数を持っている与党が賛成多数ということで可決成立することは間違いない。そうすると、野党がとることができる戦術は問責決議なんだかんだと動議を乱発して時間を稼ぎ、「時間切れ」で法案を本会議で採決させないという他はない。まあ、いずれにしても時間の問題でこの法案は可決成立するしかありません。

 小生自身は、現在の国際情勢から考えても、集団的自衛権の行使を可能とするというのは妥当な方向だと思います。がしかし、そのやり方としては憲法の改正からとりかかるべきであって、現在のやり方は相当に「焦っている」と見られても仕方無いと思います。

 そして、我が国の国政選挙、地方議会の選挙など、我々の意思を議会に持っていってもらう代表者を選ぶ選挙の投票率というのは、このブログで選挙がある度にいちいち書いてきましたが、本当に低い。有権者の半分ちょっとくらいしか、選挙権を行使していないのです。
 繰り返しになりますが、国の法律を作る立法権を持っているのは、国会だけなのです。なのであれば、国会議員選挙にはきちんと投票してこそ、有権者の意思の表明になるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗚呼寝台特急

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、火曜日はまあ何とか好天と言って良いお天気であった東京ですが、本日水曜日は秋雨前線による雲が西から伸びてきて、夜は雨が降り出すという状況。それに加えてマリアナ諸島のあたりで発生した熱帯低気圧が発達して台風20号になったという。
 9月の段階で、既にして20号というのはかなり台風発生は早いペースなんだそうで、今年は台風の当たり年といえるのかも。
 今週末から山形帰省を予定していますので、この台風20号の進路予報は非常に気懸かりです。

 話変わって。

 小生高校生の頃、クラブ活動で一緒であったサオトメという男(彼には結婚式にも来てもらった)は結構鉄の成分が入っていて、どういった経緯でそうなったかは忘れましたが、東京駅を夜発車する「ブルートレイン」を撮影するというのに一度付き合った記憶があります。当時は未だたくさんのブルートレインが走っていて、「さくら」「はやぶさ」「あさかぜ」「瀬戸」などの電気機関車についていたヘッドマークや、最後尾客車に灯るテールマークを撮影するのをついて歩いて見物していました。彼によれば「この後『銀河』が出るのだが」と言っていましたが、そこまでは付き合いきれない、と帰宅したように思います。(銀河の発車は確か遅かった)
 ところが、それらの東京と九州方面を結ぶブルートレインは続々と廃止されていってしまった。
 しかし、東京-札幌の「北斗星」「カシオペア」は健在であって、当分は大丈夫だろうと高を括っていた。が、それらもついに廃止の憂き目を見た。

 この歳になってもなお、小生は実は夜行寝台特急というものに乗車したことが無いのです。

 深夜も走り続ける夜行寝台特急。窓からは寝静まった町や客の居ない駅を通り過ぎるばかり。
 いつしか九州や北海道への旅行手段は、空路が当然ということになってしまった。車内設備は古く、ボロくてもいいから、一晩中走り続ける寝台特急列車に一度乗ってみたかった。残念でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ところで国勢調査

 こんばんは、チェスです。

 今年は5年に1度の国勢調査の実施年なんですね。もう皆さんは回答を済ませましたか?
 日曜日のお昼頃、丁度うちのカミさんと出かけようとして集合住宅の1階に下りたところでした。国勢調査の調査員である女性が各部屋に調査票を配布しているところだったのですね。我々はまさに出かけて不在になるというところでしたので、調査票はポストに入れておいてもらったのですが、これは我々とコンタクトが取れて了承したからできたので、原則としては調査票は各世帯に対して手渡しするのだそうです。ポストに入れっぱなしにすると、調査票を抜き取られてしまうという虞れがあり、そうするとインターネットへアクセスするためのIDやパスワードが渡ってしまいますからね。

 5年前も既に十分インターネットは普及していたとは思いますが、ひょっとするとPCでのインターネット利用ということよりも、携帯電話からスマホへの移行が進んで、スマホでネット利用する人が多くなったという判断で、今回初めて国勢調査にネット回答が導入されたということかもしれない。

 で、まあ折角ネット回答が導入されたのだから、と我が世帯はネットで回答しました。
 回答時間は10分程度とか、操作ガイドに書かれていた様に思いますが、実際にはもっと早く終わってしまったと思います。紙のマークシートをマークしているよりは選択肢をクリックするほうが、そりゃ早いですよね。
 この結果、我が国がどの位少子高齢化が進んでいるのかが明らかになるでしょうね。少子高齢化対策は待った無しで取り組まないといけないと思いますが、有効な対策をどんどん打ってもらいたい。さもないと我が国は、特に地方は滅亡してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿蘇山中岳噴火

 こんばんは、チェスです。

 先週末には北関東~東北に豪雨水害があり、土曜日の朝には東京で地震があり、未だ何かあるかいなと思っていたら熊本県の阿蘇山中岳が噴火したというニュースが昼のニュースで流れてきました。このニュースでは気象庁が阿蘇山中岳の噴火警戒レベルを引き上げたと伝えていました。

 熊本は昨年の夏に1泊2日というちょっと慌しい旅行でしたが、カミさんと行ってきましたが、本当に雄大な自然である阿蘇の大カルデラは、熊本県の観光の目玉というべき存在ですから、中岳への入山規制がかかってしまうという事態は観光業の立場からは大打撃になってしまいますね。
 勿論、気象庁が警戒レベルを引き上げるのは人命安全第一のためなのですから止むを得ませんが、今週末から秋の大型連休に入りますから、九州熊本旅行を計画している人は多い筈ですから、噴火したタイミングは非常に悪い。

 しかし、今日の噴火でも中岳の第1火口周辺に居たという人は速やかに下山・避難して、特に負傷者が出たということにはなっていない様ですから、規制を守って中岳周辺に近づかなければ危険は無いものと思います。阿蘇山と一口に言っても、カルデラは非常に広大で、噴火による影響をあまり受けない地域の方が広いものと思います。阿蘇観光は予定を変更せざるをえないでしょうが、中岳火口を外しても、ほかに見所はたくさんございますから、熊本旅行を予定しておられたら、中止にしてしまわないで安全な地域の観光を楽しまれてはどうでしょう。
 勿論、気象庁の情報は漏れなく入手して警戒レベルがどうなっているかを把握しておくことは必要で、行き先の決定については自己責任でお願いしますけれども、旅行自体を中止してしまうのは惜しいと思いますのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代々木VILLAGE by kurkku

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京は、どんより曇り空で何ともすっきりしない一日でした。雨が降るかもとの予報がありましたが、日中はどうやら雨は落ちてきませんでした。

 ところで、数年前でしたか、老舗で大手の予備校「代々木ゼミナール」が抱えている多くの校舎を売却してしまう、という結構衝撃的な発表があり、実際に多くの校舎が無くなったわけなんですが、そのうちの一つ、もろにお膝元ということになりますが、代々木の校舎の一つが無くなったその跡地に「代々木VILLAGE by kurkku」という施設ができたのですね。

 で、ウチのカミさんが一度行ってみたい、と言っていたので、では、と出かけた次第。

 代々木駅の西口改札を出て、スクランブル交差点を横断すると、もうすぐにこの施設の入り口です。不動産屋ならば「代々木駅から歩いて1分」と書くであろう殆ど駅前と言って良い立地です。

 どんな施設かと言うと、カフェやパン屋さんなどのお店が入っているコンテナゾーンと、その奥のミュージックバーや貸しホールなどのスペース。今日は結婚式が行われていました。

 全体としては色々の草木を配置していて、植物園というコンセプトなのでしょうか。

 カフェでランチを食べて、パン屋でいくつかパンを買って帰ったのですが、印象としては「意外に敷地が狭くて小さい」という感じでした。もっと広くて大きな施設を勝手に思い描いていたのですが、何と言いますかこじんまりとしています。
 近所の人がぶらりと遊びに行くには良いですが、わざわざ電車に乗ってまで訪れることもないかな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首都圏直下型?

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京。小生はお休みでございますから、惰眠を貪っておりましたところ、グラリときて起こされました。
 カミさんの方が反応が早く、起きてリビングルームに行くと早速テレビを点けて情報を仕入れておりました。
 何でも東京の多摩の方では震度5弱を観測したとか言っています。

 震源地が近かったためか、縦揺れの後に来る横揺れ、というスタイルは無かった様に思います。

 この程度であればまあ大したことは無くて幸いでしたが、今後起こりうる首都圏直下型地震というのは、たぶん今朝来たような奴のもっと規模の大きな地震なのでしょうね。

 今日は入会している句会の本部句会という主宰がおいでになる句会でした。小生の句は、2つの句に1点つづ採って下さった方がいて、まずまずでしたが、小生自身がヘマをやってしまって、関係者の方々にご迷惑をおかけしました。「点盛り」と言って、小生が清記した俳句が被講者によって読み上げられると、作者が名乗りを上げるので、その点をつけて作者名を書くのですが、うっかりぼんやりしていて、名乗られた作者の名前を書き損じてしまいました。作者にも選者にも大変申し訳ないことをしました。

 ところで、台風18号の後の線状の豪雨、茨城県と栃木県にかなりの被害を出した後、東北地方の太平洋側にも相当の雨を降らせた様です。

 全く、自然災害に備えなくてはいけないのは正に今なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職務発明

 こんばんは、チェスです。

 小生は、勤務先の会社では特許などの知的財産の管理を主要な職務としています。
 知的財産制度を所管しているのは、皆さんご存じの特許庁(経済産業省の外局)です。で、このお役所は誠にお仕事熱心とでも言いますか、毎年の様に法律を改正してきます。法律が変わるということは、つまり知的財産権制度が変更となる訳ですので、制度の変更をフォローすることは小生の職務にとっては不可欠です。

 本日も、発明協会が主催し、特許庁の人が講師を務める法改正の説明会がございましたので、参加聴講してきました。

 今年の法改正の一番の目玉は、これは何と言っても「職務発明」の取り扱いの変更でしょうか。
 企業の中で、「お仕事」の一部として行った発明については、これは職務発明と呼ばれます。一般に、特許を受ける権利というものは、発明者に帰属するものなのですが、職務発明の場合には発明者と、その発明者が所属している使用者(つまり会社のことです)という関係が発生する。
 確かに特許を受ける権利は発明者にあるのは原則ですが、職務発明である場合には使用者がその特許を受ける権利を継承することができます。その代わりに使用者は発明者へ適正な対価を支払わなくてはなりません。

 この適正な対価を巡って、過去訴訟騒ぎになったことがしばしばあり、そうなると会社としては特許を受ける権利というものを原則発明者から原則会社側にして欲しい、という制度改正を求めていたのですね。その方が安心して自らの従業員に発明をしてもらうことができると。で、今回の改正でこれが実現し、職務発明規程をきちんと改正整備すれば、職務発明における特許を受ける権利は、原則会社側ということができるようになった。

 ところで、今回の説明会の会場は港区のメルパルクホールであったので、都営地下鉄三田線の芝公園で下車したのですが、下車したところに「芝アクアフィールド」というスポーツ施設がありました。これが何と、屋外の長水路プールなんですね。本日こそ昼間は少し暑くなりましたが、この所すっかり涼しくなってきたので、屋外プールが営業していたなんて意外でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨でしたね

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事で「台風が日本海へと抜けてしまったのに、どうして未だ雨が」なんていうことを暢気に書いていましたが、昨日の午後の雨なんていうのはまだまだ前触れで、今日になっても豪雨は続き、北関東、栃木県は大変な豪雨被害が出た模様です。
 台風の直接的な雨雲ではなくて、これだけの雨を降らせるというのは異例な気象条件なんでしょうね。

 河川の氾濫で、栃木県内ではあちこちでクルマが水没、あるいは半没してしまっている写真がネットに出回っているようです。今回の豪雨被害による経済的な損失は大変なものになりそうです。

 東京でも、かなり雨は降ったと思いますが、驚いてしまうのは未だに傘さして自転車に乗っている人が結構いる。
 確か、傘差し自転車運転は、道交法違反ということになったのではなかったでしたっけ?あれでもって歩道を疾走してくるのですから、ホントに歩行者には危険ですよ。片手運転で安定さを欠いている上に、傘の分だけ幅を取って走ってくるのですからね。
 勿論、広報、啓発活動というものも大切だとは思いますけれど、例えば駅前の歩行者の多い歩道といった場所では、取締りに近い形で注意をしていくという活動を、警察には強く求めたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まことによく降る

 こんばんは、チェスです。

 本州に奇襲をかけてきた台風18号は、今日朝に上陸したと思ったら、午後には福井と石川の県境あたりを北上していて、夕方にはもう日本海へと抜けていきました。
 この台風の動きなら、昼過ぎにはお天気は回復するのではないの?と思って、午後約束していた外出先の予定はそのままにして2時半頃に会社を出て虎ノ門方面へ外出しましたら、まあ凄い雨。

 どうもこいつは台風本体の雲ではなくて、別の雨雲ですよね。

 それにしても、8月の後半から9月にかけて、本当に雨がよく降る。いい加減にしてくれないと、身体にカビが生えてきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人身事故が一日2件 千代田線

 こんばんは、チェスです。

 どうも、注意が甘かったと思われる突然に発生したかのような台風18号が、勢力を強めつつ北上して、明日には本州のどこかに上陸するのが避けられないという予報になりました。

 さて、小生は毎朝7時30分になりましたら家を出て、39分~40分頃に綾瀬駅のプラットフォームに上がり、45分綾瀬駅始発の電車に乗って通勤しているのですが、今朝は綾瀬駅に近づいていくと、こいつがどうも不穏な雰囲気である。人の流れが明らかにおかしくて、駅から外に出てくる人が多く、改札前に人だかりがしている。更に救急車、消防車が何台も止まっている。

 騒がしい中を駅のアナウンスを何とか聞き取ると、綾瀬駅で人身事故が発生したと、今起きたばかりなので、電車は運転を中止しており、再開は何時になるか判らないと。
 こいつは参った。とりあえず小生の後に駅に来るはずのうちのカミさんに情報として電話して伝え、さて小生自身はどうするか。

 振替輸送という方法を取ろうにも、綾瀬駅は他の路線が無い。千代田線の代々木上原方面も、常磐線各駅停車も止まっているから、電車はどうしようも無い。となると、バスかタクシーだけど、タクシーはどうやら全て出払っている模様。
 まあ、それならいつぞや使った、バスを2本乗り継いでいく手を使うか、と思って、足立区のコミュニティーバス「はるかぜ」の停留所へ行きましたが、これが長い行列。やっと来たバスは小型で、その長い行列は全部乗り切れず、1台待つ。やっと来た次のバスになんとか乗り込み、足立区役所へ。ここで都営バスの王子駅前行きに乗り、会社に着いたのは始業時間を30分過ぎていました。

 今日は千代田線は根津駅でも人身事故があったらしい。一日に2回も人身事故があるなんて、祟られているんじゃないんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開催権は返上したら?

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の夜の東京はかなりの雨が降りました。何でも千葉の方では週明けの月曜日の東京は、予報では朝降っていた雨は止んで、曇りということだったですが、意外に雨は止まず、昼頃も小雨が降り続いておりました。

 毎日の様にニュースになってしまう、東京オリンピック関係の諸問題。ケチの付き始めは新国立競技場でしたが、華々しくお披露目したエンブレムは使用を中止に追い込まれ、新聞を読んでいますと他にも色々と大問題があるようですよ。

 猪瀬前知事や安倍首相が東京へオリンピックを招致した時には、「東京では、コンパクトで低コストな開催ができますよ」とアピールしていたのではなかったの?それがもう低コストなんていうのはどこかへ吹っ飛んでしまって、カネのかかる話ばかり。
 しかも、作った施設が後々有効に使われるのなら良いが、それも極めて怪しい。

 東京都は、今ある施設を極力改修するという方向で、施設の新たな整備は最小限に止めるべきです。
 莫大なカネがかかるなら、「残念ですが、東京都民、日本国民のコンセンサスが得られませんでした。オリンピックの開催権は返上いたしますので、他の国で開催して下さい」と返上してしまったらどうですか。

 こうも色々ケチがついては、日本にはオリンピックを立派に開催する資格なんぞは無し、と世界から見られていると思いますよ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アクアミット

 こんばんは、チェスです。

 昨日ははっきりしないながらも、なんとか一日雨は落ちてこなかった東京でしたが、日曜日はそういう訳にもいかず、午後からポツポツと雨が落ちてきて、4時過ぎには本降りに近い雨になりました。

 昼食を食べた後、カミさんにプレゼントした新しい水着の試運転ということで、スポーツクラブのプールへ。

 ひとしきり泳いだ後、プールのレッスンコースを使った「アクアミット」というトレーニングのレッスンに2人で参加してみることにしました。
 アクアミットというのは、水の中でつかう手袋状のもので、指と指の間に水かきの如きものがついています。まあ、水中抵抗を増やして腕のトレーニングに役立てるものでしょう。

 このテのレッスンに参加するのは随分久しぶりだったので、「初めてこのレッスンに参加される方?」と訊かれた時は、高々と手を上げておきました。かなり前に参加したことはあったかも知れませんが、何時だったかも忘れた位ですから、初めてと変りありません。

 まあ色々とトレーニングがあり、45分間のレッスンが終わりますと、腕が結構痛くなりました。真面目に取り組むときついトレーニングになっているのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゃぶしゃぶ食べ放題

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、天気予報ではお出掛け日和になるとか言われていましたが、存外雲が多く、それほどの好天とは思えませんでした。
 午後は、ちょっと観てみたい映画をブルーレイディスクで借りてきて鑑賞いたしました。2013年の「LIFE!」という映画で、ベン・スティラーの主演・監督作品なんですが、派手な所はあまり無い、しみじみ良い映画、という印象でございました。

 夜は、弟の誕生日を祝っての夕食会。例年だとちょっと良いレストランを予約しての食事となりますが、今年はどうも弟の方から希望が出ていて、和食系のファミレスでやっている「しゃぶしゃぶ食べ放題」が良い、というので、そこへ行きました。

 実は小生は、お肉を食べないという困った人間なのですが、このファミレスの食べ放題は、500円をプラスするとしゃぶしゃぶ肉以外の様々な一品料理も食べ放題となるので、まあ「食べる物が無い」という困った事態にはなりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無くなる影響

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は何とも目まぐるしいお天気の一日でした。午前中は曇り空。お昼頃はその雲が取れてきたかな、と思ったのもつかの間、午後2時半~3時頃には何やら雷が鳴り始めたかと思うと、ざあっと雨が降り始め、しかしその雨は直に上がって、みるみる青空が広がってきました。夕方には蒸し暑い感じが戻りました。

 ところで、綾瀬駅の東改札前に聳えている2棟のビル、アヤセエトセトラビルとサンポップビルですが、両方とも中に入っているテナントが次々に撤収して無くなっています。エトセトラビルの方はマリアージュとかいう結婚式場がメインで、ここが早々に無くなったため、他に入っていたテナントも今年6月には全て無くなり、現在はビル1階に建設現場にあるような仮囲いが設置されました。こいつは近々ビルの取り壊し作業が始まるのではと思われます。
 一方、サンポップの方は、1階にマクドナルドが、2階に紳士服のサカゼンが、それぞれ未だ営業中で、しかしその他のテナントは撤収してしまいました。この2店が未だ営業しているのは、まあおそらくは賃貸借契約が残っているとかの理由でしょうから、無くなるのは時間の問題だろうとは思います。紳士服のサカゼンが無くなったとしても、別段綾瀬の住人にはそれほど影響は無いでしょうが、駅前一等地のマックが無くなると、こいつはちょっと影響は大きいかもしれない。ほかにファーストフードチェーンがあるのか、というと、ケンタッキーフライドチキンが改札前のモール内にある他は、ラーメン屋、吉野家、餃子の王将、コーヒーのドトールやヴェローチェ、パンのヴィドフランス、といった顔ぶれであり、直接ライヴァルとなるようなのは・・まあイトーヨーカドーの中にサブウェイがあるか・・こうして考えてみると、影響は大きいかも、と書きましたが、案外影響は無いかもしれない。マックは24時間営業のお店なんですが、それが無くなるからと言って困る人は少ないでしょうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にんじんリンゴジュース

 こんばんは、チェスです。

 昨日午後は久しぶりに青空が見えた東京でしたが、あの好天は僅かに半日。今朝はもう早速にどんよりと曇り空で、天気予報では東京を含む関東地方は早ければ午後、遅くも夕方には雨が降り出すと。概ねその通りになりました。
 ところで、小生の住んでいる集合住宅はお隣と2世帯しかないのですが、ふと気がつくとそのお隣のドアには一時管理用の数字合わせ式鍵がかかっておりました。ということは、何時の間にやらお引越ししていったという事なんですね。

 さて、我が家の朝食は基本的にはパンのトーストとコーヒーに卵料理(目玉焼きかスクランブルエッグ)で、これ以外にシリアルというんでしたっけ?コーンフレークにドライフルーツが混ざっているようなのに牛乳をかけて食べる日が週に1回位。そしてやはり週に1回位で「にんじんリンゴジュース」の日があります。ジュースとは言いつつ、スプーンですくって食べる感じです。
 にんじんとリンゴを小さく切って、少しの蜂蜜と水を入れてジューサーでガーッと回すのですが、リンゴはともかくにんじんは堅いですから、時々にんじんの塊が残っていたりする。今朝もそうでした。カミさんに訊くと、どうもジューサーが途中で空回りになってしまって、混ざってくれないのだとか。
 だいぶ使い込んできたジューサーですから、そろそろモーターの力が弱くなってしまったのかもしれません。

 ゴミの出る洗濯機を買い換えたら、とかジューサーが・・とか、どうも色々物入りな話ばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまらぬ迷信

 こんばんは、チェスです。

 今朝は未だ雨が降っていたのですが、午前中にはどうやら上がり、午後は久しぶりに青空とお日様を見ることができた東京でした。

 地球周回軌道上の国際宇宙ステーションには日本人宇宙飛行士が長期滞在しているという、今やそういう世の中であるのにもかかわらず、この日本にはまだまだつまらぬ迷信が蔓延っています。
 一端を申し上げますと、小生が会社で使っているダイアリーという手帳の大判の様なもの、なかなか重宝なので同じ種類を毎年使っているのですが、このダイアリーの各月のカレンダーのページは、日にち、曜日の隣に「六輝」という欄がある。あまり聞いたことが無い言葉だと思いますが、辞書を引くと「六曜」のことだと出ています。仏滅だとか、大安、友引、というアレです。

 何故だかは良くわかりませんが、こいつが世の中には未だに蔓延っている。だからこうしたビジネスダイアリーにも載っているのでしょう。
 しかし、結婚式は大安でないと、とか、葬式は友引にはできない、とか、いつもはそんなことは全く意も介さない人が突然に大安だの友引だのを持ち出してくるというのは、どうしたことなんでしょう。
 こんなのは全くの迷信だから、いっそビジネスダイアリーからも削除してはどうか、と思いますけどね。

 あと、これを持ち出すと必ずと言って良いほど目を吊り上げて反論する人が出てくるから、面と向かっての話題にはしにくいけど、「あなたの血液型は何?」と訊いてくる人。それがどうした?と思うけど、人間の性格診断を血液型でやってしまおうという、その乱暴さ。血液型性格診断なんていうのもくだらない迷信に過ぎないと思うけれども、これを宗教の如く堅く信じている人には何を言っても仕方ないと思うので、そういう人を相手にしてしまった時にはマトモには応対せず、ハイハイと受け流してしまうことにしています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2020東京五輪のエンブレム

 こんばんは、チェスです。

 本日より9月。例年ではまだまだ夏の続きという様な陽気が続いていることが多いと思いますが、今年はどうもはっきりすっきりしないお天気が続いている東京で、今日も朝は雨がぱらついておりました。それでも夕方頃は雲が切れて、久しぶりにお日様を拝みました。

 さて、色々とケチがついている2020東京五輪のエンブレムの問題。とうとう今日、東京五輪を開催する組織委員会が「エンブレムの使用を中止する」という発表をしたむね、報道されました。

 一旦、大々的に発表したエンブレムが、後になって使用中止に追い込まれたというのは、どうにもこうにも誠に無様。
 白紙撤回になってしまった新国立競技場も、情けない話ではありましたが、こちらもまた、何ともはや・・という話です。

 使用を中止して、新しいエンブレムを作り直すことになるのかな。

 こうも色々とケチがついては、「東京オリンピックなんぞ、止めちまえ」という声も出てきてしまうやも知れませんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »